2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 白浜の円月島を見に | トップページ | 伊勢パールロードツーリング »

2015年3月20日 (金)

大阪モーターサイクルショー2015

大阪モーターサイクルショー2015が3月20日(金)から22日(日)まで開催されています。
初日の今日20日が私の休みなので行ってきました。
やはり平日なので比較的空いてたと思います。
と言っても、さすがサイクルショー、平日にも関わらず大勢の人が詰めかけました・・・と言えると思います。

気になった(好きな)バイクを携帯電話のカメラで撮りました。(今回はカメラは持たず)

あ、その前に、会場に入る前に先に試乗をしました。
サイトでは試乗受付は9:15~と記載されており(開場は10:00)、会場に入る前に受付ができるのかと半信半疑で行きましたが、入場口じゃないところで試乗の受付をしてました。
実際の試乗開始は10:00からでした。
乗ったのはBMWのR-nineT
感想としては、やはり縦置きエンジンですね。空ぶかししただけで車体が右側に押されます。
エンジンは大排気量2気筒らしくドコドコと鼓動を感じました。
低速でもエンジンは気難しいところを見せず、すこぶる乗りやすかったです。
愛車のCBに比べると桁違いに軽いのがわかります。
左右に振ったらヒラヒラとバンクします。
やはりCBは重いのだと思い知らされました。
(写真はありません)

では気になったバイクの写真です。


Dcf00119
BMWのブースに、R-nineTカスタムプロジェクトの5台が置いてありました。
その中で一番好きな、46worksのマシン。
雑誌の写真で見たよりも手作り感満載でした。

Dcf00120
カワサキ H2


Dcf00121
カワサキH2R こちらのほうがスペシャル感がありますね。



Dcf00122
やはり羽がついています。思ったより大きかった。
ダウンフォースを得るためでしょう。コーナリング時にも効くのでしょうか。
実際に効くとなると、今後サーキットで流行るのではないでしょうか。


Dcf00123



Dcf00124
最近は4気筒車を見ると、エキパイが気になります。4本のエキパイの集合の仕方です。
昔からクルマ好きの私は、4気筒の集合方法の常識として、
まず最初に#1と#4、#2と#3を集合させる。
その後、その2本を集合させる。
これは爆発の順番からして、#1と#2もしくは#3を先に集合させてしまうと排気干渉を起こすからです。
排気干渉を起こしにくい#1と#4を先に集合させるのです。

で、写真はカワサキZX-14Rのエキゾーストです。
しっかり#1と#4、#2と#3を集合させています。
なぜこんなことが気になるのかといいますと、アフターパーツのフルエキには4-2-1と言えども#1と#2、#3と#4を先に集合させるメーカーが結構な数あるのです。
たぶん車と違ってバイクの場合はエキゾーストパイプの長さが長いので、エンジン回転数との絡みで、こうしたほうが広い回転域でまんべんなくトルクが出るのかもしれません。

カワサキの場合はZX-14Rもninja1000も、#1と#4が先に集合しているので安心しました。
・・・
なんて、普通の人にはどうでも良い話ですね。



Dcf00125
Z1000のマフラー。
このアルミの質感、ノーマルでもなかなかいいじゃないですか。
試乗会場でもこのノーマルマフラーはいい音出してましたよ。


Dcf00126
ホンダ RC213V-S も展示されていました。
市販されたとしたら・・・いったいいくらぐらいになるのでしょうか。
恐ろしく高価でしょう。

Dcf00127
こちら側のサイドカバーは外されてました。


Dcf00128



Dcf00129
ヤマハ YZR-M1


Dcf00130
そしてこちらが、YZF-R1
このマシン、ものすごく興味があります。
お金さえあれば欲しいぐらい。


Dcf00131
もうすぐ市販されるのでしょうか。


Dcf00132

と、ぐるっと回って撮った写真は以上です。
ほかにもいろいろなバイクがあり、楽しめました。

まだ明日と明後日にも開催されます。
土日はもっともっと人が多いでしょう。

« 白浜の円月島を見に | トップページ | 伊勢パールロードツーリング »

バイク」カテゴリの記事

コメント

H2Rはガンダムの何かのキャラを参考にしてるらしいので
案外フロントの羽は機能うんぬんよりデザイン優先で付けたのかも知れないですね。
個人的にホンダの隠し玉のブルドッグが期待外れだったので
テンション下がり気味です。

若い女性がデザイン担当してるとは思えない位
地味な配色ですしね。

trさん>
コメントありがとうございます。
ガンダムがモチーフですか。空力を考えてないとしたら、あの空力付加物が操縦性をスポイルする可能性も否定できない気がします。

ブルドック・・・確かに。どこかで見たことのあるかのような雰囲気です。
もう一つHONDAで、SFAというバイクが出てました。
まるでヤマハのMT09や07の雰囲気を感じました。
自動車の世界も、バイクの世界も、売れると思ったら模倣したくなるのは同じですね。

まあ羽は空力面の考慮もあると思いますが
本当にそれが最適ならMOTOGPなんかでも採用されているはずですしね。
ファッション性追求はそれはそれで有りだと感じるので嫌いではないです。

ブルドッグはPS250のMT版みたいな感じですかね。
50ccズーマーが売れたんで便乗して作ったのかも知れないです。
ちょっと安易な気がしないでもないですが。

SFAはMT-09というより同社のグロムみたいだなと感じましたね
結構売れているようですし排気量も150前後らしいので
高速道路を走れるグロムを目指したんじゃないかと感じています。

trさん>
なるほど、グロムの排気量アップではなく、新しい車種でグロムの兄貴分を出した感じなんですね。
グロム・・・けっこう売れてるみたいですね。走ってるところをよく見ます。

針ではニアミスでは無かったようですが、インテックスではニアミスしていたかもしれませんね。
私も初日の平日1番から行ってました(^^)

中嶋志郎さんのRnineT、かっこええですよね。

(4輪風に言うと)エキマニはわざと排気干渉を起こさせてトルクを出すってな4AG用のを昔見かけた気もします。
大学で流体力学の授業有りましたがさわりしかわかりませんでした(笑)

はねなしさん>
モーターサイクルショーは初日に行かれたんですね。
それならニアミスしてる可能性大ですね。
土日だと人は多いかもしれませんが、金曜日は比較的観やすかったと思います。

よく排気干渉でトルクアップという話を聞きますが、どうも理論的に納得できないんですよね。
排気ガスなんて抜ければ抜けるほど混合気が入りやすくなって、結果的に力が出る・・・と思うんです。
抜ければ抜けるほど良いと思ってます。
集合管というのは、大気解放(エギゾースとなし状態)よりももっと抜くためのパイプの結合だと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪モーターサイクルショー2015:

« 白浜の円月島を見に | トップページ | 伊勢パールロードツーリング »