2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

四国カルストへドライブ 2015.5.28(木)

久しぶりにクルマで長距離ドライブしてきました。

明石海峡大橋から淡路島を抜けて、いざ四国カルストへ。



Dsc_3001
四国カルストの入り口 地芳峠

ここから上り坂が続くのですが、いたって普通の山道で、写真で見るカルスト台地の雰囲気は全く感じられませんでした。



Dsc_3002
ところが、パッと目の前に広がった景色がこれです。
いきなり目に飛び込んでくるので、感動も大きかったです。
雄大な景色。



Dsc_3006
牛も居ます。牧場になってるのかな?
有刺鉄線で囲まれてました。



Dsc_3012




Dsc_3014
このブログでも、クルマの方はあまり写真を載せてませんね。
’94年型のVWゴルフGTI16Vです。


Dsc_3015
この雄大な景色は、なかなかお目に掛かれないでしょう。
四国にこんな景色のところがあるなんて!



Dsc_3016
天狗高原のロッジです。

ここの向かい側にカルスト学習館というところがありまして、トイレを借りようと思って管理人さんに声を掛けると、17時で閉館してしまいました。
向かいのロッジでトイレを利用してくださいとのことで、ロッジに向かいました。
管理人さんは学習館を閉めてからロッジで駐在らしく、ロッジの方に来られて
「大阪からですか!大阪のどちらですか?」
たぶん私のクルマのナンバーを見て声を掛けてくれたようです。
住んでる土地を告げると、「私数年前までそこに住んでました!生まれも育ちもですか?」
「はい、私は昔から○○ですよ」
「私は二中出身です」
「私は七中です。でも今は二中校区で、息子も娘も二中出身です」
と、地元の話で盛り上がりました。
管理人さんは生まれは高知らしく、生まれてすぐに大阪に引っ越されて、数年前に高知に戻ってここで働いてるそうです。
しかし、こういう偶然ってあるんですねぇ。


Dsc_3019



Dsc_3027

かなり遠くまで行った日帰りドライブでした。
出発は遅く、8時。
帰ってきたのは夜中の1時でした。
でも、素晴らしい景色を堪能できたので、無理して行って良かったです。
また数年後に青空の四国カルストを見に行きたいなって思いました。

走行距離:880km
カメラ:Nikon  D700 AF-S NIKKOR28-300 F3.5-5.6G







2015年5月19日 (火)

オイル交換

本日、オイル交換をしました。
オドメーターは、23666km
前回のオイル交換から4738km使いました。
普通は3000kmで交換する方が多いと思いますが、それだとあまりにもったいない気がして。
今回は5000kmになる前にと思い交換しました。

排出されたオイルは、やはりまっ黒でした。
3000kmの時とは色が違います。
となると5000kmは完全に使いすぎだとして、4000kmぐらいがいいのかも。
次回は4000kmあたりで交換したいと思います。


Dsc_2968

2015年5月18日 (月)

GOLF ワックス掛け

GOLF GTI16Vのワックス掛け実施。
毎年5月と11月の年二回、粘土で鉄粉を除去してからワックス掛けします。
おかげで新車から21年経っても、スベスベピカピカ。新車の塗装を維持しています。

Dsc_2964

2015年5月15日 (金)

弾丸フェリーで行く九州阿蘇ツーリング

前々から弾丸フェリーで九州ツーリングに行きたいと考えてました。
18日(月)に休みがあるので日曜から火曜にかけて行けると思い、構想を練ってましたが、太平洋に台風7号が発生して、そのあたりで日本に接近するかも!と思ったので、
急きょ、13日(水)~15日(金)にかけてに変更して行ってきました。
弾丸フェリーはネット予約だと前日でも予約が取れるので良かったです。

13日(水)19時05分大阪南港を出港です。


Dscf6068

Dscf6090


Dscf6069




Dscf6070




Dscf6072




Dscf6073




Dscf6075
さんぶらわあには、レストランでバイキングが食べられます。1540円でした。
九州行の船内では、九州の食材を使った料理が多数ありました。
味も絶品でした。お腹一杯食べられるのでお得だと思います。
私はもう1プレート取って来て、ほぼ全部の種類を少しづつですが食べました。
満足満足。

船内には風呂もあります。さっぱり出来て気持ち良かったです。


Dscf6076
20時頃、明石海峡大橋の下をくぐります。



Dscf6082




Dscf6086
一夜明けて・・・朝。
慣れない船内なので、あまり眠れませんでした。
揺れはほとんどありませんが、枕が私に合わなかったのが大きな原因だったと思います。



Dscf6088
別府の街です。
あちらこちらから、温泉の湯気が立ちの持ってるのが印象的です。


湯布院までは大分自動車道で行こうかと思ってたのですが、時間に余裕があるので、
県道11号線で行くことにしました。
景色が良いのかどうなのか、、、途中由布岳があるので、そこは景色が綺麗なのかな。

Dscf6093
由布岳を越えたところにある、狭霧台です。
な~んだ、湯布院の街並みが見えるだけかと思ったら。



Dscf6095
この絶景です。奥の山が由布岳。道路は県道11号線です。

その後、やまなみハイウェイを走ると


Dscf6097
有名な長者原です。 
いろんな方がここで写真を撮ってサイトにU'Pされてるので、よく目にする景色ですね。



Dscf6100
長者原には、このような湿原がありました。



Dscf6101
牧ノ戸峠。標高が1300メートルもあります。さすがに涼しかったです。



Dscf6103
先ほどの牧ノ戸峠から下ってくると眼下に景色が広がります。
三愛高原というみたいです。



Dscf6111
阿蘇の外輪山にくると、このような山が広がります。


Dscf6112
普通の山みたいに、どうして大きな木が生えないんだろう?



Dscf6114
大観峰からの景色。



Dscf6117
大観峰からは阿蘇の街が見えます。田植えの季節ですね。
向こうに見える山は、左が根子岳、中央が高岳



Dscf6119
大観峰から西へ県道12号→県道339号へ進むと
有名なあの場所に着きます。



Dscf6121
やはり周りは木の生えていない緑の山。



Dscf6122
ラピュタの道です



Dscf6123




Dscf6125
この写真は最近はあちこちのネットで見れますね。
地元のライダーさん(ハーレーにお乗りでした)が「大阪からですか」と話しかけて下さいました。
2~3年前は地元の人しか知らなかったこの場所が、最近になってすごく有名になって。
この間のGWには県道にクルマの列が出来てたほど人が来たらしいです。
「何かで紹介されたのかなぁ?」とおっしゃってましたが、「たぶんネットの影響だと思いますよ」な~んて会話の後で、景色の良い穴場を教えてもらいました。
地元の人しか知らないそうです。

九州の人って、本当に「ばってん」って言葉を使うんですね。
当たり前とはいえ、実際に聞くと九州を実感しました。

Dscf6128
その後、内牧温泉にある、有名な(らしい)「いまきん食堂」さんへ。
「らしい」と書いたのは、私は知らなかったからです。
行きのフェリーの中でわたしが九州のツーリングマップルを見ていたら、おじさんが「ツーリングですか」と声をかけていただき、いろいろ話すうちにおいしい「赤牛丼」で有名だと教えて下さいました。
お薦めだとのことなので行かない手はありません。
ネットだと11時からとなってましたが、ゆっくり行っても10時40分ぐらいに着いちゃいましたが、もう開店しているらしく、「いまならすぐにご案内できますよ」とのことで、すぐに入店。



Dscf6129
これが赤牛丼です。
一口大のこの赤牛の肉がすごくおいしかったです。牛の肉の味が詰まってます。
手前の緑がわさびで、奥にちょこんと乗ってるのが、赤牛味噌。
二つの味が楽しめました。
赤牛丼1400円でした。おいしかった~



Dscf6130
お土産に赤牛肉のしぐれ煮と、先ほどの味噌を買いました。



Dscf6131
道路沿いには多数の牧場がありました。
これだけ自由奔放に育てられた牛は、きっとすごく健康でしょう。



Dscf6134
米塚(標高954.3m)です。



Dscf6137
草千里


Dscf6139


Dscf6141
高校の修学旅行で、ここ草千里に来ました。もう30年も前のことです。
あの辺りを歩いたな~・・・なんて。



Dscf6140
駐車場は草千里の駐車場。奥の煙が出ているところが、中岳です。
今、阿蘇山は噴煙を上げていて、中岳の噴火口付近は立ち入り禁止だそうです。
ロープウェイも運休しています。


Dscf6144
ロープウェイ乗り場の駐車場。
ここから上へは立ち入り禁止でした。



Dscf6145
白くなっているのは、たぶん火山灰でしょう。



Dscf6147
中岳の駐車場でこのようなものが売られてました。
湯の花?
硫黄の塊ですね。家庭の風呂に入れたら温泉になるんやろか?
入れても硫黄の強烈な臭いに耐えられない気がします。



Dscf6150
これが、ラピュタの道でお会いした地元ハーレーのライダーさんに教えてもらった穴場の絶景です。
箱石峠の脇道の尾根道を少し登るとこの景色が見れます。
向こうのぎざぎざの山が「根子岳」ですね。



Dscf6151
すばらしい景色です。
阿蘇のこのような景色って、関西では絶対に見れないですよね。
九州まで遠いですが、がんばってここまで来るだけの価値はあると思いました。



Dscf6152




Dscf6153
尾根の反対側にはこのような景色が。
向こうに牛が居ました。
野生?まさか。でもここって牧場やろか?



Dscf6158
このまま別府に帰ったら、かなり早くなってしまうので、寄り道しました。
九重夢大橋。
日本一の大きさのようです。

橋を渡るのに500円必要です。(私はパスしました)


Dscf6161
ゆっくり帰ってもまだ時間があまります。
フェリーの出港が18:45。
ならばと別府の地獄を見ようと思い、立ち寄りました。
ここで16時半頃でした。


Dscf6163
数ある別府の地獄のなかで、なぜ血の池地獄にしたか。
それは、ここには中学校の修学旅行で来たことがあったからです。
ここと龍卷地獄に訪れてます。
血の池地獄、龍卷地獄どちらも400円必要です。
どちらか一つにしようと思い、血の池へ。
たぶん修学旅行で来たのは35年ほど前。
池自体はほぼ記憶通りでしたが、、
周りの建物がすっかり変わってるイメージ
懐かしいですね。また見れるとは思ってませんでした。


Dscf6170




Dscf6171
血の池地獄の向かいの民家の路地でこのようなものが。
温泉の水の下水用の溝だと思います。
血の池地獄の酸化鉄などの成分の影響で、溝自体が赤く染まってました。


Dscf6172
帰りのフェリーです。
すこし待たされましたが、乗船時間より少し早目に乗船できました。


Dscf6175
これは一夜明けた大阪湾。



Dscf6176




Dscf6178
さすがに瀬戸内海。船がひしめき合うほどたくさんの船です。



Dscf6179




Dscf6186




Dscf6187




Dscf6190




Dscf6191
大阪南港が見えてきました。



Dscf6194




Dscf6195

大阪南港には、定刻から10分遅れの、6:45に到着しました。
朝のラッシュが始まる時間ですが、阪神高速で帰ると家には7時30分には着きました。
3日間とはいえ、出発は夜で帰ってくるのが朝なので、実質的には2日間分の時間で九州ツーリングができたことになりますね。

さんふらわあの旅、けっこう気に入りました。
次は志布志便で鹿児島方面に行きたくなりました。

走行距離:376.3km
燃費:21.09km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XE23mmF1.4

2015年5月 1日 (金)

美山・佐々里と琵琶湖一周

ゴールデンウィーク突入です。
私は明日2日から6日まで仕事なので、今日が唯一のお休みです。
ということで、バイクで走ってまいりました。

天気予報は完全な晴れ!大阪の予想最高気温は28度。
暑いでしょうが、晴れということできれいな青空が期待できます。


Dscf6042
美山のかやぶきの里



Dscf6044
かやぶきの里から府道38号線を東へ走り、佐々里峠を目指します。
交通量も少なく、すごく走りやすいです。
途中の川では、こんなにきれいな景色が見ることができます。



Dscf6045




Dscf6046


Dscf6049
新緑がまぶしいですね。思わず停まって写真を撮ってしまいます。


Dscf6048









Dscf6052
佐々里峠に到着。



Dscf6050
ここではまだ桜が咲いてました。
山桜ということと標高が高いということで、今が満開のようでした。
桜が見れるとは思ってなかったので、うれしかったです。



Dscf6054




Dscf6055




Dscf6056




Dscf6058




Dscf6059




Dscf6060
広河原スキー場。 たぶんゲレンデ一本だけだと思います。
冬にちゃんと営業してるのかな?


Dscf6061


Dscf6064
国道367号線沿いの朽木旭屋さんでお蕎麦を頂きました。
道の駅「くつき新本陣」の少し南側です。
「十割そば」の看板が目印です。



Dscf6062




Dscf6063
ざるそばと鯖寿司セット。
少し値段は張りますが、それだけの値打ちはありました。
お蕎麦はコシがあっておいしいし、鯖寿司も絶品でした。
空いてるときはサービスですと、コーヒーとよもぎ餅までいただきました。
ありがとうございました。

R367からR303で琵琶湖へ
奥琵琶湖を回って、湖東から帰ります。



Dscf6065
奥琵琶湖



Dscf6066

奥琵琶湖パークウェイを走り、R8→湖岸道路
彦根からはR307で大阪まで帰りました。
今回は高速道路はナシ!

朝6時半に出て、帰ってきたのは17時。10時間半のツーリングでした。

走行距離:361.4km
燃費:22.48km/L  
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF23mmF1.4R

最近燃費が伸びるようになった。なぜだろう?
無意識に走り方が変わっただろうか?

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »