2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

CB1100 純正キャリア購入・取り付け

Dsc_1372

Dsc_1377

荷物が届きました。

HONDA GENUINE Parts  Made in Japan

Dsc_1374

純正キャリアです。

Dsc_1375_2

前側のボルトはすんなり嵌りましたが、後ろ側がなかなか入りません。

穴が合わない原因は、ウィンカーから出ているコードの蓋のような板を共締めするのですが、それが微妙にずれててボルトが入りません。

がんばってみましたが、作業開始から40分経ったところで断念、その板を共締めすることは諦めました。

諦めたら簡単にボルトが通りました。

Dsc_1376_2 

シートを取り付けて完成!!!

作業自体は簡単です。

最初にCBを買って、オプションとしてこのキャリアの写真を見たときに、「かっこ悪くなるからこんなのは付けないぞ」って思ってましたが、やっぱりあると便利ですよねぇ。不思議なもので、このキャリアがかっこ悪いとは思わなくなりました。

人間の感性というものは、変化するんですね。

ちなみにいろいろなメーカーがCB1100用のキャリアを出されていますが、純正が一番かっこ良く見えましたので、純正にしました。

Made in Japanですしね。日本製バンザイ!!!

2013年6月22日 (土)

比奈知ダム~御杖~針 散歩ツーリング

梅雨の長雨が過ぎて、ようやく今日は雨が降らないとのことなので、午前中だけぶらっと散歩ツーリングに行きました。

どこを走ろうかと考えた結果、バイクを買う前にクルマで走ったコースを辿って走ってみようと思って、比奈知ダム、御杖、針テラスを回るコースにしました。

朝7時過ぎに出発。奈良市内から県道80号線→国道369号線で針テラスで休憩です。

8時半ごろでしたが、バイクの数は少なめ。5~6台だけでした。土曜ですが、天気がイマイチだからかな?

小休止した後、名阪国道で伊賀上野まで走り、国道368で右折。名張方面へ走ります。

名張も通過してそのまま走ると、以前来た事のある「比奈知ダム」です。

Dscf0504

Dscf0505

ダムの下側は公園になっています。静かでいい感じでした。

Dscf0506

今ちょうど蛍の季節ですね。夜に来たら蛍がいっぱい観れるでしょうね。

Dscf0507

ずっと空梅雨で、水不足が心配されましたが、先日の雨+台風の影響で3日間降り続いた雨のおかげでしょうか。水位は回復している模様です。

良かった。

Dscf0508

名張川では鮎つりをしてる釣り人がたくさん居ました。ちょうど今は旬の季節なんですね。

Dscf0509_3

Dscf0510_2

道の駅「御杖」で休憩。 地元の野菜が安いのでお土産に買ってしまいました。

最近ツーリングして立ち寄り先で安い地元の野菜を買うことが多くなりました。

このあと伊勢本街道(R369)を桜井方面に向かいます。この道はものすご~く走り易い道です。広くてカーブもなだらかです。 

帰りにもう一回針テラスに寄りました。

朝は5~6台でしたが、帰りは30台は居ましたね。11時半ごろでした。

朝走ってきた道をそのまま逆向きに走って帰宅です。13時ごろになりました。

走行距離:209.9Km

燃費:19.75Km/L

カメラ:FUJIFILM   X-Pro1

2013年6月14日 (金)

昔サイクリングしたコースを辿る(花背峠・大原)

約30年前の高校生の頃、サイクリングで京都北部の花背峠を走ったことがあり、そのコースの過酷さゆえに、今ではものすごく思い出深い峠となっています。

今、バイクに乗るようになって、もう一度30年ぶりに花背峠を走ってみようと思って、行ってきました。

朝5時30分に出発!

国道1号線で京都市内へ入ってから、国道162号線を走ります。

Dscf0479

高雄観光駐車場で休憩しました。まだ7時前。誰も居ません。静かでした。

Dscf0480

Dscf0481_2

R162を走っていると、北山杉が無数に生えていて、京都北部の山の独特の景色が見れます。写真を撮りたかったんですが、なかなか道路脇に止めて撮影する場所がなく、とりあえずこの場所で写真を撮ってみました。(イマイチですね)

Dscf0482

R162から見た北山杉です。

Dscf0483

Dscf0484

笠峠を越えると、京北町が眼下に見えます。

30年前に見た景色もこんな景色だったと思います。

R162の印象ですが、京都市内から山を登ってくる辺りの雰囲気は、昔からある国道の雰囲気で、昔と変わってませんでした。すごく趣のある道路です。

ある程度山奥に入ってくると、昔に比べてかなり道が整備されており、クネクネ曲がってた細い道をショートカットするかのように太い広い道路(バイパス)が出来ていて、スムーズに走れます。たぶん昔に比べて所要時間もかなり短縮されているでしょう。

しかし「道路の趣き」という意味では味がないですね。

Dscf0485

道の駅「ウッディ京北」でトイレ休憩。 朝早いのでまだ開店してません。

Dscf0486

R162からR477に右折してしばらく走ると、30年前に見た景色が。かすかに覚えています。

Dscf0487_2

R477です。昔はこんな広いまっすぐな道路ではありませんでした。もっと細くて、中央線すらない、そして村の中を縫うように通るような道路でした。 こういう広い道は走り易いですが、やっぱり昔ながらの道路の方が好きです。

Dscf0488

上の写真と同じところの写真です。 後ろの民家のところ辺りに旧道が通っています。

Dscf0489

花背峠への上り坂の途中で綺麗な川のせせらぎが見えました。

Dscf0492

花背峠に到着です。ここまでかなりの上り坂が続きました。16歳の私は真夏にこの上り坂を自転車で一生懸命に登ったんですね。感慨深かったです。ものすごく思い出に残っている峠です。

Dscf0493

Dscf0494

Dscf0495

Dscf0496

Dscf0497

花背峠から京都市内に向かう下り坂もまたかなりの急坂です。九十九折れとはこのことを言うんでしょうね。

Dscf0498

Dscf0499_2

R477からまっすぐ走ると府道になってそのまま鞍馬を通って京都市内に抜けますが、まっすぐではなく急な曲がり角の方(実はこっちにまだR477は続いている)に曲がりました。

この道、国道とは思えないようなものすごい急坂で、途中で怖くなって「Uターンして戻ろうか」って何度か思っちゃいました。

上の写真はほぼ登りきった場所で撮影しました。

Dscf0500

これでも国道です。誰も通りませんし、誰ともすれ違いませんでした。

Dscf0501

その後、R367を右折すると大原を通ります。 写真の場所は「里の駅、大原」です。写真の方向が大原三千院のあるところです。

三千院には今日は行きませんでした。

Dscf0503

大原の景色。

このあと、京都市内を縦断して、第二京阪道路の側道を通って帰宅しました。

帰ってきたら11時頃。5時間半のツーリングでした。

走行距離:158.1Km

燃費:20.8Km/L

カメラ:FUJIFILM  X-Pro1

2013年6月13日 (木)

柳生・針へドライブ

バイクに乗るようになって、クルマに乗る機会がかなり減ってしまいました。

1ヶ月ぶりぐらいにGOLFに乗りました。最近はいつもバイクで走るようになった柳生方面へ今日は久しぶりにクルマで行きました。

カメラは Nikon D700

レンズ Nikkor 28-300mmF3.5-5.6

Dsc_1354

大柳生で綺麗な景色を撮影です。

緑と空の青のコントラストが好きです。

Dsc_1355

Dsc_1356

Dsc_1357

田植えももう終わってますね。

Dsc_1359

Dsc_1360

少し移動して、いつもの私の大好きな地点で写真撮影。

Dsc_1361

Dsc_1362

Dsc_1363

Dsc_1365

Dsc_1366

ここも、以前にバイクで同じ場所で写真を撮りました。

Dsc_1368

我が愛車、GOLF GTI16Vです。新車で購入して20年目に突入しました。

このブログであまり登場していませんので、クルマの写真を載せてみました。

Dsc_1369

柳生から針に向かう途中で撮影しました。 青空に心が洗われます。

Dsc_1370

Dsc_1371

クルマはクーラーが効くので、運転中は汗とは無縁でした。 最近バイクに乗るようになって、クルマのこの快適さを実感しました。本日は外気温が30度を越えてたので、バイクだと汗でベタベタになってたでしょうね。

さすがの針テラスでも汗ばむ陽気でした。

針テラスからはR369と県道を通って奈良市内、奈良公園を通って大阪に帰ってきました。

やっぱりドライブやツーリングは「晴れ」がいいですね。

2013年6月10日 (月)

オイル交換のその後

先日、オイル交換をしてから走ってなかったので、本日夜勤明けでしたが、昼寝をしてから午後から少しだけ走ってきました。

まず、エンジンの回転の滑らかさや音が静かになったとかは・・・目に見えてありません。

確かに最初にエンジンを掛けたときは若干エンジン本体の音がマイルドになったような気はします。しかし「静かになったよ」って言えるほどではありません。

エンジンの回転の「味」についてですが、このエンジンはわざと鼓動という名の振動を作っているので、オイルを変えたからと言って回転が滑らかになった・・・とかはありません。

ただ「これはいいぞ!」と思ったのは、変速の手ごたえ・・・じゃなく足ごたえ。

新車の頃はシフトフィーリングを擬音語でいうと「カチャカチャ」

1000キロ点検の時に交換したWAKO'Sのオイルは「カチカチ」

今回のMobil-1を入れたら「スコスコ」という感じです。(あくまで主観です)

WAKO'Sのオイルは値段が高かったですが、シフトの感触で言うとミッションを守ってくれてる感触は希薄ですね。

今回入れ替えたオイルのほうがよっぽどミッションの金属の表面に油の膜を作って守ってくれてる感触があります。

あくまで私の主観で言ってますので、WAKO'Sファンの方には申し訳ありません。

今日はホント近所を50キロほど走っただけなので、今度休みの日にもう少し走ってみたいと思います。

Dscf0298 

2013年6月 8日 (土)

CB1100 オイル交換

CB1100の走行距離も3600キロになったので、2回目のオイル交換を実施しました。

前回は1000キロ点検の時でしたので、その時に入れたオイルは2600キロ使ったことになります。

1回目交換時にオイルにかなりの金属粉が混ざってたのを見て、2回目の交換も早めにするべきだと思ってました。

ただ、オイルの銘柄を何にするか迷いました。普通に考えてたのはHONDA純正のG3オイル。

私はオイルは100パーセント化学合成油に拘りたかったのでG3です。ただこのG3は10W-30。

これから暑い夏になりオイルの温度もかなり高温になるとのに30では少し不安を感じます。もちろんホンダはCB1100には10W-30が標準で使用できると保障してます。しかしもう少し熱に強いオイルを試してみたかったのです。

ただ・・・バイク用のオイルってどうしてこうも値段が高いのでしょうか。4輪車用のオイルは使えないのか?  で、調べました。

4輪車用のオイルでもモノを選べば使えそうです。

ダメと言われる理由の一つは、リンの含有量が少ないとバイクのミッションを守る力が弱まる。

もう一つは省燃費のためにモリブデン系の減摩剤が入っているものは、バイクの湿式クラッチを滑らせてしまうというもの。

昔のオイルはどちらもバイクに入れるには問題なかったのですが、リンは触媒を傷める可能性があるので近年どんどん削減され、 もう一つ燃費のために減摩剤としてモリブデンが近年添加されているものが増えて来ているそうです。GF-4やGF-5のオイルには入ってるみたいです。

つまり4輪車用のオイルが進化というか変化してきているのでバイクには不向きになって来ているというのがホントのところのようです。

で、簡単に見分けるにはバイク用と書いてあったり、MAやMBの表記のあるものだとまず大丈夫。

そしてもう一つは0W-30や0W-20などの粘度の低いオイル、ILSAC GF-4やGF-5の表記のあるものはモリブデン系の減摩剤が入っていたり、リンが削減されていたりするようです。

もちろん空冷のCB1100には粘度の低いオイルじゃなく少し固いオイルを入れたいと思いますので、思い切って今回は4輪車用のオイルを入れてみました。

Dsc_1338

オイルフィルターも交換します。 ホンダ純正。こういう部品は純正に拘ります。

Dsc_1351

Mobil-1です。我が家の4輪にはかなり前からMobil-1を入れており、このオイルには全幅の信頼をおいています。

ただ、2輪車用としてMobil-1は用意されていません。

大好きなMobil-1を使いたいので今回自己責任でこのオイルを入れました。

5W-40。 API規格:SNです。

抜いたオイルを見てみると、やはり予想通りに鉄粉が見えました。落ちてくるオイルは少し濁った様子が見え、抜いたオイルを揺らしてみるとものすごく細かいメタリック塗装が動いているかのような・・・模様で言うと「脳みそ」のような縞模様に見えます。

写真を撮ったのですが、イマイチしっかり撮れてなかったのでアップできませんでした。

Dsc_1350

オイルフィルターも交換しました。ものすごく簡単です。フィルターを外したところの写真を撮り忘れました。  この写真は「交換後」です。

Dsc_1352

あ、そうそう。

私のCBのリアサスペンションは納車の時からオーリンズを付けています。このサスペンションは全長の長さを調整できます。

プリロードは0Gから私が乗車(体重60キロ)1Gで、計測しますと25mm沈み込みますので適正かと思います。

ただ、少しリアの車高を下げてみようと思ったところ、プリロードは適正なのでいじらず、車高調整(全長調整)をしてみました。

ポン付けの時からアジャスターネジを4回転。約3mmさげてみました。足つきがどの程度かわるのか、操縦性はどのように変化するのか・・・またそれに気づけるのか。楽しみです。

このオーリンズのリアサスペンション。すご~~くいいです。CB1100のノーマルはリアサスの突き上げがけっこう大きいと聞きますが、このオーリンズは突き上げとは無縁です。路面の凸凹をなめるようにトレースします。しっとりと言う言葉がピッタリかも。

このリアのオーリンズと比べるとCB1100のフロントサスペンションが固く、また雑な動きに感じられる・・・といえばわかり易いでしょうか。

オイルを交換してからまだ乗ってません。

試乗インプレッションは後日アップしたいと思います。楽しみです。

鈴鹿スカイライン

冬にGOLFで行った時には、冬季閉鎖で、

前回バイクで行った時には崩土のため通行止めでだった鈴鹿スカイラインに3度目の正直で行ってきました。

今回はあらかじめインターネットで調べて通行できることを確認してから出発しました。

家を出たのは7時過ぎ・・・予定より遅かったです。案の定朝のラッシュにハマり渋滞でした。

しかし今回は念願の鈴鹿スカイラインを走れました。リベンジ。

Dscf0467_2

Dscf0469

鈴鹿スカイラインに入ってすぐにある「野洲川ダム」

Dscf0470

水の色が青くて神秘的でした。

Dscf0471

鈴鹿スカイラインの頂上付近からの四日市市内の景色。写真では真っ白になっちゃってますね。

Dscf0472

少し下ってきてからの写真です。 やっぱり白っぽく写っちゃってるか。

Dscf0473

先ほどの橋から下を覗くと、綺麗な川が流れてました。

Dscf0474

Dscf0476

道路の反対側に、小高い山の頂上に何か建物が・・・ どうやって登るのだろう。

っていうか、どうやって作ったのだろう?

Dscf0477

道の駅「菰野」で休憩。 となりにKawasaki W800が。

実物は初めて見たのですが、すごくかっこいいですね。思わず写真を撮ってしまいました。

帰って来ると14時過ぎ。朝のラッシュに捕まらなかったら、もうちょっと早く帰ってこれたでしょう。

走行距離:261.8Km

燃費:20.44Km/L

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »