2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

早朝ドライブ(やまなみロード)H25,8.29(木)

今日もバイクで早朝ツーリングに出かけようと思って朝早くに起きました。

奈良のやまなみロードって走ったことがないので、今日はそこへ行く予定で着替えてると。。。

我が家のゴルフGTIに3週間乗ってないことに気づきました。バイクに乗る前はクルマは出来るだけ一週間に一回は動かすように努めてました。

クルマを調子よく維持するには定期的に動かしてあげることだと信じているので、3週間もほったらかしにしてるのは良くないと思い、急遽クルマで走ることにしました。

阪奈道路で奈良市内を通り、R24で南下。京奈和自動車道で橿原へ。

中和幹線(県道105号)を左折して、R165を目指します。

途中、R165で事故があったようです。トラックと軽のワゴンの正面衝突。30パーセントぐらいのオフセット衝突ですかね。軽ワンボックスの運転席前がグシャっと潰れてました。怖い怖い。ドライバーは無事だったのだろうか?救急車がちょうど出て行くところでした。

気を取り直して、やまなみロードへ向かいます。

Dcf00069_3 

やまなみロード・・・なかなかいい道です。「ここは昔有料道路でした」と言われたとしたら、信じてしまいそうな道路です。

ただ、補修が間に合わないんでしょうね。路面の荒れはけっこうありました。

しかしモノは考えようで、この荒れた路面はクルマのサスペンションのテストにはもってこいではないでしょうか。な~んて。

Dcf00070_2

対向車も少なく走りやすくて気持ちの良い道路ですが、あっという間に名阪国道の小倉インターに着いてしまいました。

そのまま名阪国道をくぐって、月ヶ瀬方面に抜ける農道を走ります。

この農道がまた走り易いすごくいい道でした。

Dcf00071 

このまっすぐな道路。思わずクルマを停めて写真撮影しました

そのまま走ると、見慣れた道路に出ました。県道80号線です。

ここを右折して月ヶ瀬方面へ向かいます。

Dcf00072_2 

ここは以前バイクで来て写真撮影した場所です。ここの景色はお気に入りです。

Dcf00073

県道4号線で柳生を抜け、R369で奈良市内へ向かいます。

Dcf00074

柳生の東の、これまた大好きな景色のところで写真撮影です。

朝の雰囲気が出てますね。

奈良市内からはR163で帰宅しました。帰ってきたら9時でした。

今朝も涼しく、車のクーラーはつけなくても窓を開けるだけでさわやかに走れました。

このまま秋が来たらいいんですが、なかなか今年は残暑が厳しいらしいです。

早朝散歩ツーリング(信楽~伊賀上野~針~奈良市内)H25.8.28

昨日になりますが、早朝に起きて涼しいうちに散歩ツーリングに行ってきました。

朝5時半に出発です。

第二京阪道路~R307で信楽方面へ。この道はついこの間も走ったぞ。

信楽からR422へ右折。伊賀上野方面へ向かいます。

Dcf00061

いつもは通り過ぎる場所ですが、すこし写真を撮ってみました。

朝早いので光が明るい感じがします。

Dcf00062

それにしてもこの日のこの時間帯は寒かったです。道路脇の気温表示で17度という表示を見ました。メッシュジャケットでは寒いわけだ。

Dcf00063

Dcf00064

このあと、そのままR422で伊賀上野まで抜けて、R25(旧道)を走り、小倉インターから針インターまで名阪国道に乗りました。

いつもの針テラスで少し休憩しました。平日の朝8時だというのに10台ぐらいのバイクが停まってました。

R369でいつものように帰ろうと思ったのですが、今日は地図上ではショートカットできそうな県道47号線を走ることにします。

地図でイメージしていたのは、すごく走り易い広い快適な道だったのですが、実際に走ってみると、細い細い道です。

Dcf00065

こんな道です。もう少し峠を越えるところになるとクネクネ急曲線の道になります。結構面白いです。

Dcf00066

真横から自分のバイクを撮影してみました。 けっこうかっこよく撮れた(自己満足)

Dcf00068

このまま走るといつもの県道80号線に交わり、奈良市内を通って帰りました。

帰ったら10時です。 山を走ってた時は寒いぐらいだったのに、大阪に帰ってきて10時だともう汗だくです。たぶん30度ぐらいです。

走行距離:155.5Km

燃費:19.01Km/L

※そうそう、今日走る前にタイヤの空気圧を点検しました。2ヶ月ぐらい見てなかったと思います。(反省)ホントは1ヶ月に一回ぐらい点検するべきですね。

点検すると前2.0、後ろ2.5にまで減ってました。温度が低いので空気圧も低めになってることを考慮しても、やっぱり下がってますね。ってことはやっぱり空気圧って最低でも一ヶ月に一回点検するべきです。

出発前に空気を入れて、前2.5、後ろ2.9に合わせました。 劇的に変わるわけではありませんが、タイヤのしっかり感と、タイヤがまん丸になったようなフィーリングが感じ取れました。

タイヤの空気圧は大事です。

2013年8月23日 (金)

信楽と立木観音へ + ヘルメットの感想 H25.8.22(木)

前日に買ったオープンフェイスヘルメット(SHOEI J-FORCE3)を試したくて、早朝から起きて走ってきました。

この日は朝から28度ぐらいあり、気温がこれぐらいでも湿度が高いのか蒸し暑く、いくら早朝と言えども、バイクで走っても涼しくありませんでした。こんな朝もあるんですね。

R307を信楽方面へ向けて走り、信楽を越えてから滋賀県道16号線に行ってみました。ツーリングマップルには「川沿いの快走路」と書いてるので気になってました。

Dcf00060

県道16号線に入ってから写真を撮ってみました。

Dcf00061

ヘルメット「SHOEI J-FORCE3」の感想ですが、オープンフェイスヘルメットにしては静粛性に優れていると思いました。ただ、フルフェイスのXR1100程ではありません。さすがに最新のフルフェイスの静粛性にはかないませんね。

比べても意味がないかもしれませんが、18年前製のBJとの違いとしては、BJだと顔を横に向けたときに風圧でヘルメットが押されてしまってましたが、当然J-FORCE3はそんなこともなく、風の流れを正面だけでなく横に向けたときでも違和感のないように設計されています。

シールドの形がBJは前に尖っている形ですが、J-FORCEは綺麗な丸の形だからでしょう。

昔のオープンフェイスヘルメットは、どうしてこういう形だったのか?そちらの方が疑問に思ってしまいました。

エアインテークの効果ですが、今日は外気温が高く暑いので、「風通しが良くて涼しい~」とは思えませんでした。

もう少し外気温が低い日にどうか試してみたいです。

Dcf00062

この県道は新名神高速道路と平行に走っています。

このあと、瀬田を通って宇治川ラインへ。

Dcf00063

立木観音の近くに来たときに、ふと思いました。

今までずっとこの道路を走ってて、立木観音の看板は何回も見てるけど、行ったことがないな・・・と。

Dcf00071

ってことで行ってみましょう。

Dcf00064

Dcf00065

げ!上まで800段以上もあるの?

Dcf00066

緑が綺麗です。 辺りではミンミンゼミが鳴いてました。大阪ではミンミンゼミの声は聞けません。(居ません)

Dcf00067

20段ぐらい登ったところで心がめげました。この暑さで登るの?自問自答します。

はい、登ります。

Dcf00068

頂上の立木観音さんです。思ったよりこじんまりとしてました。

石段の下で7時10分ごろ、上に到着が7時30分ぐらいでした。

結構がんばって登ったので、普通に登るともう少し時間が掛かるかもしれません。

Dcf00069

裏手の階段を登ると、奥の院もあります。

30分ぐらいぶらぶらしてから下に降りました。

このあとR422をまた信楽方面に向かい、R307に合流します。

Dcf00072   

いつもの大好きな茶畑のところで写真撮影しました。

Dcf00073

緑が美しいです。

このままR307では帰らず、県道を通って和束町を抜け、R163で帰宅です。

10時ごろに帰宅しましたが、この日は朝からずっと暑くて、かなりの汗をかきました。

いつまで熱帯夜が続くのやら・・・

走行距離:146.5Km

燃費:22.20Km/L

撮影は携帯電話のカメラ

2013年8月21日 (水)

SHOEI J-Force3購入

Dsc_1440

荷物が届きました。

Dsc_1441

SHOEIです。

Dsc_1442

SHOEI J-Force3です。

私はオープンフェイスのヘルメットは、SHOEIのBJというヘルメットを持ってました。

製造年月日を見ると、1995年3月とあります。18年も前のヘルメットです。賞味期限はとっくに過ぎてますね。

ずっとフルフェイスのSHOEI XR1100を使ってるのですが、この夏の暑さに負けて、その18年前のオープンフェイスを何回かツーリングに使いました。

ただ、さすがに18年前のヘルメット。中のスポンジがヘタってるんでしょう、頭のサイズがブカブカでおまけに風の音が時速80キロぐらいでかなりの騒音になります。80キロ以上の速度は精神的に出せないぐらいなので安全には良いかもしれませんが、かなり疲れます。

またそのうちうちの嫁とタンデムで走りたいというのもあり、もう一つヘルメットを物色してました。

SHOEIにはもう一つ、サンバイザーつきの J-CRUISEというヘルメットもあり、どちらにするかかなり迷いました。

選ぶに当たっての基準は、風切り音の静粛性と、頭の涼しさの2点。

たぶん静粛性は、新しいJ-CRUISEの方が良い気がしました。シールドも新しく、ピタッと隙間無く閉まるようです。

頭の涼しさで言うと、たぶんJ-Forceだろうと判断しました。空気の取り入れ口と排気口の数がぜんぜん違います。J-Forceの方が断然風通しが良さそうです。

で、静粛性と風通しのどちらを取るか・・・で、風通しにしました。かなり迷いましたが。

静粛性を優先するならフルフェイスを被ればいいという割り切りです。

Dsc_1443

Dsc_1444

Dsc_1445

さっそくワックスを掛けて、シールドには雨対策でスーパーレインXを塗りました。

明日休みなので、早朝から少し走ってこようかと思います。

楽しみ!!

2013年8月19日 (月)

半日避暑ツーリング(奈良) H25.8.17(土)

前日16日に引き続き、次の日も早朝から少し走ってきました。

朝6時前に出発。国道163号線を笠置まで走り、まずは柳生方面を目指します。

Dcf00060_2

笠置から柳生へ向かう県道4号線(笠置街道)です。

朝の雰囲気が出てるでしょうか。

 Dcf00061_2

もう少し登ると、杉林を縫うように走ります。ここの景色は大好きなんです。

  Dcf00062

同じ場所で前から

  Dcf00063

緑が美しいです。

このあと県道80号線を左折して山添村のを経由、R25で針テラスで行って休憩。

Dcf00064

朝の針テラス。

7時半過ぎですが、結構な台数のバイクが集まっています。

バイク乗りの朝は早いですね。

針はかなり涼しいです。山を走っていてもメッシュジャケットで走っていると涼しくて涼しくて、このまま帰りたくない~って思っちゃいました。

8時過ぎまで休憩してから帰宅します。

帰ってきたら9時半でした。太陽も上り大阪はもう既に30度を軽く超えています。昼間は灼熱地獄なのでこれぐらいの時間に帰宅できれば、バイクに乗るのも苦痛ではなく楽しめます。

走行距離:130.9Km

燃費:20.23Km/L

写真は携帯電話での撮影

※私のバイクは2013年型なのですが、1年前のモデルまではType1とType2の2種類があり、違いはハンドルバーです。Type1はアップライトな乗車姿勢が出来るハンドル。Type2はそれより数センチ(2センチぐらいだったかな?)高さが低く、1センチぐらい遠く、4センチ幅が狭いポジションになります。ちなみに2013年モデルはType2は廃止になりType1のみになりました。私は少しスポーティに乗りたいので納車時点からType2のハンドルに付け替えてもらってます。

この状態で今まで乗ってきたのですが、爽快なスピードで走っているときは気持ちがいいのですが、ゆっくりとしたクルマの流れに乗って走っているとどうもハンドルが遠い気がします。もうすこし自分のお尻に体重を乗せたいというか、腰に負担が掛かりそうというか・・・なのでハンドルの垂れ角を若干手前気味にして乗ってました。

前日に家に帰ってきてからバイクに跨って、ハンドルの垂れ角をああでもない、こうでもないといろいろ試して、一度もう少し思い切って高くなる方向にセットしてみようかと。当然少し(数ミリですが)グリップが遠くなるけど、高さは若干高くなります。

バイクに跨ってみると、なんだかいい感じ。

このポジションで今日走ってみましたが、Goodです。ハンドルが余計に遠くなったのは確かですが、それ以上に数ミリですが高さが高くなったのが私には合っています。

なら元々のハンドルバーに戻せば?って思いますが、あれは少し高さが高すぎる気がします。今回数ミリしかポジションが変化しませんでしたが、これだけ乗り味や操縦感覚が変わるなら、しばらくこのハンドルバーでベストポジションを探りたいと思います。

ステップの位置も出来ればいじりたいですが・・・バックステップはあってもフロントステップってありませんよねぇ・・・

もう少しステップ位置が前だったら、どういう感じになるんだろう?って興味が。

2013年8月16日 (金)

和歌山県白崎海岸へツーリング H25.8.16

今日も早朝に起きてツーリングに行ってきました。

今回は、前回行くのを断念した白崎海岸を目指しました。

がんばって朝5時に出発しました。

さすがにこの時間に出ると道路は空いています。

R170で泉佐野まで行って、そこからR26で和歌山へ。和歌山からはR42で有田へ行きました。

有田から県道20号線で海岸線へ出ます。

Dscf0638

目の前に海が見えた瞬間って、いつも「ハッ」と息を呑むほど感激します。(写真は日陰なので暗く写ってしまいました。)

Dscf0639

県道23号線に入ってから、港で写真を一枚。

Dscf0640_2

青い海は綺麗です。

Dscf0641_2 

白崎海岸です。 目指す道の駅はもうすぐ。

Dscf0646

道の駅「白崎海洋公園」。

Dscf0642_2   

ここはすごいです。石灰岩なんでしょうね。真っ白な岩が辺り一面にあります。

Dscf0644

テーマパークみたいに見えますね。でもこれは本物の岩(たぶん石灰岩)です。

Dscf0645

奥にオートキャンプ場があります。

Dscf0647

Dscf0648

Dscf0649

Dscf0650

晴れて良かった~。 青い海!!最高です。

Dscf0651

水が透き通ってる!

Dscf0652

Dscf0653

Dscf0654

このあと県道24号線を南下して、R42へ出ます。

R42で有田市へ向かい、R22へ右折。しばらく走ると・・・

Dscf0656

有田川鉄道公園なるものがありました。ちょっと覗いてみます。

Dscf0657

バイクを駐車場に停めて、奥へ進むとディーゼルカーが停まっています。

Dscf0658

キハ58です。エンジンが掛かっています。

Dscf0659

試乗できるようです。動かすんですね。 現在時刻は10時過ぎ。11時までは待てませんでした。

Dscf0660 

その奥にも引込み線があります。 奥に見えるのはもしや「レールバス」?

Dscf0661

おお、本物のレールバスだ。初めて見ました。

ただの公園かと思ったら、ここは鉄道交流館も併設されていて、中には鉄道模型のジオラマもありました。

実は10年ほど前まで有田鉄道が走っていて、廃線跡をこうして公園にしているそうです。このレールも昔は有田鉄道の走っていたレールだそうです。

Dscf0662

公園を後にして、県道18号線を走ります。この道はすごく気持ちのいい道です。クルマも少ないですし、適度なワインディングです。

写真は和歌山らしくみかん畑が見えるところで撮影しました。有田市を走ると街中からでも山肌一面にみかん畑の広がりが見えます。いたるところでみかんを栽培してるんですね。

Dscf0663_2

Dscf0664

峠を越えてから、海南市内が見えました。綺麗!

気温もかなり高くなってきています。山から海南市に下りて行くと気温も35度ぐらいになりかなり暑いですので、このあとR370を走ります。山なのでいくらか気温は低いでしょう。

この道がすごく快適でした。クルマはさすがに今まで走ってきた県道よりは多く、追従走行が増えますが、山の空気が涼しくて景色もすごく良かったです。

R370で橋本まで走り京奈和道路で五條へ、奈良県道30号線で柏原方面へ向かい、柏原からはR170(外環)で帰宅しました。

昼ごろには帰ろうと思っていましたが、なんのなんのこの距離を走ると14時になってしまいました。暑ささえなければ全行程全て気持ちいいんですけどね。熱中症になっちゃいそうです。帰ってきてすごく疲れを感じました。

走行距離:331.5Km

燃費:20.48Km/L

カメラ:FUJIFILM  X-Pro1

2013年8月 7日 (水)

高野山・高野龍神スカイライン H25.8.6

今回は高野山と高野龍神スカイラインを走ってきました。

この真夏の時期、朝早く出て昼までに帰ってこようという当初の目標でしたが、ここ最近バイクに乗れなかったのでもうちょっと距離を乗りたいなと思い、がんばって暑さに耐えました。

夜中の2時ごろ、ものすごい雷と豪雨の音で目が覚めてしまいました。

5時過ぎに目覚まし時計をセットしてたのですが、天気が心配です。雨ならやめようと思ってました。

インターネットで天気予報を見ていると大丈夫そうです。

行こうか行くまいか思案したり用意をしたりで、結局出発は6時半になってしまいました。

道路はもう朝のラッシュが始まってしまってます。R170(外環)は渋滞でなかなか進みません。 久しぶりのバイクなのでまずはすり抜けは出来るだけしないで行ったので余計に時間が掛かります。

R170からR371へ。

橋本までは普通の道路で、そこから高野山方面へはR370を通るよう勧める看板が多数。地図を再確認すると、R371でも行けます。たぶん狭い国道なんでしょう。バイクなので行くことにします。

未舗装だったらイヤやなとは思いましたが、全線舗装されていたので良かったです。

Dscf0606

こんな道路が延々続きます。しかし対向車も少なく走り易いです。

Dscf0607

途中に温泉がありました。「やどり温泉いやしの湯」

Dscf0608

途中、素彫りのトンネルがありました。写真は暗くてよくわかりませんね。

そうそう、写真を見てもらえばわかりますが、路面が濡れてます。

昨夜に強い雨が降った影響で、路面はウエットです。 細心の注意で走りました。

Dscf0609

周りの山が見えてすごく景色のいい道路です。

Dscf0610

高野山に到着。9時頃です。

Dscf0611

このまま高野龍神スカイラインを走ろうと当初は思ってましたが、高野山は初めてなので駐車場にバイクを停めて、奥の院まで散策することにしました。46年間大阪に住んでますが、高野山には来た事がなかったのです。

駐車場は無料でした。

Dscf0612

中の橋からの奥の院への入り口。

Dscf0613

辺りは静かで心が落ち着く雰囲気です。朝9時ごろなので人もまばらです。

Dscf0614

東日本大震災の慰霊碑もありました。

Dscf0616 

奥の院へ続く道には著名な人のお墓がたくさんあります。

Dscf0617

Dscf0618

豊臣家のお墓。

Dscf0621

織田信長墓所

Dscf0620 

Dscf0622

マスコットキャラクターでしょうね。こうやくん。あちらこちらにありました。こうやくんのお土産も売ってました。

Dscf0623

立ってる樹が、ものすごく高いです。たくさん生えてます。樹齢何百年もあるんでしょうね。

Dscf0624

奥に見えるのが「弘法大師空海御廟」です。写真撮影は禁止です。ラフな服装もご遠慮くださいというような注意書きもありました。

Dscf0625

この橋を渡ると霊域です。

Dscf0626 

Dscf0630

高野龍神スカイラインに向かいます。

Dscf0631

周りの山が下に見えます。標高がかなり高いんでしょう。気持ちがいいです。

Dscf0632

この時期にまだアジサイが咲いてました。

Dscf0633

護摩タワーに到着です。

いろいろな人のブログで拝見させていただいてた場所についに到着です。

もっと広い駐車場なのかと思ってましたが、思ったよりこじんまりとしてます。

Dscf0634

駐車場からの眺め。気温は低いと思います。下界より5度以上低いんじゃないでしょうか。でもさすがに太陽に当たると湿度が高いのもあってか蒸し暑く感じました。

Dscf0635

お腹がすいたので、ここの食堂で腹ごしらえを。

「天空そば」750円です。

山菜のてんぷらが載ってるのですが、本日は「明日葉」「よもぎ」「イワタバコ」

イワタバコというのが聞きなれないので店の方に聞いてみると、岩の間に生えてる植物でタバコに似てるからこの名前がついたそうです。珍しいと思います。

だしがあっさりしていて山菜もものすごくおいしかったです。ここは雉(きじ)料理が有名らしいので、もし次に来たときは雉料理を食べたいと思います。

このまま高野龍神スカイラインを走り、龍神温泉を通って、さてどうやって帰ろうか。

できれば和歌山の白崎海岸を見てみたいのですが、そうすると遅くなりそうなのでこのままR424で有田まで行くことにします。

Dscf0636_2 

途中、道の駅「しらまの里」で休憩。

有田からR42を走り、海南ICから阪和自動車道へ。

Dscf0637

紀ノ川サービスエリアで休憩。気温がものすごく高く、ずっと走り続けてると熱中症になってしまうのではないかという暑さ。

風が当たっても体温より高い温度の空気だと余計に暑いです。

渋滞に遭うともう地獄。たまりませんね。やっぱりこの時期は午前中で帰宅できる距離のツーリングがいいと思いました。

今回このコースを走ってみてすごく気持ちが良かったし、適度な日帰りコースとしてまた走りたいと思いました。

走行距離:329.7Km

燃費:20.19Km/L

燃費は朝の渋滞がなかったらもっと伸びてると思います。

龍神温泉から家までの燃費だけをとると、22.22Km/Lまで伸びました。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »