2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

2017年8月11日 (金)

朝の散歩ツーリング 2017/8/6(日)

毎日暑い日が続きます。

先週の日曜日に休みが取れたので、朝の散歩ツーリングに出かけました。

この時期は昼間の暑さが堪えるので、朝から走って午前中に帰ってくるようにしています。

コースは、家(大阪)から奈良県の柳生を経由、R369を南下して針テラスへ。

帰りは県道47号線を経由して、再びR369から帰宅です。

帰ってきたのは10時頃。この時間でも大阪は30℃を越えてたでしょう。かなり汗をかきました。

しばらくはこういう朝の散歩ツーリングになりそうです。

Dcf00197
県道47号線からの眺め。青空がいいですね。

走行距離:117.9km
燃費:20.47km/L

2017年7月 6日 (木)

あらぎ島と生石高原

九州で大雨を降らせた梅雨前線による大雨で、被害に遭われた方の心中お察しいたします。
一刻も早く被害から復旧されることを祈っております。

その雨も近畿地方は通り過ぎ、今日は午前中は曇りで、午後から少し晴れました。

ということで、今日は涼しいところへ向かおうと思い、ツーリングまっぷるを眺めていると、
「生石高原」が目に止まりました。
ススキが綺麗だと聞いたことはありましたが、行ったことがありません。
ススキの季節ではありませんが、どんなところなのか興味があるので行ってみました。

コースは大阪からR170を南下して、R371で橋本へ。
橋本からはR370で高野山方面へ向かい、途中で高野山へは行かず、そのままR370を西進します。

途中、県道115で南下して、R480へ。
その後、R480沿いの「あらぎ島」を見学。

Dscf7797
田植えが終わって、一面みどりです。



Dscf7800
平日なので、静かで誰も来ませんでした。
地元の方のクルマが通るぐらいでした。

この後、生石高原を目指すのですが、ツーリングまっぷるを見ると、県道180で行くのが良さそうです。
地図ではこの県道180には黄色で着色されています。主要な県道なのでしょう。
・・・と思って上って行くと・・・なんのなんの。
立派な険道です。
落ち葉はあるわ、一部苔が生えてるわ、枝葉落ちてるわ、泥も浮いてるわ。
そんな区間がところどころ。
道幅はクルマ一台がやっと通れるぐらいの森の中の薄暗い道の区間があるかと思えば、整備されて片側一車線のきれいなアスファルトになったりの繰り返しです。
地図で黄色で着色されているのが不思議なぐらいです。
生石高原って有名ですが、みんなこの道を通って行くの?まさか。
ですよねぇ。

しっかり違う道がありました。
ツーリングまっぷるには着色も、県道番号も振ってありませんでしたが、バスでも通れるような道が他にありました。
参った。



Dscf7801
しかし、険道180号の途中に、棚田が見れるところがありました。
「沼の棚田」という説明の看板が立ってました。
険道を走らなければ、この棚田には出会えませんでしたね。



Dscf7802
生石高原に到着。
駐車場もがらんとしています。



Dscf7803




Dscf7807
夏はこのように緑ですが、秋になるとススキが一面びっしりと見えるのでしょう。
秋にもう一度来たいです。


Dscf7811



Dscf7814
なかなか気持ちのいいところです。

駐車場で地元のライダーさんとしばし話してて、紹介されたので行ってみました。


Dscf7815
R480沿いにある「蔵王橋」
人だけが通れる橋ですが、向こう岸には何も無さそうです。
何のための橋なのか・・・


Dscf7817



Dscf7818


その後、もう少し下流の二川ダムに寄ってから帰ってきました。
Dscf7819

そろそろ梅雨も明けるでしょうが、空気がジメジメしてて気温も上昇して、
バイクで走るのもつらい季節になってきました。
早朝の涼しい時間帯に走るなどの工夫が必要になってきます。

走行距離:309.9km
燃費:20.70km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1  XF23mmF1.4R

2017年6月29日 (木)

ハンドル交換(CB1100)

またまたハンドルを交換しました。

新車から納車の際に、タイプ2の低めのハンドルを装着してもらって、若干の前傾姿勢で乗ってたのですが、その後、もっとリラックスして乗りたいと思って、ノーマルのタイプ1用のハンドルに付け替えて、今日に繋がります。

このノーマルのハンドルは、上体が立っていて、リラックスして乗れるので満足して乗ってました。

2017年モデルで、CB1100にRSが導入され、低いハンドルで前傾姿勢になり、一度試乗した際に、「これぐらいの前傾姿勢だと何の問題もないな」と感じ、それからというものはハンドルをタイプ2に戻そうか、このままノーマルで乗っていようか、ずっと迷ってました。

今日の段階でも迷ってたのですが、思い切って付け替えることにしました。

Dsc_4655
付け替えたタイプ2用の低めのハンドルバーです。
写真を見ただけではわからないですよね。


Dsc_41351
これがノーマルのタイプ1用ハンドルです。
なかなかわかりにくいですね。
高さが約2センチこちらの方が高いです。



Dsc_4656
こんな感じです。
やっぱり低いのかどうなのかなんて、写真からではわかりませんね。

交換してから30km程走ってきました。
若干の前傾姿勢になりますが、そのおかげかバイクを積極的に動かすのに適しています。
強いて言えば、車線変更の時でもキビキビと動けるし、コーナーを曲がる時でも進入がクイックに思った通りに曲がれる気がします。
「気がします」という程度で、大きく変わるものではありません。
ただ、ノーマルの直立した姿勢で乗ってると、スポーティに走ろうという気持ちを去勢されてしまっていた気がします。
そのせいもあってか、山道のコーナーをハイスピードで進入するような時に、若干の怖さを感じていたと思います。
怖さを感じた方が慎重になって、結果的にはその方がいいのかもしれませんが・・・

このタイプ2のハンドルでしばらく乗ってみたいと思います。

«紀伊半島ツーリング