2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

エキパイ磨き

納車から1年と2か月。我が愛車CB1100のマフラーはノーマルのまま乗っています。
ノーマルのエキパイ・マフラーはステンレスなんですけど、熱で焼けています。
ただ単に焼けて茶色になるのは嫌じゃないのですが、なぜか上半分が黒く斑に焼けています。
焼けているというよりも、汚れが焦げてる?って感じの黒い染みです。
雨の日に走ると路面の水がかかると思われる個所(下の方)は、この黒い染みはありません。
何の汚れだろう?

で、本日、ピカールとYOSHIMURAのステンマジックで磨いてみました。

ところが、この黒い染み、なかなか落ちません。一番手前のエキパイを磨いたところで30分以上が経過していました。
今日は職場のリクレーションでバレーボールをやってきて帰って来てからの作業で、疲れがピークに達したので、この一本だけで作業を終了しました。

Dsc_2019
手前の一本だけ、ピカピカです。新品みたいにステンレスの色になりました。
奥の3本は何もしていません。


Dsc_2020
もう少し大きく撮りました。
奥の3本の中央から上部が、何か黒い斑点のようにシミがついています。
これ、何だろう?オイルか何かが付いて熱で焼き付いたかな?って思いましたが、走行中にこんなところにオイルはつかないですよね。。。
考えられるのは、ディーラーでメンテナンスするときに、特にハンドル周りのグリスアップなどをスプレーのようなもので吹き付けるときに飛んだのか?
そもそもオイルの染みではないのか?

また、一枚目の写真を見てください。奥のエキパイでも下部の方、たぶん雨天の走行で路面の巻き上げた水が当たるところは、この染みはついていません。

よくわかりませんが、とにかく一番手前のエキパイだけはきれいになりました。
他のエキパイは、また今度!ということで。

YOSHIMURAのステンマジックは、ステンレス焼けを取るにはバッチリ効果があります。
ただ、今回の黒い染みを取るには、ピカールとどっこいどっこいの性能でした。

2014年5月29日 (木)

美山・佐々里峠・琵琶湖一周

今日はお休みで、天気も晴れで絶好のツーリング日和。
ということで、今日も走ってきました。

朝早く・・・とはいかず、朝起きれなかったので、出発は7時半ごろになっちゃいました。
平日なのにこんな時間に出ると、朝の通勤ラッシュまっただ中です。
渋滞の中を淡々と進みます。

いつも思うんですけど、バイクで通勤してる人って、かなり危ない運転の人が多いです。
これって大阪だけなのかな?
片側2車線の道路の車線を右へ左へジグザグ走ってクルマを追い抜いていく。
左側を走ってるクルマのさらに左側をすごい勢いで抜いていく。
クルマが進路変更したら、左側のコンビニにさっと曲がったら・・・確実に当たりますね。
通勤で急いでるのはわかるけど、自分の命を懸けてまでクルマを抜きますか?
2輪車の事故が多いと言われる理由がこういうことだとしたら・・・
そりゃ事故が多いですよね。だって命懸けで走ってる人がビュンビュン走ってるんだもん。

R171で京都へ向かい、R162の周山街道へ。


Dcf00093

道の駅「美山ふれあい広場」です。
朝の9時半頃。
写真を撮ろうと思ったら・・・デジカメのバッテリーが切れている。
充電してなかった!!!
以前にもこんなことがあったぞ。学習能力がないのか?
・・・ということで、本日は携帯電話のカメラでの撮影です。


Dcf00094
久しぶりに来た、美山かやぶきの里。
平日の午前中だからなのか、人があまり居ないので、散策する人にはこの時間帯は狙い目ですね。


Dcf00095


Dcf00096

ここからそのまま府道38号線を東に向かいます。
この府道38号線、かなり走りやすい道です。
適度にスピードが乗って、所々タイトコーナーがあって、変化に富んでるので走ってて面白いです。
ただ、佐々里峠に差し掛かる頃には道が細くなり、アスファルトは所々ひび割れて砂が浮いてる感じで、慎重に走る必要があるかもしれません。


Dcf00098
佐々里峠の石室前で記念撮影。


Dcf00099

この時期は新緑が美しいです。


Dcf00100
府道38号線の途中で写真を。

府道38号線から府道110号線へ左折して。


Dcf00101
能見峠です。ここでも写真撮影。


Dcf00102


Dcf00103

新緑が美しい。道路はこんな感じ。
全くクルマが通りません。
周りはかなり静かで、鳥のさえずりが聞こえるだけ。。。
癒されます。


Dcf00104
お地蔵さんを発見。
田舎の雰囲気がすごく良かったです。

その後、国道367号線で北へ向かいます。
ツーリングマップルに載ってる
「朽木そば 永昌庵」さんでそばをいただきました。
第2第3木曜日は定休日だったんですね。今日は第4でした。
休みまではチェックしてなかたけど、良かった~。ラッキーでした。

Dcf00106

Dcf00105
ざる 700円。
けっこうコシのあるしっかりした麺で、私好みで美味しかったです。


Dcf00107
また機会があれば食べに来たいです。

そのままR367を北上するとR303へぶつかるので、右折。琵琶湖へ向かいます。


Dcf00108
湖周道路から一本琵琶湖寄りの道の景色。ここ大好きなんです。

Dcf00109
湖北の海津大崎あたりの景色です。


Dcf00110
前方の山肌を縫うように走ってる道路が、奥琵琶湖パークウェイです。


Dcf00111
今日の琵琶湖は無風で、湖面が鏡のように静かです。

Dcf00112
奥琵琶湖パークウェイの頂上で休憩。
日蔭のベンチで座ってたんですけど、この時期特有の毛虫があちこちから近寄ってきて落ち着きませんでした。

Dcf00113
ふと我が愛車を見たときに「おっかっこいい」と思った瞬間だったので写真を。
自己満足です。
色がイマイチな写真ですが。



Dcf00114
ものすごく静かな湖面です。

このあと奥琵琶湖パークウェイを下って国道8号線から琵琶湖の東側の湖周道路を通り、
彦根からはR307で帰ってきました。
午前中は涼しかったですが、午後から気温が30度。メッシュジャケットでも暑かったです。

走行距離:356.8km
燃費:22.20km/L (もしかしたら今までで最高の燃費かも)
撮影:携帯電話のカメラ

2014年5月24日 (土)

散歩ツーリング 初瀬ダム

今日も朝からいい天気。気温もポカポカツーリング日和。
早朝から出ての本格的なツーリングは別の日に行くとして、今日は近くを散歩がてら走ってきました。

距離的にそんなに遠くないところとして思い付いたのは、
以前はねなしさんがブログでおっしゃってた初瀬ダムに行ってみよう!でした。

阪奈道路からR24→京奈和自動車道→中和幹線→R165→県道38号線で行きました。


Dscf1260



Dscf1261



Dscf1262

すごくいい天気で気持ちがいいですね。
ダムの管理事務所は土曜日なのでお休み(たぶん)で、ダムカードはもらってません。
あたりはすごく静かで、鳥のさえずりが心地よく聞こえます。鴬の声も聞こえました。
日頃のストレスがこういう時に発散されます。

Dscf1263
県道38号線はすごく走りやすくて気持ちのいい道でした。
途中の視界がパッと開けた気持ちのいいところで写真を一枚!

このまま北上して、針テラスでいろんなバイクを見ながら休憩しました。(写真はありません)
最近、針テラスに行くと、ついつい地元の野菜を買っちゃうんですよね。そのためのシートバッグだったりします。

針テラスで停まってるバイクを見ていると、すごくきれいなCBXが停まってました。
かなり古いバイクなので、改造したものや古ぼけた感じのものが多いっぽいですが、今日拝見したCBXは素晴らしくきれいでした。マフラーもノーマルだったと思います。
しばらく見ているとオーナーの方が戻って来られて、少しお話しをさせてもらいました。
これから十津川温泉で仲間と現地集合とのこと。
このCBXの直列(並列)6気筒の音が素晴らしかったです。マフラーがノーマル(たぶん)なのですごく静かなんです。
CBXの当時だと騒音規制も今ほどきつくないハズなのに、今の規制でもパスするんじゃないかってほどマイルドな音でした。
ところが・・・直6エンジンの音はものすごくバランスが良さそうな音です。
今はもうクルマでも直6のエンジンはBMWぐらいしかお目にかかれなくなってしまってますが、CBXの音はまさにこの直6の音!。
この音を聞いて、大きな排気音だけがいい音じゃないんだな~。と再認識しました。
我がCBもしばらくノーマルマフラーのマイルドな音を楽しもうと思いました。

その後はR369で北上して柳生を経由、奈良市内へ向かってR163で帰ってきました。


Dscf1265

大好きな柳生の大カーブで写真を撮って、
奈良市内経由、R163で帰宅しました。
5時間ほどの散歩ツーリングでした。

2014年5月15日 (木)

舞鶴赤レンガ倉庫・海上自衛隊見学 H26.5.10(土)

先週の土曜日、クルマ(GOLF GTI16V)で舞鶴の赤レンガ倉庫と、海上自衛隊の船を見てきました。

Dsc_1981
春らしい晴れた天気で良かったです。

赤レンガ倉庫群

Dsc_1982


Dsc_1985



Dsc_1990


Dsc_1991
赤レンガ倉庫の中は、いろいろなものに利用されています。

お土産物屋さん、展示、カフェ、会議室など。
中は元倉庫だとは思えないほどきれいで素敵でした。



Dsc_1993
中のレストランで海軍カレーを食べました。おいしかったです。


Dsc_1995
ステンドグラスなんかもあります。外の明かりでこんな感じに見えるなんて、自然を利用したアートですね。


Dsc_1996
海上自衛隊の舞鶴港の見学が、土日祝日にできます。この日は土曜日だったので中に入れました。
10時~12時と、13時~15時の2回です。


Dsc_2000
最新鋭のイージス艦です。

Dsc_2002
177番が あたご
奥の175番が、みょうこう(イージス艦)です。


Dsc_2001



Dsc_2005



Dsc_2008


Dsc_2010
この船に乗ることが出来ました。


Dsc_2011

護衛艦 まつゆき


Dsc_2012


Dsc_2013
ハープーンミサイルも装備しています。



Dsc_2016


Dsc_2018

帰りはR162を通って帰りましたが、途中、道の駅「美山ふれあい広場」で休憩。
さすが土曜日、バイクが多数停まってました。
この天気ですもんね。
ツーリングが気持ちいいでしょう~

2014年5月 2日 (金)

VWゴルフ3GTI16V ワックス掛け

我が愛車、94年式のゴルフ3GTI16Vは今年で丸20年になります。

成人ですね。

購入から20年間、毎年半年に一回必ずワックス掛けを行っています。
幸運にも屋根付き、シャッター付きのガレージ保管なので、半年に一回のワックス掛けで新車のような輝きを維持しております。

とは言っても、ワックスをかけるだけではありません。
しっかりトラップ粘土で塗装表面の金属粉、鉄粉の刺さりなどを取り除いてからのワックスです。
普通、手のひらで塗装面をなでると、いくらきれいに洗車した後でも大抵はプツプツと指先に塗装の凸凹を感じると思います。このプツプツは塗装面に刺さった鉄粉の可能性が高いです。
これは洗車しただけでは取れません。カー用品店などで売ってる粘土を使うのです。
最近は一生懸命汗をかいて鉄粉を取るような人は珍しいから売ってないかな?

洗車して汚れを落とした後に、濡れた雑巾で塗装面を濡らしてから粘土で塗装面をなでます。
よ~~く見ると塗装面にち~いさな「点」がついてると思います(黒いボディは見えないかも。でも指でなでると必ずプツプツが感じ取れます)。いくら雑巾で拭いても取れませんが、粘土を数回なでると、その黒い点が取れます。指でなでるとプツプツはきれいになくなっています。

これを塗装面全体で行います。かなりしんどい。

一通りやって鉄粉等を除去して、塗装面がすべすべになってからワックスがけをします。

最近の人は、コーティング+洗車機でザーッと洗って、はいおしまい!でしょうが、10年ほどで塗装の輝きの違いは歴然とすると思います。(というか信じています。じゃないとこんなしんどい作業できません)

で、本日作業しての塗装の状態は・・・

Dsc_1959
この作業のおかげで、20年経ってもこの塗装を維持できます。
そこらへんの新車の塗装にも負けてないと自負しています。
さすがに飛び石などの影響を受けるフロントのボンネットの先端などは傷が多いですが・・・

ボディの後は、プラスチックのモールやバンパー(塗装してない黒い部分)とタイヤに専用のワックスをかけて終了です。

Dsc_1960

これでまた気持ちよく乗れます。ぴかぴかになると気持ちいいですね。


« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »