2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月28日 (金)

PAIR SLOPE ジャケット&グローブ

ずっと前から欲しかったPAIR SLOPEのジャケットとグローブ
本日、夜勤明けで帰って来てからバイクで買いに出かけました。

PAIR SLOPEさんの店舗は東京と京都にあります。通信販売もされていますが、実物を見てサイズも含めて見たかったので、京都伏見区のお店に行ってきました。

Dcf00088_2

古い町家を改装して店舗にされています。内部も素敵です。写真を撮り忘れたのでこちらを参照してみて下さい。

なぜPAIR SLOPEを選んだのかと言うと、「日本製 Made in Japan」に拘っているから。
最近は中国や韓国製、東南アジア製の輸入品が「安い」という理由だけで大量に輸入されています。
しかし、Made in Japanは製品の質としては比べ物にならないぐらい素晴らしいものだと思います。
すごい技術力があるのに「安さ」という物差しだけで輸入物に負けてしまって、日本の製品が売れない時代になってしまっています。
これではいけないと思います。もっともっと日本製を応援すべきだと考えています。
なので、最近ではできるだけ「日本製」を選んで買うようにしています。

そういう私ですから、日本製に拘るブランドに魅かれるものがあるのです。

サイトで3点ほど候補を選んで、お店で実物を見て、試着もさせてもらって決めました。


Dsc_1947

帰って来てから写真を撮ってみました。



Dsc_1948

グローブ「鹿屋島」鹿革のグローブです。
店で他にも柔らかい牛革や、鹿と馬のコンビの革など試着してみましたが、この鹿革のグローブははめた瞬間に「あれ、これすごい」と一瞬で気に入りました。
決して安いグローブではありませんが、だからこそ拘りを持って選んだので、大事に長く愛用できそうな気がします。


Dsc_1949


Dsc_1952

ものすごくやわらかな革が、手のひらと手の甲に吸い付くかのような感触が得られます。
すごいですよ、このグローブ。


Dsc_1951



Dsc_1953
四国の手袋職人さんが作っているそうです。




Dsc_1954
次はジャケット。RT-21というモデルです。
革のジャケットはとてもじゃないけど手が出ません。(値段的に)
なので、ナイロン繊維のジャケットです。

Dsc_1956

ジャケットは3種類の候補を決めて、実際にお店で試着させてもらって決めました。
着心地、スタイルなどいろいろ悩んでこれに決めました。
なかなかシックで大人の雰囲気です。
空気の取り入れ口と背中には排気口もあり、これからの季節に活躍してくれそうです。

真夏になるとメッシュジャケットを着ますけどね。

Dsc_1957



Dsc_1958


消費増税前にちょっと無理して買っちゃいました。

これからしばらくは節約生活が続きそうです。

PAIR SLOPE京都伏見店の方はすごく丁寧に応対してくれて、お店の人柄も気に入りました。
また建物は古い町家を改装しているので、店の雰囲気もものすごくいいです。写真を撮り忘れたのが悔やまれます。

実はPAIR SLOPEさんのブーツも今すごく欲しいのです。

少しずつ貯金して、次はブーツを買いたいな。

 

2014年3月23日 (日)

ゴリラメンテナンスと散歩ツーリング

先日ふと思い出したんですが。

わがHONDAゴリラ。平成2年に買ってから24年経ってますが、エアエレメントを交換したことがないことに気づきました。
10年以上前に一度湿式のエアエレメント(スポンジ)を外して、灯油で洗ってからエアエレメント用のオイルを少し染みこませて再度取り付けたことがありました。メンテナンスですね。
(車体には「エアエレメントは洗油できれいにしてからギアオイル#80~90を染みこませて硬くしぼってください的なことが書いてあります。)
それも10年以上前。
本日、どうなってるか見てみました。写真はありません。撮影忘れです。
開けてびっくり、フィルター(スポンジ)がありません。無くなっています。
正確に言うと、残骸は一部残ってました。
つまり、スポンジがボロボロになって吸気の勢いでエンジンに入って行ってたんでしょう。
考えると恐ろしいことです。ホンダのエンジンはすごいですね。耐久性がある。
徐々にではあるけれど、スポンジがエンジン内に入って行ってるんですよ。エンジンがおかしくなって当然なのに、普通に回ってくれています。走ります。

さっそくパーツクリーナーでボロボロでオイルでベタベタのスポンジの残骸を除去してきれいにしてから、汎用のエアクリーナーを買ってきてエアクリーナーボックスの形に鋏で切って装着しました。
安いもんです。汎用エアクリーナー1000円ぐらいです。鋏で切るのであと7~8回分残ってます。
ついでにオイルも交換しました。
HONDA純正オイルG3です。100%化学合成オイルです。
落とした廃油は色はまだきれいでした。でも2年以上は入ってたオイルなので酸化は進んでいたと思われます。

それが終わってからCB1100で散歩ツーリングに行ってきました。
いつもの針テラスまでぶらっと。

今日は連休の最終日、かなりのバイクが集まってました。100台以上居たんじゃないかな。すごい光景でした。

Dscf1089


走行距離:118.3km

燃費:18.90km/L

連休の渋滞の影響で燃費はイマイチ伸びませんでした。

 

2014年3月21日 (金)

大阪モーターサイクルショー2014

今日、3月21日(祝金)からインテックス大阪で大阪モーターサイクルショーが始まりました。

去年に引き続き、今年も行ってきました。

Dsc_1945

前日は雨だったのですが、今日は風は強いですがスカッと晴れました。



Dsc_1906

まず一番最初に見たのは DUCATI
ディアベルはマイナーチェンジしたんですね。ヘッドライトがLEDになってました。
そのほかはどこが変わったのか・・・不明。


Dsc_1907


新しいモンスターの1200。去年までの1100EVOより数ランク好みに近づきました。
リア周りがかっこよくなったかな。


Dsc_1908

こちらも同じモンスターの色違い。


次にBMWのブース。

Dsc_1909

ものすごく気になるNine-T。
BMWはボクサーエンジンとシャフトドライブがいいと思います。
もしBMWを買うとしたら、このモデル。


Dsc_1910



Dsc_1911


Dsc_1912
横に張り出したボクサーエンジンがBMWらしくていいです。


Dsc_1913

こちらはR1200R。こちらの方がより現実的に見えます。


次はホンダのブースへ。
Dsc_1914
ここで気になったのが、このCB1300。
無限バージョンです。
このビキニカウルがすごく似合ってます。


Dsc_1915
無限のマフラー。


Dsc_1916

大阪モーターショーのときに跨ってみて「これいい!」と気に入った、CBR650F


Dsc_1917_2

スズキの隼は大人気ですね。 このバイクはモーターショーのときに跨ったので、今回はパス。

けっこう前傾姿勢がきつかった記憶があります。


Dsc_1918

気になる3気筒。ヤマハMT-09。


Dsc_1919

こちらはヤマハMT-07



Dsc_1920
V-Maxもありました。かっこいい~



Dsc_1921
BOLT
このバイクの魅力は、このタンクだと思います。SRに通じる素敵な形をしています。



Dsc_1922
BOLT CAFE(参考出品車)

Dsc_1943
BOLTとは思えない佇まい。


Dsc_1923
並べて置いてあったBOLT。やっぱりこのタンクいい!!
この色も最高ですね。欲しくなっちゃいました。


もちろんSRもあります。
Dsc_1924
何やらエンジンの横にダンパーのようなものがついています。

Dsc_1925
パワービームと書いています。
4輪車でいうところの、ボディダンパーですね。
自動車の場合、ボディ剛性を上げるためにストラットバーなどでボディを補強すると操縦性がアップしますが、棒で補強するのではなくボディのビビりのようなものを減衰させる目的でダンパーのようなものをボディに取り付ける発想を、ヤマハ発動機が開発しました。
いわばこのボディダンパーをバイクに応用したのでしょう。
このパーツは画期的ですね。
ヤマハは今回ひっそりとSRに取り付けていますが、これ、今後爆発的に流行るかもしれません。


Dsc_1926
このマフラーもすごく気に入りました。もし私がSRのオーナーならこのマフラー欲しいです。


Dsc_1927
ノートンのバイクが、こんな形のマフラーですよね。
CBにこの形のマフラー欲しいな。


Dsc_1928

次にカワサキのブースへ。W800のクロームエディションです。


Dsc_1929

写真ではわかりにくいですが、タンクにもクロームメッキがかかってて、すごくきれいでした。


Dsc_1930
Z1000のヘッドライトの低さがいいですね。爬虫類の顔を連想させます。

Dsc_1931

大好きな ZX-14R
もちろん跨らせてもらいました。
ポジションはものすごくいいです。隼は前傾がきつかったけど、このバイクはリラックスできる前傾姿勢です。 


Dsc_1932
憧れます。ZX-14R


Dsc_1933

モトグッチのV7レーサー


Dsc_1934

ハーレーのスポーツスター フォーティーエイト。


Dsc_1935
カスタムバイクコーナーへ行きました。
これはカタナ。すごくきれいな色でした。


Dsc_1936
去年のモーターサイクルショーでも確か出てたバイクですね。
やっぱりこのバイク素敵です。


Dsc_1937

後ろ姿もエレガント。


Dsc_1938

グロム。


Dsc_1939

ゼファー

Dsc_1940
CB750F


Dsc_1941
これはどこかのパーツ屋さんの前に置いてあったCBX。
並列6気筒エンジン。存在感ありますね。



Dsc_1942

ヤマハFZ1FAZER。好きなバイクです。

外では体験試乗会をやってました。

Dsc_1944

待ち時間を見たらどのバイクも100分越え。
ハーレーが比較的短くて60分。

なのでハーレーのフォーティエイトの列で1時間待ちました。
乗った感想は・・・自分には合わない。
特にスロットルの感触。ローで発進する際にアイドリングでクラッチを繋ぐのですが、
そこから1mmでもアクセルを捻ったら・・・いや、1mmだから「触れたら」ですね。
グンッと車体が前に出ます。飛び出すと言った方がいいかもしれません。
イメージとしては、1mmでもアクセルを動かしたらスロットルがパカッと大きく開く感じですね。
クルマで言えば、欧州車ならジワッとアクセルを踏めば踏んだだけジワッとトルクが出てクルマを前に進めますが、国産車のアクセルはジワッと踏んでも急激にトルクが出てパッとクルマが前に飛び出します。
これは「レスポンスの良いエンジン」「トルクのあるエンジン」だとドライバーに感じさせるために少しのアクセル開度でもスロットルが大きく開くセッティングだからです。
今回ハーレーに乗って、これに似た感触を得ました。
低速トルクはすご~~くあります。乗りやすいトルク特性のエンジンです。
なのでアクセルオフからジワッと開けていった時のトルクの出方を、もっと上質にしてほしいと思いました。
そのほかは不満はあまりありませんでした。

いろいろなバイクに乗って感じることはすごくいいですね。




Dsc_1946

本日の南港は風がきつかったです。でもこの青空は最高!!!


2014年3月15日 (土)

CB1100 納車1周年

我が愛車、CB1100の納車は、去年2013年3月16日でした。

本日、3月15日ですが、1周年記念として近くを走ってきました。

月ヶ瀬→針テラス→帰宅のコースです。

Dscf1083


大好きな柳生の西側の大カーブ!今日もここで一枚撮影しました。



Dscf1084

ついでにお気に入りのシートも撮影。



Dscf1085

梅で有名な月ヶ瀬では、ちらほら一部だけですが梅が咲いていました。
山の中なので、平地に比べて咲くのは時期が遅いです。


Dscf1086

またもや「おっ、この角度かっこいいぞ」なんて思ったので、CBさんを撮影。

このあと名阪国道には乗らずに、並行して走る旧R25を小倉まで走り、小倉から針テラスへ。

Dscf1088
そろそろ暖かくなってきたので、土曜日ともなればバイクが多いです。
この前、紀伊半島を走ったときなんてツーリングしてるバイクとすれ違うことなんて皆無でした。平日だったしね。
やっぱりバイクが多いと気分いいですね。
しばらく太陽がぽかぽかの中、次々と入ってくるいろんなバイクを眺めてました。

本日の走行

距離:131.4km

燃費:19.27km/L

納車から一年間で

走行距離:11832.9km

給油量:597.5L

燃費:19.80km/L

まだ一年です。これからも大事に乗って行きたいと思います。

2014年3月 7日 (金)

紀伊半島一周 2014年3月6日(木)

ずっと天候が悪くて、長距離のツーリングになかなか行けなかったのですが、久しぶりに結構な距離を走ってきました。

3月とは言っても、北のほうはまだ道路が凍ってるし、南を目指します。

しかし、、、ここ数日は暖かい日が続いてたのに、今日は冬型の気圧配置。気温も低いです。

目指すコースは、前回紀伊半島一周走った逆のコースを辿ります。
つまり右回り。

奈良から川上村を抜けていくR169のコース。
ただ、和歌山に抜けるには山をいくつか越えます。道路の凍結が心配です。
ここ数日暖かかったので、気温が低くても雪は解けてるだろうと、安易な予測です。

ところが・・・R169を南下してると、向こうのほうに山の上のほうが白くなってるではありませんか。

恐る恐る上って行くと、道路の脇には雪が・・・最初は道路は乾いてたので大丈夫でしたが、大嶽トンネル付近のループ橋の上は若干凍ってます。凍結防止剤が大量に撒かれているらしく、シャバシャバな感じで何とかクリア。
大台ケ原へ行く道路との分岐点、新伯母峯トンネルの入り口付近なんて一番雪が残ってました。
ヒヤヒヤしながらゆっくり通過します。
そこからは山を下るのでだんだん雪は見えなくなるのですが、なんせ気温が氷点下。
トンネル内の落ちている水が凍ってないとも限りません。
神経がすり減りました。
(写真は撮れてません。余裕がなかった)

Dscf1060

無事、道の駅「吉野事上北山」まで降りてきました。
トイレ休憩です。



Dscf1061

途中はこんな神秘的な川の水を見ることができます。


Dscf1062
降りてバイクを見ると、凍結防止剤が飛び散ってます。



Dscf1063
ひや~~。 どこかで洗車したい気分です。


Dscf1064

R42へ出てからようやく紀伊半島の海岸へ出てきました。
前回写真を取れなかった、獅子岩。



Dscf1065

誰かが彫ったの?って思うけど、これが自然にできた岩なんですよね。
自然の神秘です。国の天然記念物だそうです。



Dscf1066
道の駅「パーク七里御浜」で休憩。


Dscf1067

太地町まで来ました。クジラの町です。
くじら浜公園に向かいます。
遠くに見えるのは、捕鯨船かな?



Dscf1068

ここは改修のため、工事中でした。


Dscf1069




Dscf1070_2

梶取崎に来ました。灯台があります。


Dscf1071

くじら供養塔


Dscf1072



Dscf1073


Dscf1074


Dscf1075

きれいな海です。晴れてよかった~。青空最高です。


Dscf1076

橋杭岩まで来ました。本州最南端の町、串本町。


Dscf1077

Dscf1080

本州最南端の道の駅です。



Dscf1079

ここで昼食にします。
道の駅の道路を挟んで向かいにある、「はし杭」さんでそばをいただきました。

Dscf1078

おいしかったです。店の中もお昼時ということもあり、活気があって良かったです。



Dscf1081


このあと、R42を白浜方面へ向かった北上します。

高速道路へは、御坊ICから乗りました。

やっぱり帰りに高速道路を使うのが気分的にも楽ですね。
なので今回は右回りにしました。



Dscf1082_2
吉備湯浅PAでトイレ休憩したのですが、バイクを見て「おっ」と思ったので、撮影。
たまに自分のバイクを見て「おっ、なんかいいぞ」って思うことありませんか?
そう思うたびにうれしくなっちゃいます。

CBさん、お疲れさま。11時間30分の日帰りツーリングでした。

走行距離:491.5Km
燃費:20.30Km/L
カメラ:FUJIFILM X-Pro1 レンズ:XF23mm-F1.4

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »