2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 雨・・・ | トップページ | 小浜・朽木 半日ツーリング »

2013年9月14日 (土)

大和ミュージアムと鉄のくじら館(広島県呉市)H25.9.13(金)

かねてから行きたかった大和ミュージアムへ、クルマで行きました。

朝5時に起きて、中国自動車道、山陽自動車道、東広島呉道路で行きました。

Dsc_1446

近くの駐車場に停めます。ここまで家を出てから約5時間です。途中朝ごはんとトイレ休憩はしました。

10時過ぎに着きました。

Dsc_1448

大和ミュージアムの入り口

Dsc_1447

その奥には潜水艦が・・・こちらは海上自衛隊の鉄のくじら館です。

デカイ!!

潜水艦って、あんなに大きいの?っていうのが第一印象。

Dsc_1450

Dsc_1452

中には10分の1の大きさの戦艦大和の模型があります。

Dsc_1453

かなり精巧に作られています。

Dsc_1455

呉の造船についての展示ですが、呉と言えば軍艦なんですね。

かなり見ごたえのある資料がたくさん展示されています。

Dsc_1456   

Dsc_1460

現在、大和は九州の南の海底に沈んでますが、こんな形で沈んでるそうです。

真っ二つに折れているそうです。たくさん積んでいた弾薬が沈む際に数回爆発してこんな形になってしまったそうです。

・・・ってことは。宇宙戦艦ヤマトの一番最初に地球から発信する時の、大和の外壁が崩れて中からヤマトが出現するあのシーンは、ありえない・・・ってことになっちゃいます。

(宇宙戦艦ヤマトが大好きなので別にかまいませんが)

Dsc_1461

Dsc_1462

広島に原子爆弾が投下された時に出来たきのこ雲。呉から見えたきのこ雲の写真です。

Dsc_1463 

日精丸。タンカーですね。模型が展示されていました。

Dsc_1464

Dsc_1466

Dsc_1467

側面ってこんな断面なんですね。

Dsc_1468

Dsc_1472

Dsc_1474

Dsc_1475

大和ミュージアムの中から、外の港が見えます。もうちょっと青空だったらもっと綺麗だったのに。

Dsc_1476

零戦も置いてました。琵琶湖に沈んでいたものを引き上げた機体だと記載されてました。

Dsc_1477

Dsc_1478

Dsc_1479 

子供向け?の実験施設がたくさん置いてあったのですが、その中の一つに興味津々でした。

ジャイロの体験が出来ます。

バイクに乗る人にぜひ体験して欲しいと思いました。

手前の丸い椅子はクルクルと回転できます。前方に立てて置いてある円盤をバイクの車輪だと想定します。

この車輪をクルクルと回転させます。つまりバイクが走行中の状態ですね。

手前の回転出来る椅子に脚を浮かせた状態(足載せがあります)でこの回転する車輪を持ち上げます。

持ち上げただけでは何も起こりません。その車輪をバイクが傾くように傾けると・・・あら不思議、自分の座っている椅子が回転します。つまりバイクが自転する力が掛かるってことですね。

傾けたまま持っていても何も起こりません。車輪をまっすぐに立てるとまた力が作用して椅子が回ります。

つまり回転している車輪の回転角度を変えた瞬間だけ力が作用します。これは意外でした。

バイクを傾けている間はずっと自転(ヨー運動)させる力が掛かっているものだと思いました。違ったんですね。傾ける瞬間だけヨーの力が掛かる。

つまり後輪を傾けた瞬間だけバイク全体を曲げる力が働いている。

後輪を中心にして前輪を右(または左)に振る力がバイクにかかるってことです。それも傾けた瞬間だけ。

この傾ける速さを変えると、椅子が回転する速さも変わります。スッと早く傾けると、椅子に座った自分も素早く動きます。円盤の動かし方によっては自分の回転を止めることも可能です。

すごく興味深かったです。バイクの運動もこの力がすごく作用しています。

Dsc_1480

Dsc_1482

Dsc_1483

大和ミュージアムの外には、戦艦武蔵の主砲の41センチ(内径ですね)砲塔が展示されています。

すご~く長く大きく重そうです。こんなデカいものから大砲の弾が飛ぶんですね。

大和はこれより大きな43センチの砲塔だそうです。

Dsc_1484

Dsc_1481

次に海のくじら館に行きます。

Dsc_1485

中には海上自衛隊の資料館として、いろいろな展示があります。

まずは掃海についての展示。

第二次世界大戦の時には日本近海に何万個という機雷があったそうです。

それを除去していたときの展示と、現在ペルシャ湾にも多くの機雷が残っていて、海上自衛隊はその機雷の除去で活躍しているそうです。

Dsc_1486 

外に置いてあった潜水艦の中も見ることができます。本物です。

Dsc_1487

潜水艦内のトイレとシャワー

Dsc_1488

潜望鏡です。実際に見ることが出来ます。外の海に向けられていて、海上の船が見えました。

Dsc_1489

Dsc_1490 

操縦席。係の人曰く、「操縦と言っても、言われるままに操作するだけです。」とのこと。

Dsc_1492

Dsc_1493 

昼ごはんは呉駅前のビルの中にある「五右衛門」さんでお好み焼きを食べます。

いわゆる「広島風」です。関西のお好み焼きは「粉もん」といいますが、広島のものは鉄板焼と言えるかもしれません。だってメリケン粉がほとんど入ってませんもん。

このお好み焼き、おいしかったです。お腹いっぱい!!

Dsc_1494

ちょっと古いですが、NHK大河ドラマ「平清盛」を見ていて、行ってみたかった音戸の瀬戸

Dsc_1495

Dsc_1496

Dsc_1497

音戸大橋

Dsc_1498

音戸の瀬戸と呉の間に、海上自衛隊の港があります。結構な数の潜水艦が停泊していました。

Dsc_1499

Dsc_1500

クルマの写真を撮ってませんでした。

帰りの山陽自動車道 吉備サービスエリアです。

700キロ弱の日帰りでした。 結構疲れました。

カメラ:Nikon D700 + 28~300mm F3.5~5.6

« 雨・・・ | トップページ | 小浜・朽木 半日ツーリング »

VW GOLF3」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大和ミュージアムと鉄のくじら館(広島県呉市)H25.9.13(金):

« 雨・・・ | トップページ | 小浜・朽木 半日ツーリング »