2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

フロントタイヤ交換 2014.7.27(日)

今週の日曜日の夕方に、注文していたフロントタイヤが入荷したと連絡をもらい、早速作業をしてもらいました。

新車の時から付いていたDUNLOP D205 のフロントタイヤ

Dsc_2079
15391km使いました。スリップサインまでまた若干ですが余裕があります。
限界まで使うなら、16000kmぐらいは走れそうですね。
普通にツーリングで使って、たまに峠をがんばる(腕は大したことないですが)ならこれぐらいもつことが確認できました。


Dsc_2081
待望のミシュランです。パイロットロード3
細かく入ったサイプが特徴的ですね。


Dsc_2082
サイズは標準の 110/80R18


Dsc_2083

Made in SPAINのようです。 
クルマのスタッドレスもミシュランを履いてますが、そちらもスペイン工場製でした。

Dsc_2084


Dsc_2085
パイロットロード3

Dsc_2087
2014年14週目の製造です。

Dsc_2086

空気圧はもちろん標準のフロント2.5K、リア2.9kに合わせました。
早く走りに行きたい~~~

2014年7月24日 (木)

CB1100メンテナンス

昨日のツーリングでバイクも少し汚れたし、少しメンテしたいので朝からバイクいじりをしてました。

まずはバイクのフロント周りと、ヘルメットの虫の残骸を清掃から。

その後、チェーンも。油が少し乾いてきてる状態でした。
先日の雨の走行のあとも注油してませんでしたので。

雑誌「バイカーズステーション」で前から特集で書いてた、フロントフォークの空気の補充をしました。
フロントフォークの上部の蓋を緩めて、ゴムパッキンが見えるところまで緩めると、本来入るべきフロントフォーク上部の空気室にしっかり空気が補充できるとのこと。
本来、フロントフォークの上部には空気室があって、そこに空気があって初めてフォークの性能尾が発揮されるのですが、走行しているうちにここの空気が抜けてくるので、たまには上部の蓋を緩めて空気を入れてあげると、性能が回復するらしいです。
フロントフォークを伸ばしてからやる必要があるので、センタースタンドを立ててジャッキでフロントタイヤが浮くまで上げました。

もう一つ、以前から気になってたことを実行しました。
それは、ブレーキとクラッチレバーの磨き。
CB1100のレバーはアルミ製ですが、イマイチ手触りが悪いです。
指のかかる角のところや、表面が、機械で削った後そのままって感じで、触り心地が悪いので、今日は磨きました。

サンドペーパーの150番、350番、600番、1000番で磨いた後、コンパウンドで磨くと。。。
何とピッカピカになって、おまけに指のかかる部分も丸みを帯びて、素手で触るとすべすべ。
これだけで操作系が1ランクアップしたかのようです。
Dscf1315
う~ん、写真ではなかなかこのきれいさは写ってないですね。



Dscf1316
指で触ってみると、断面が丸く、スベスベして気持ちいいです。


Dscf1317
こんなにきれいで触り心地が良いと、社外品のレバーに換えようという気が起きなくなりました。
こうやって愛着が湧くんですよね。


福井県厚揚げの谷口屋さんツーリング 2014.7.23(木)

昨日、23日(木)に、夜勤明けにもかかわらず、会社のバイク仲間8名で日帰りツーリングに行きました。
他の人は朝から出発で、私は仕事が終わってから追いかけるパターンです。

家を出たのが10時少し前。待ち合わせ場所が北陸自動車道の北鯖江PA。
少し時間に余裕があるので、下道で瀬田東ICまで行って、そこから高速に乗りました。
高速に乗ったのが11時過ぎ。待ち合わせに間に合うか心配になります。

結構なスピードで走り、北陸道の賤ヶ岳SAで一回だけ休憩。
Dscf1309
さすがに飛ばすとこのバイク、ハンドルにエンジンの振動が伝わって、バイクから降りたら手のひらがジ~ンとしびれてました。
急いでなかったら法定速度を守りましょう。

なんとか定時に北鯖江SAに到着して合流。
福井北ICを降りて、谷口屋さんへ。

Dscf1310
平日で時間も14時なので空いてました。

Dscf1311



Dcf00093
これが話題の厚揚げ定食です。
厚揚げがケーキのように見えますが、正真正銘の厚揚げです。
写真からは想像できませんが、表面がパリパリで、まるでから揚げの衣のような触感です。
中は厚揚げで、もともとが豆腐なので豆腐の水分がジュワッと出てきます。美味です。
ちなみにご飯はお代わり自由でしたが、お代わりしなくてもおなか一杯になりました。

Dscf1312
帰りに福井県名産の羽二重餅のお店に寄って、お土産を。

Dscf1313


Dscf1314
クルミ入りの羽二重餅を買いました。試食したらこれが一番気に入ったので。

帰りは、越前海岸まで出て、きれいな日本海の景色を眺めてから、敦賀ICから北陸道で帰宅しました。
帰ってきたのが21時。
暑い一日でした。

走行距離:483.3km
燃費:21.61km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1   XF23m F1.4

2014年7月19日 (土)

CB1100タイヤ交換 2014.7.18(金)

先日、タイヤ交換を考えてることをこのブログに書きましたが、タイヤ注文しました。
とにかく私はミシュランの信者なので、フロントにミシュランのパイロットロード3の110/80-18をリアは140/70-18がミシュランに存在しないので、ブリヂストンのT30を。
注文したのは7月11日でした。BSのタイヤはすぐに入荷したのですが、ミシュランのこのサイズは現在日本には在庫がなく、海外から取り寄せるとのこと。
ミシュランの日本の輸入元はラインナップしてるサイズのタイヤを常に在庫してるワケじゃないんですね。
そんなことでいいのでしょうか???

とりあえず、来週にツーリングを予定してるので、先日パンクしたリアタイヤだけでも新品にしたくて、昨日の18日(金)にリアタイヤの交換に行ってきました。

Dcf00093

丁寧な作業で無事交換終了しました。
ただ、帰って来て空気圧を見てみると、2.6キロしか入ってませんでした。
すぐに標準の2.9に合わせました。

オドメーターは、14817kmです。
新車で付いてたダンロップD205は、約15000キロもちました。いや、パンクしなかったらあと数千キロ使えたと思います。




Dsc_2073

ブリヂストン BATLAX T-30 2014年16週の製造です。
新しいタイヤは気持ちがいいです。運転してて断面が「丸い」というのがよくわかります。
前のタイヤがかなり台形だったってことがこのとき実感しました。



Dsc_2074



Dsc_2075



Dsc_2076



Dcf00094

で、早速本日19日(土)に笠置、柳生方面をタイヤの慣らしで走ってきました。
新しいタイヤは滑りやすいというので、慎重に。バイクもあまり寝かせませんでした。

Dcf00095

ということで、途中の柳生の大カーブのところでリアタイヤを見てみました。
最初はこんなもんでいいでしょう。

このあと、家の近くに差し掛かると、ゲリラ豪雨が。
ちょうど給油でGSに立ち寄ってたので、濡れは最小限で済みました。
かなり激しい雨でした。
やっぱりオレって雨男?

走行距離:94.6km

給油量:5.21L

燃費:18.16km/L


帰って来てリアタイヤを見てみました。

Dsc_2077

いちおう端の方まで接地してますね。
ひとまず「新品タイヤは滑りやすい」状態は脱したと思います。

2014年7月18日 (金)

ゴルフ サスペンションのアッパーマウント交換

本日、ゴルフGTI16Vのフロントサスペンションのアッパーマウントを交換しました。
前回交換してから5年ほど経つのと、路面からのショックを直接感じるようになったので、少しヘタってきてるのを感じてたので。

以前からクルマのカスタムをお願いしている、オートハウスプロフィーさんで作業をお願いしました。

Dsc_2065



Dsc_2060
今年の冬にかなりの雪道を走った割には、下回りはきれいでした。
滅多に下回りを見れないので、こういう機会は貴重です。



Dsc_2061



Dsc_2064
フロントサスペンションのアッパーマウント方向を見上げた図。
暗いのでシャッタースピードが遅くて画像が手ぶれしちゃいました。



Dsc_2059
こちらはリア。ダストカバーが破れちゃってるので、今回ついでに交換してもらいます。



Dsc_2066
まずはアッパーマウントの交換から。
ものすごく・・・ではありませんが、そこそこヘタってます。



Dsc_2067



Dsc_2068
右が新品、左が取り外したものです。力がかかるところが変形しています。
何年もほったらかしだと、もっと変形の度合いが大きいです。
今回は早めの交換なので、こんな感じです。



Dsc_2069
リアのスプリング&ダンパーが外れました。


Dsc_2070
左リアのダストカバー。けっこう変形してました。



Dsc_2071
こちらが右のダストカバー。このまま使ってると、ダンパーのロッドに泥水などが付着して寿命を縮めてしまいます。
今回、新品を取り付けてもらって一安心です。



Dsc_2072_2

暑い中、作業ありがとうございました。

2014年7月11日 (金)

台風一過の高野龍神スカイラインと十津川ツーリング

昨日と今日が休みで、昨日は台風8号が接近してたので一日中雨。
今日は台風一過で天気予報は晴れ。
ということで、ここ最近は梅雨で走れなくてストレスがたまってきてたので、今日は晴れることを信じて、走ってきました。

朝6時過ぎに出発。空は青空がちらほら見えてます。昨日の雨が嘘のようです。
しかし・・・南へ行くにしたがって空模様が怪しくなります。

高野山に着く頃には、雨は降ってはいませんが、空はどんより。
今にも降り出しそうな雲行きです。

Dscf1296
道の駅「龍神ごまさんスカイタワー」での一枚。
高野山を過ぎてからずっとこんな霧です。景色なんて全然見えません。
おまけに昨日の台風の影響か、路面は完全なウエットの上、葉っぱや木の枝が路面に散乱してました。
視界も悪いし、路面は最悪やし、バイクはドロドロになるし。。。あまり楽しくありません。


Dscf1297
お腹が空いたので、ここで山菜うどんを食べました。
ごまさんスカイタワーのレストランは10時開店です。開店と同時に入りました。
ダシも山菜もうどんも、すごくおいしかったです。


Dscf1298
食べ終わって外に出てみると、霧が晴れてます。よしよし!



Dscf1299
道の駅「龍神」で小休憩。
ここで売ってたヒノキのまな板が欲しくなったのですが、カバンに入らないので諦めました。
次いつかクルマで来た時に買おうかな。

龍神からは国道425号線と通って十津川へ向かいます。
ツーリングマップルにはすごく細い道と書いてますが、まぁバイクやし大丈夫でしょう。


Dscf1300
しかし、昨日の台風の影響なのかどうなのか、路面は濡れた葉っぱだらけで、木の枝も散乱。落石があちらこちらに落ちていて、ところどころ結構な深さの水溜り。
路面にはあちらこちらに川が出来ていました。
そんな路面で前輪がスリップしようものなら簡単に転倒してしまうでしょう。
おそるおそる、ローやセカンドでゆっくり進みます。
20キロや30キロの極低速、場所によってはローでハンクラでそろそろと進むところもあります。
そんな道路が40キロ以上続きました。辛かった~
台風の翌日じゃなかったら、路面がドライならこんなふうに思わないのかもしれませんが、間違いなくこの道路は私が今まで走った中で一番の酷道でした。
オフロードバイクで走ると何ともないでしょうが、CB1100で走る道ではありませんね。
ちなみに対向車は40キロ走る中でたったの2台でした。


Dscf1301
国道168号線に出てからは北上します。
途中の道の駅「十津川郷」で少し休憩。ここは足湯がありました。



Dscf1302
谷瀬のつり橋です。今日は閑散としてました。



Dscf1303



Dscf1304
確か昔はこのつり橋の下は、ただの石ころだらけの河原だったはずですが・・・
埋め立てて公園のようになってました。
いろいろ観光地化されてますね。
そういえば、この国道168号線、すごく整備が進んでます。
私が初めてクルマの免許を取って走ったときは、まさに酷道と言える狭くてグネグネ曲がった道で、そこをダンプカーが通ってました。
行き違いをする地点を見逃したらえらい目に遭って、ダンプのおっちゃんに怒鳴られ。こりゃえらいとこに来たぞ。って思ったほどです。
そんな国道168でしたが、今では素晴らしい快走路。
十分走りやすい道になったと思うのですが、まだバイパス工事をしてました。
やりすぎはいけません。どれだけ税金を使うつもりやねん!
税金と言うからぼやけるけど、「俺が払った金」を無駄使いされてるとしたら・・・腹立ちますね。
もう十分便利な道路になったから、これ以上太い道にしなくてもいいですよ。ほんと。
そんなところが日本全国にうじゃうじゃあるでしょう。

R168を北上して、五條市に入ったところあたりで、何かバイクにショックが。
私の左腕にプラスチックのようなものが当たった感触もあり。
ん?バイクの何か部品が落下したかな?って思ってバイクを止めて、そのショックのあったあたりへ歩いて行ってみましたが、何も発見できず。

バイクに戻りスタート。100mほど走って何か違和感が。
ん?リアタイヤに何か刺さってるんじゃないか?

気持ち悪いのでコンビニの駐車場へ入り見てみると・・・
なんとボルトがリアタイヤに刺さってるじゃありませんか。
ちなみに私はいつもツーリングの時はパンク修理キットを持参しています。
でもパンク修理するのは初めて。出来るかな?
ボルトの付近に顔を近づけると、シューと空気の漏れる音がします。
ダメだ、抜こう!
抜いてみたら!!!




Dscf1306
なんじゃこりゃ!こんなに長いボルトかいな。おまけにけっこう太い!
パンク修理キットでふさがるやろか?
ドキドキしながら施工しました。


Dscf1307
空気を入れて音を聞くも、シューという漏れる音はせず。
とにかくそのまま近くのガソリンスタンドへ。
そこでしっかり空気を入れてもらって、帰宅できました。

あんなに太い、おまけにあんなに長いボルトが刺さるんですね。ビックリです。
あの太さが刺さったとなると、怖くてもうこのタイヤでツーリングに行くのは怖いです。
溝もなくなってきてるので、新品タイヤを買おうと思います。

Dscf1308
ちなみにフロントはこんな感じ。 14800Km使用です。

走行距離:311.9km

燃費:20.33km/L

カメラ:FUJIFILM  X-Pro1

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »