2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 新年プチツーリングH27.1.9(金) | トップページ | 和歌山白崎海岸他ツーリング »

2015年2月 2日 (月)

サービスマニュアルと締め付けトルク

先日、CB1100のサービスマニュアルを手に入れました。
ディーラーで新品を注文したらかなり高額だったので、ヤフオクで探すと手ごろな値段で出品されていたので、落札しました。

Dsc_2421

以前、トルクレンチを購入したときにも適正トルクで締め付けましたが、このときのトルクは、雑誌BIKERS STATIONの記事を参考にしましたが、このときのCB1100は2014年モデルの数値のようでした。
今回サービスマニュアルを手に入れて調べてみると、私の2013年モデルは一部締め付けトルクの数値が違ってるようです。


Dsc_2422
トリプルツリーの下側の取り付けトルクは、44Nmが正解でした。2014年型は39Nmのようですね。


Dsc_2423
上側は、23Nm


Dsc_2424
ここのピンチボルトは、2013年型は22Nmです。
2014年型は26Nmのようですが。


Dsc_2426
エンジンマウントの数値は同じです。
前側エンジンマウントのフレーム側は49Nm。エンジン側は59Nm。
その他のマウントはすべて59Nm。

とりあえず今回適正なトルクで締め付けてみました。
早く走りに行きたいですが、仕事が続いていてなかなか走れません。


ここからは別の話。
私のCB1100は、走行距離2万キロを超えました。

Dsc_2432
現時点のマフラーの排気ガス出口はこんな感じ。
びっくりしませんか?
一昔前のバイクの排気ガス出口なんて、真っ黒けで煤(カーボン)がこびりついてるイメージですが、現代の電子制御のインジェクションだと排気ガスがこんなに綺麗なんですね。
指で触っても指が黒くなりません。こんなにクリーンな排気ガスだなんて。
電子制御で完全燃焼してる証拠なんでしょう。そう思います。

技術の進歩を、こんなところでも見られますね。

« 新年プチツーリングH27.1.9(金) | トップページ | 和歌山白崎海岸他ツーリング »

CB1100」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

パーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サービスマニュアルと締め付けトルク:

« 新年プチツーリングH27.1.9(金) | トップページ | 和歌山白崎海岸他ツーリング »