2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

滋賀県箱館山スキー場 ゆり園

今日はクルマでお出かけ。

新聞に箱館山スキー場にゆり園があって、今が見ごろだとか。

ということで、クルマで出かけてきました。

出発は遅なってしまいました。10時半。

お昼ごはんは、滋賀県の道の駅「藤樹あどがわ」の向かい側の「平和堂」の中のお店。

Dsc_1378

高島食堂さんでご飯を食べました。

Dsc_1379

とんちゃん定食(ミニうどん付き)です。

とんちゃんとは、味付けした鶏肉だそうです。

お味は、豚のしょうが焼きに似た味でと~~ってもおいしかったです。

Dsc_1381

箱館山スキー場の駐車場に到着。 思ったよりクルマが多いです。

平日にこれだけの来場者が居るとは・・・これって新聞の力???

Dsc_1382

スキー場まではゴンドラに乗って上がります。ゴンドラ往復+ゆり園の入園で、大人1800円です。

Dsc_1383 

このゴンドラで上がります。

Dsc_1384

ゴンドラを降りると、ゆりの香りが辺り一面に漂ってます。

Dsc_1385

Dsc_1386

ゴンドラを降りて右に行くと、遠くの丘一面にゆりが・・・

Dsc_1387

Dsc_1388

Dsc_1390

コキア(ほうき草)だそうです。秋には紅葉するらしい。

Dsc_1393

Dsc_1396

Dsc_1397

向こうの方にびわ湖が見えるはずなんですが・・・湿度が高いのか遠くの景色が白っぽくなって写真には写ってませんね。

Dsc_1398

Dsc_1399

Dsc_1403

NHKの取材の人が来てました。

Dsc_1406

「天空の汽車ゆり列車」 も走ってます。

Dsc_1408

Dsc_1410

Dsc_1416

Dsc_1419

ゆりソフトを食べました。中にユリネが入ってます。つぶつぶ。

Dsc_1420

子供の遊び場もあります。

Dsc_1421

Dsc_1422

Dsc_1425

Dsc_1429

眼下にびわ湖が見えます。(写真には写ってないか・・・)

Dsc_1433

ゴンドラで下に降ります。

Dsc_1434

クルマの写真を撮ってなかったので、駐車場でパチリ

Dsc_1435

時間があったので、マキノ町のメタセコイヤの並木道を通りました。

Dsc_1437

マキノピックランドというところがあったので、寄りました。

地元の農産物が売ってたのでお土産です。

Dsc_1438

このあと、びわ湖の東側に回って、北陸道木の本インターから帰ってきました。

暑い一日でしたが、函館山の上は日陰だと涼しかったです。

クルマはクーラーが効いててラクチンラクチン。

2013年7月17日 (水)

白子町 鼓ヶ浦海岸 半日ツーリング

猛暑が続いておりますが、こう暑いとツーリングに行く意欲が半減しちゃいます。

とは言っても、やっぱりバイクに乗りたいので、涼しい朝のうちに乗ろうと思い早起きしました。

5時に起きて、6時ごろに出発です。

家を出て国道163号線を伊賀上野方面へ。通勤ラッシュ時間帯を外せばすいすい走れます。

おまけに暑さもマシです。家の前で荷物を載せたりヘルメット被ったりしてるときにジワッと汗をかきますが、バイクで走り出せば涼しい涼しい。熱帯夜で27度ぐらいあったかもしれませんが、バイクは走ってれば涼しいですね。

伊賀上野からは国道25号線を走ります。名阪国道じゃない旧道の方ね。

途中、未舗装路が残ってて、半分ビビリながらゆっくり通過。無理は禁物です。

Dscf0591

写真は国道25号線です。横の線路は関西本線「柘植駅ー加太駅間」です。

この国道25号線も昔に比べると道路が改良されて広くなっていました。昔はもっと狭い狭い道で「これが国道?」って感じでした。

Dscf0592_2 

道の駅「関宿」で休憩です。朝早い時間なので閑散としています。

このあと、鈴鹿サーキットの前を通過して、本日の目的地、鼓ヶ浦海岸へ向かいます。

久しぶりに鈴鹿サーキットに来ましたが、グランドスタンド付近がものすごく近代的に改修されていてびっくりしました。

数年前に4輪で鈴鹿のフルコースを走りに来たのが懐かしかったです。

Dscf0595

鼓ヶ浦海岸の端に駐車場があるので、そこにバイクを停めて海岸へ。

誰も居ません・・・

Dscf0600

いえ、居ました。小学生の遠足が居ました。楽しそうです。

子供は元気でいいです。

Dscf0602

Dscf0599

愛車も記念撮影。

Dscf0603

鼓ヶ浦海水浴場の松林です。

白砂青松100選に選ばれてるそうです。

Dscf0604

Dscf06052

帰りはいつもの針テラスで休憩して、奈良市内を通過して帰りました。

帰宅は13時過ぎでした。

山から奈良市内へ下っていくと、空気がどんどん熱くなってくるのが実感できました。

やっぱり下界は暑いのね。

走行距離:254.6km

燃費:21.25Km/L

カメラ:FUJIFILM    X-Pro1

―CB1100のエンジンについて―

以前、エンジンの燃焼音から、回転数によってノッキングのような「カリカリ」という音が聞こえる時があったのですが、今日はその音も聞こえず、よい燃焼音でした。

すごく注意深く聞いていないと聞こえないぐらいの異常燃焼のような音。以前ディーラーに持って行って診てもらったけど、そんな音は確認できなかったらしい。

点火時期が早すぎると、こういう音が聞こえることがあるんですけどね。

で、今日はその音も無く、綺麗に燃えていそうな「完全燃焼してる!」って感じの音でよかったです。

何が原因だったのだろう?

ちなにみCB1100のノーマルマフラーには出口にフラップが付いていて、加速騒音を抑えるために(たぶん加速なのでアクセルを大きく開けたときかな?) 加速時にはフラップが閉じるようになっています。

遅いクルマを追い越すときなど、アクセルをグイッと開けたときには、普段の低音の歯切れのよい音から「シューン」という感じの音に変化します。

だいたい排気管の出口にフラップをつけて出口を絞るなんて、排気効率が落ちるんじゃないの?って思うので、そのフラップを作動させるワイヤーの引っかかってるところを外して、フラップを無効にしました。

すると、加速時にアクセルをグイッと開けても音の変化はなく、けっこう歯切れの良い排気音で回転が上がって行きます。ノーマルマフラーでも結構気持ちいいです。(あと、重量が軽ければ言うことないです)

ノッキングと思われる音も、このフラップが関係していたのか・・・う~ん、関連性はあまり無さそうですが、とにかくこの状態でしばらく様子を見たいと思います。

2013年7月14日 (日)

富士山登山 2013.7.11

人生で一度は富士山の頂上に登りたい。

いままでずっとそう思っていたことを、今年実現させようと思って行ってきました。

2013年(平成25年)7月11日(木)

富士山スバルラインの5合目を7時40分頃に出発です。

今回は嫁と二人での登山です。

Dscf0515

朝の5合目です。(逆光なのが悔しい)

人はあまり居ませんが、ご来光を拝んでから降りてきた人たちが居られました。

Dscf0511

あの上まで登ります。意外と近くに見えるのは気のせい?

Dscf0518

5合目のお馬さんたちです。 行って来ま~す。

Dscf0519

5合目付近から山中湖方面を望みます。

Dscf0521

Dscf0522

グーグルのストリートビューを撮影している人が居ました。

世界遺産に登録されたので、富士山登山道のストリートビューを撮影してるのかな?

もしかして、オレ映った?????

Dscf0524

Dscf0525

7合目の山小屋です。体力的にはまだ余裕です。

Dscf0529

Dscf0531

Dscf0533

東洋館。もうすぐ8合目です。

Dscf0537

Dscf0538

Dscf0539

嫁は体力の限界なので、ここで断念です。かなり苦しそうでした。

私一人で頂上を目指すことにしました。 行って来るから待っててね。

白雲荘から九合目方面を望む。まだまだ上があるぞ!

Dscf0540

Dscf0541

付近の大沢崩れには雪が残っていました。

確かに空気は涼しいのですが、この段階でもまだ私は半そでTシャツで十分でした。

太陽が暖かいのと、ずっと登ってきてるので体温が高いのでしょうね。

ただ・・・これが今後後悔することに。。。

というのも半そでで登っていて、おまけに紫外線対策をしてなかったのです。

長袖のTシャツに着替えたらよかった(後悔)

最終的に下山した頃には腕が真っ赤に。ひりひり痛くなりそうな予感。

当然ながら夜にはもっとまっかっか。化粧水をたっぷり塗って保湿に努めましたが、効果はどのぐらいあるのか。

Dscf0543

八合目の山小屋からかなり登ったのに、まだ「本八合目?」

八合目って幅が広いようです。

ご来光を見る人はほとんどの人が八合目に泊まるんでしょうね。

Dscf0544

下山道が見えます。下り坂なので楽そうに見えます。

Dscf0546

こういう景色は富士山ならではですね。ここでしか見れない。

Dscf0547

Dscf0548

大沢崩れって近くで見ても、すごい急坂です。毎年ものすごい量の土砂が下に流れちゃうそうです。(看板に書いてました)

Dscf0549

まだあんなに高い!

八合目を過ぎたところからかなり辛くなってきます。

空気が薄いからか、ちょっとがんばって登ると息が上がっちゃいます。

20~30m進むごとに少し息を整えて、ゆっくり登ります。脚もかなり疲れています。

Dscf0550

横の崖のように見える赤い岩。土でボロボロと崩れそうに見えますが、指で触ってみると完全な岩です。カチカチでした。溶岩が崩れそうな形のまま冷えて固まったんでしょう。

Dscf0551

九合目の鳥居にはコインがいっぱい挟まってました。

Dscf0552

Dscf0553

頂上が見えるぞ!!もう少し。。。このあともう少しがなかなかなんです。かなり体力的に厳しいのでなかなか前に進みません。

この崖のような上りを見てください。こういう崖のようなところを登るのが延々と続きます。富士山って本格的な登山ですね。

富士山ってもっと簡単に登れるものと思ってました。なめてましたね。(反省)

Dscf0554

頂上の鳥居です。この写真を撮った瞬間に「やった~」っていう気持ちと同時に感動で思わず泣いてしまいました。

ここまで来る苦しさと、途中で断念した嫁の気持ちも重なって、達成した時の感動は言葉では表せないですね。

Dscf0556

頂上には神社があります。

お守りとおみくじを買いました。

Dscf0557

Dscf0558

頂上から見る景色は、やっぱり五合目から見る景色とは違います。

写真ではなかなか伝わりませんが、このときもすごく感動しました。

頂上に着いたのは 13時30分ごろでした。前半は嫁のペースに合わせてかなりゆっくり歩いたことを考慮したとしても、6時間ほどで登れました。

Dscf0559

登ってきた登山道が見えます。

Dscf0560

Dscf0561

向こうに鳥居が見えます。

Dscf0564

火口です。 富士山に着いたぞ~~~~と実感。

Dscf0565

Dscf0567

ここを下っていきます。

Dscf0570

山頂の鳥居です。

Dscf0573

この下り坂は最近整備されたのでしょうか。上りの時とは雰囲気がぜんぜん違います。

上りと違って下るときは勢いをつけて楽に進みます。あっという間に九合目。

上りの時の苦労がうそのような進み具合。

このときあまりの爽快さに調子に乗りすぎたのか、下に降りるに従ってどんどん膝が痛くなってきます。

Dscf0574

Dscf0577

すぐそこに雪があります。でも半そでで十分です。気持ちの良い気温でした。

太陽が熱い。(これが紫外線だという意識はこのときはまだ低かったです)

Dscf0578

どこまで降りるの?って思って下を見ると・・・ん?

見える範囲の一番した。ず~~~と下までこの九十九折れが続いてます。

げ!あんなところまで?それもこの単調な下りを?

実際に下まで降りるのにこの景色の変化のない道を延々降りるのは全く面白くありませんでした。

Dscf0579

かなり降りてもう七合目ぐらいだろうと思って地図を見たら・・・まだ八合目やん!

どれだけ降りやなアカンねん!って思っちゃいます。ていうか、それだけ登ったんですね。登った距離に今頃実感します。

嫁と合流して下りますが、膝がイタイイタイ。

かなり重症化してきました。

平坦な道はまだマシですが、下り道はほんとに老人の歩行かと思うぐらい恐る恐る下る感じになっちゃいました。

膝に負担を掛けない下り方をすこし練習しないといけませんね。

五合目に降りてきたのが16時30分ごろです。

これから登りに行く団体さんが多数居られました。明日のご来光を拝みに行くんでしょうね。

夜は山梨名物の「ほうとう」を頂きます。

河口湖の近くの「小作」さん。

Dscf0580

Dcf00058

ほうとう おいしかったです。出汁は味噌味。野菜もた~っぷり入ってます。

麦飯もおいしかったです。

この日は静岡県富士市のホテルで一泊して。

翌日は朝霧高原へ。

Dscf0581

道の駅「朝霧高原」です。

地元の野菜と、桃を買って帰りました。

Dscf0583

富士山はやっぱり雪が少し被ってるほうが富士山らしいですね。

真夏の富士山は黒一色。 雪のある時期にもう一回見に来たいです。

Dscf0585

「こけもも」のアイスクリームを食べました。 ラズベリーのような味で、甘さの中にほのかな酸味があって美味でした。

Dscf0586

Dscf0588

まかいの牧場 で少し休憩して、写真をパチリ。

  Dscf0589_2

このあと新東名を初めて通って帰ってきました。

すごく走りやすかったですが、景色的には東名高速の方がよっぽど味があります。

富士山から大阪まで約5時間。

お疲れさまでした。

走行距離:925.7km

燃費:12.6Km/L イマイチ伸びませんでした。14Km/Lは行くかと思いましたが。。。

カメラ:FUJIFILM X-Pro1

カメラは軽いX-Pro1を持っていきましたが、もう少し広角のレンズが欲しいですね。

35mmですがフルサイズ換算で50mmとなり標準レンズです。

もうすこし画角が欲しいです。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »