2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 美山・佐々里峠・琵琶湖一周 | トップページ | ゴリラで散歩 H26.6.11(水) »

2014年5月30日 (金)

エキパイ磨き

納車から1年と2か月。我が愛車CB1100のマフラーはノーマルのまま乗っています。
ノーマルのエキパイ・マフラーはステンレスなんですけど、熱で焼けています。
ただ単に焼けて茶色になるのは嫌じゃないのですが、なぜか上半分が黒く斑に焼けています。
焼けているというよりも、汚れが焦げてる?って感じの黒い染みです。
雨の日に走ると路面の水がかかると思われる個所(下の方)は、この黒い染みはありません。
何の汚れだろう?

で、本日、ピカールとYOSHIMURAのステンマジックで磨いてみました。

ところが、この黒い染み、なかなか落ちません。一番手前のエキパイを磨いたところで30分以上が経過していました。
今日は職場のリクレーションでバレーボールをやってきて帰って来てからの作業で、疲れがピークに達したので、この一本だけで作業を終了しました。

Dsc_2019
手前の一本だけ、ピカピカです。新品みたいにステンレスの色になりました。
奥の3本は何もしていません。


Dsc_2020
もう少し大きく撮りました。
奥の3本の中央から上部が、何か黒い斑点のようにシミがついています。
これ、何だろう?オイルか何かが付いて熱で焼き付いたかな?って思いましたが、走行中にこんなところにオイルはつかないですよね。。。
考えられるのは、ディーラーでメンテナンスするときに、特にハンドル周りのグリスアップなどをスプレーのようなもので吹き付けるときに飛んだのか?
そもそもオイルの染みではないのか?

また、一枚目の写真を見てください。奥のエキパイでも下部の方、たぶん雨天の走行で路面の巻き上げた水が当たるところは、この染みはついていません。

よくわかりませんが、とにかく一番手前のエキパイだけはきれいになりました。
他のエキパイは、また今度!ということで。

YOSHIMURAのステンマジックは、ステンレス焼けを取るにはバッチリ効果があります。
ただ、今回の黒い染みを取るには、ピカールとどっこいどっこいの性能でした。

« 美山・佐々里峠・琵琶湖一周 | トップページ | ゴリラで散歩 H26.6.11(水) »

CB1100」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

ピカール、自分も持ってます(^^)
ほんとbefor after 写真見たいですね。

自分のマフラーも写真ではいいように?見せてますが、Jun☆さんのと同じで、何故かシリンダー直後あたりに斑状の模様?が入ってしまっています。
自分もなんで、この辺だけ?と不思議に思っていたところでした。

はねなしさん>
はねなしさんのW800はチタンエギゾースとですよね。チタンでも斑状の染みは付くんですね。
どちらにしてもきちんと脱脂をして、焼けを防止するのがいいのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エキパイ磨き:

« 美山・佐々里峠・琵琶湖一周 | トップページ | ゴリラで散歩 H26.6.11(水) »