2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月24日 (月)

CB1100オイル交換

本日、夜勤明けでCBのオイル交換をしました。
前回のオイル交換から4573km使用しました。

前回はカストロールのRS(クルマ用)を試しに入れてみました。
バイク用ではないので、全くお薦めはしませんが、バイク用のオイルって妙に値段が高くて騙されてる気がするので、少し安めのクルマ用を使いました。
ただ、クルマ用とは言っても、どんなオイルでも使えるわけではありません。
省燃費対応のオイルはバイクに使ってはいけません。
省燃費のために摩擦を減らす減摩剤のような物質が入っているそうで、それを入れると湿式クラッチが滑るらしいです。

もう一つ私の拘りは、オイルは必ず100パーセント化学合成オイルを使うこと。
鉱物油は安いだけで品質的に信用できません。

で、前回カストロールRS(もちろん100パーセント化学合成)を安く買えたので使ってみました。
簡単に結果を言うと、そんなに悪くありません。
10W-50と熱に強いオイルなので、空冷エンジンにはちょうど良いと思い、暑い夏に使ってました。
確かに熱には強いようですが、一点だけ感じたことが。
それはシフトフィールです。簡単に言うと「固い」気がしました。
オイルが新しいときにはあまり感じませんでしたが、次第に5速に入れる時に固い印象が出てきて、後半は他のギアに入れる時でも固い時がありました。
ただ、これはオイルのせいなのか、このオイルじゃなくてもこの症状なのかは定かではありません。



Dsc_2399
今回もクルマ用です。

私がクルマのオイルとしては絶大な信頼を置いているMobil1です。
以前から何回かバイクに使っていて、このオイルは大丈夫だと確認できているので、今回も入れました。
今回も5w-40です。

クルマ用のオイルを入れるのは、私が値段をケチるのを目的に自己責任で採用しているのであって、決して他の方にお勧めするワケではありませんので悪しからず。

ただ私はクルマ用でも使えるオイルがあると信じています。

オドメーター:18928km時


(私の)オイル豆知識
何かの本で読んだのですが、日本だけではなく世界中にオイルを販売するメーカー・ブランドは数多くありますが、自社でオイルを生産しているのはほんの数社だけだそうです。
性能が良いと評判のメーカーでも、自社でオイルを生産しているわけではありません。
では何が違うのか・・・
それはブレンドです。
ベースオイルにいろいろな薬品(薬品と言っていいのかな?成分ですね)を混ぜて、目的の性能になるように近づけていきます。
いろいろな性能のバランスをとるために、各メーカーでブレンドの比率を研究しているでしょう。

ここからは私の私見です。
ただ、薬品が増えれば増えるほどオイルの寿命は短くなるのではないかと思います。
薬品それぞれに寿命があり、一つひとつの寿命が来れば徐々に性能は低下していきます。
当然絶妙なバランスでブレンドされたオイルの性能もバランスが崩れるでしょう。
薬品のブレンド比率で成り立つオイルより、ベースオイルのしっかりしたオイルのほうが私は信頼できます。
では、なぜ私はMobil1を好むのか。それはMobilがオイル生産会社だからです。
クルマでMobil1を使ったときのエンジンのフィーリングが私好みだったからです。
なので、Mobilにバイク用のオイルを作って欲しいと願っています。

以上はあくまで私の意見です。
違う意見の方も多く居られることとは思いますが、それで良いと思います。
いろいろ勉強して、知識を増やして、自分で判断して行動する。
自己責任とは、そういうことを言うんだと思います。

2014年11月13日 (木)

富士山ツーリング H26.11.11(火)~12(水)

会社の仲間6名と富士山ツーリングに行きました。

去年は雨のため、全く富士山が見えなかったので、今回こそはとリベンジツーリングです。

天気予報によると、出発日は静岡方面は「雨」とのことなので、二日目に富士山に行くことにして、往きは岐阜県を通って行きます。
天候は曇り。雨は大丈夫そうです。

Dscf1572
国道19号線沿いにある「寝覚ノ床」
メンバーの一人が行きたいと希望されました。
なかなか珍しい岩の形です。自然にああいう形になるなんて、すごいですね。

Dscf1575
寝覚ノ床駐車場の横に神社がありました(名前は見てません)
紅葉が美しい。
全般的に国道19号線沿いは見える山々が美しく紅葉してました。

Dscf1578
寝覚ノ床近くの蕎麦屋「越前屋」さんで昼食を。

そこから諏訪湖を目指します。

Dscf1582
時刻は16時頃でした。
Dscf1583
夕日に照らされると、イチョウの美しさが引き立ちます。


甲府市内のホテルで一泊して、翌日。
天気はイマイチです。
予報では静岡方面が午前中は雨とのこと。
出発時刻を遅らせます。
富士山は見えるでしょうか。

Dscf1587
富士山へ向かう山の途中。
こんな雲行きでは、富士山は見えないでしょう。

Dscf1588
河口湖へ到着。。。。

Dscf1591_2
こっちの方角に富士山が見えるハズなんですが・・・

Dscf1592
修学旅行でしょうか。たくさんの学生さんがボートに乗ってました。

Dscf1594
本栖湖に来ました。

Dscf1596
この方向に、千円札の裏側の富士山の絵と同じ富士山が見えるハズです。



Dscf1597
田貫湖の休暇村富士の下のデッキから見る(ハズの)富士山。

Dscf1598
ここから時期と時間が合えば、このようなダイヤモンド富士が見られるそうです。


帰りに浜松で餃子を食べることに。

Dscf1600
むつ菊さん。



Dscf1599
片面パリパリの皮と、中はジューシーで肉の味が味わえます。

浜松から東名高速に向かう途中に、自衛隊浜松基地の横を通りましたが、
そこから見える夕日がものすごくきれいでした。

Dscf1601
浜名湖SAでは、あたりは薄暗くなってきました。


Dscf1603
夜の運転は特に気を付けないとね。

走行距離:922.7km
燃費:21.54km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1  XF23mmF1.4

2014年11月 6日 (木)

ライディングブーツ購入(PAIR SLOPE)

夜勤明けです。
今年どうしても欲しいものがあり、行ってきました。
京都伏見のPAIR SLOPEさん。
本店は東京です。

Dcf00099



Dsc_2319
買ったのはこれです。(写真は帰って来てから撮影)


Dsc_2320
この箱は・・・

前回はジャケットと鹿革のグローブを買いましたが、今回は以前からものすごく欲しかったブーツです。


Dsc_2321
PAIR SLOPEの R02Tというモデル。 REGALとの共同制作です。
ライディングブーツには見えないでしょう。バイクに乗るときだけでなく普段にも普通に使えます。

Dsc_2322


同時に買ったのは、キーホルダー。

Dsc_2323
PAIR SLOPEの赤とんぼ。

Dsc_2324
同じく愛用します。

ブーツは高価なので、かなり思い切って買いました。
一生もののブーツです。大事に使います。


Dcf00098
PAIR SLOPE 京都伏見店。
趣のある店舗です。古い町家を利用しているそうです。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »