2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

パールロードから道の駅「紀伊長島まんぼう」

秋のツーリング日和。
今日は伊勢のパールロードを走ってきました。
パールロードから国道260号線を西へ向かい、道の駅「紀伊長島まんぼう」で、まんぼうの串焼きを食べたいなということで、朝6時に出発しました。

Dscf6523
パールロードの好きな景色のところ。
カーブをくるっと曲がると、この景色が目に飛び込んできます。
もうちょっと晴れてたら言うことないんだけどな~



Dscf6530




Dscf6532
国道260号線沿いの景色のいいところで撮影しました。
曇ってて空が白いと、露出の設定が難しい。
どうしても暗い写真になってしまいます。



Dscf6533
漁船が漁に出ていくところでしょうか。
多くの漁船が一斉に出ていくところでした。



Dscf6534
R260からR42に出てすぐのところに、道の駅「紀伊長島まんぼう」はあります。
ここの名物、まんぼうの串焼きを食べたかったのですが、まんぼうが捕れなくて品切れ中だそうです。
11月に入ってからだと網にかかるかな~・・・とおっしゃってました。
いつ食べられるかは未定ですね。



Dscf6535
せっかくなので、サメの串焼きを頂きました。
味は、店員さん曰く、まぐろみたいな食感ですとのこと。
食べてみたら、まぐろみたいでした。ただ、味がしっかりしてておいしかったです。
サメなんて初めて食べました。



Dscf6536
その後、R42を伊勢方面へ走り、R368へ。
伊勢から奈良方面へ抜ける、伊勢本街道です。
この国道368は、一部所謂酷道です。かなり細いクネクネ道ですが、バイクなので対向車が来てもすれ違いはOKです。
写真は、その酷道の景色の良いところです。(アングルがイマイチですね)


Dscf6538
ようやく晴れた!って感じです。
秋晴れのスカッとした空気だと、遠くの山がはっきり見えて、青空とのコントラストが素敵でした。


前回、マフラーが軽くなって、左右のバランスがどうこうと言いましたが・・・
今日走ってみて、全く問題ありませんでした。
結局、私の乗り方が悪かったのでしょう。
バイクの上で身体が固まってたのかな。
柔軟にして自由に態勢をとると、バイクが気持ちよくまっすぐ走ってくれました。

排気音も乾いた低音で、回転を上げると快音で、しかし適度な音量なのでうるさくなくジェントルな雰囲気で走れる良いマフラーだと思います。
走ってて気持ちよかったです。
クルマを追い越すときも、ノーマルマフラーよりトルクが増えてるので加速が良いですし。
特に3000回転以上だとびっくりするぐらいトルクがモリモリです。
ノーマルで十分だと思っていましたが、いやはや、パワーというのは魔物ですね。
虜になってしまいます。

走行距離:444.9km
燃費:21.49km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XE23mmF1.4R

※マフラーを換えて燃費がどうなるか気になってましたが、
  変化なしですね。

2015年10月26日 (月)

マフラー交換 アールズギア・ワイバンシングルフルエキ

ついにCB1100のマフラーを交換しちゃいました。
ノーマルのマフラーも、けっこう好きだったんですけどね。
交換したいと思った最大の理由は、重量です。
ノーマルは、エキゾーストパイプも含めた全体で10kg以上もあるらしく、これをチタン製の軽いものに換えたいなというのが、そもそもの理由です。
音量的にはノーマルでも不満はないのですが、音質はどの程度変わるのかの興味もありました。

数あるマフラーメーカーの中で、私が選んだのは、
アールズギアの、ワイバン

昔から私が思っていたのは、4気筒のエンジンの排気管は、4-2-1が一番効率が良いということ。
エキゾーストなんていうものは、抜ければ抜けるだけ高性能だと思っています。
よく「抜けすぎ」だとトルクが薄くなるとかいう人が居ますが、根拠はなんなんでしょう?
燃えた後のカス(排気ガス)なんてすべて外に出してしまって、より多くの混合気を吸い込むのがパワーの秘訣です。

昔は、エンジンの排気ポートに全く抵抗がないのが、最もパワーが出ると思われていましたが(大気解放)、実は緻密に計算されたエキゾーストを付けると、そのエキゾーストの長さによって、排気脈動によってある回転数では排気ガスを「吸い出す」ことが出来ます。
つまり大気解放よりも、吸い出す方が、より排気ガスを外に排出出来るということです。
多くの排気ガスを外に出すことが出来れば、ガソリンを含んだ混合器もより多く吸い込めるということです。

で、4気筒エンジンの排気ガスを効率よく外に吸い出せるのが、4-2-1集合なわけです。
CB1100用で4-2-1集合のマフラーは、ワイバンしかありません。
他はほとんどが4-1集合です。
スリップオンは、ノーマル(4-1集合)ですしね。

ノーマルのマフラーのデザインがけっこう気に入ってたのですが、ワイバンも、ものすごくノーマルに似た形をしています。

Dsc_3551
ノーマルの排気管です。ステンレス製です。
これはこれで、いい形だと思います。
メーカーが開発しただけあって、よく考えられています。たぶん等長。



Dsc_3552
若干ボテッとした感じですが、嫌いではありません。



Dsc_3553




Dsc_3554
ワイバンマフラーが到着しました。



Dsc_3555




Dsc_3556
箱を開けるのはドキドキしますね。
予想通り、箱ごと持ち上げてもすごく軽いです。



Dsc_3557
中身を出しました。
左にあるガスケットは別に頼みました。



Dsc_3558
ノーマルのサイレンサーを外したところ。



Dsc_3562
ここが排気ポートです。
古いガスケットを外すんですが、ビシッと張り付いてました。
小さいマイナスドライバーで慎重に外したところです。



Dsc_3561
黒いのが古いガスケット。ピカピカの銅色が新品です。
古い方は、外すときに一部変形させてしまってます。



Dsc_3563
ガスケットは、このようにはまります。



Dsc_3564
一気に飛びますが、装着完了です。



Dsc_3565
ノーマルマフラーとあまりデザインは変わりませんね。



Dsc_3566





Dsc_3567




Dsc_3568
チタンの排気管を手曲げする際に、バーナーで炙った時に、このような虹色になるそうです。
ワイバンマフラーを検討している時に、果たしてオイル交換やオイルフィルターの交換がやりにくくなるのではないか・・・ということが懸念されました。

ネットでいろいろ情報を調べてみましたが、なかなかそういう情報や、画像は無いものですね。
なので、私がここで、このマフラーを検討されている方の参考になればと思い、写真を掲載しますね。




Dsc_3569
オイルフィルターは、2番と3番の排気管の間にあります。
フィルター交換で外す際にオイルが下に垂れても、排気管にダラダラ掛かることはないでしょう。



Dsc_3571
近くで見ると、このチタン製のサイレンサー、なかなか質感がいいです。
ノーマルのステンレスとは、ワンランク気品が高いような印象を持ちました。



Dsc_3573
オイル交換も、問題なく出来ると思います。
こんな感じの排気管の取り回しです。

で、今日は夜勤明けだったので、この後少し昼寝して、夕方から試走しました。
印象ですが・・・

まず、エンジンを掛けて、排気音は勇ましい音がします。
ノーマルと比べての話なので、当然ですね。ノーマルが静かすぎるのでしょう。
アイドリングでクラッチを繋いでするすると出発します。
やはり、勇ましい音だな~という印象。
ジワッとアクセルを捻り、アクセル開度が低く2000回転ぐらいの時に、ドロドロという音がします。
この音はどこかで聞いたことがある音だ。そう、スバルの水平対向4気筒のマフラー交換したクルマの排気音!あの音と同じ種類の音です。
あのドロドロとした独特の音は、水平対向エンジンの排気管が気筒によって長さが違うからだと聞いたことがあります。
最新のスバルの水平対向は、工夫をして排気管の長さは等長になっているので、BRZや、トヨタ86の排気音は、マフラーを換えても昔のスバルのドロドロとした排気音にはなりません。

我がCBも、スバルの水平対向エンジンのような排気音がするのは、たぶん排気管の長さが等長ではないからだと思います。
私が撮った下から覗いた写真を見ればわかりやすいと思いますが、左1・2番気筒の排気管がクネッと曲がって、右3・4番の排気管より長くなっているのがわかると思います。
つまり、等長でないから、独特のドロドロとした排気音になるのだと推測しました。

街中で他のクルマと同じようなペースで走る状況だと、アクセルもあまり開けないので、ノーマルマフラーとの違いは、音の違いぐらいで、トルク特性などは分かりにくいです。

郊外に出て、アクセルも開け気味で回転も上げてみると、ノーマルに比べてかなりトルクがあるのがわかります。
ノーマルでもかなり速いですが、3割ぐらい上乗せしたようなイメージです。
エンジン音も、2000回転あたりのドロドロではなく、レーシーな気持ちのよい、抜けの良さそうな音がします。

2時間ぐらい走ってて、一点だけ気になったところがありました。
無意識にハンドルを持つ手に力が入っています。
手をフローティングさせようとすると、体を右寄りにしないとまっすぐ走りません。
理由を考えてみると、右側のマフラーの重さが、ノーマルに比べて7kg程軽くなっています。
つまり左右の重さのバランスが変わったのが理由だろうか?と推測です。
ただ、タイヤがある程度摩耗してますので、ノーマルマフラーの時の減り方のクセが付いてて、その状態で重さのバランスが変わったことの影響なのかもしれません。
しばらく乗り方の研究など、様子を見たいと思います。

走行距離:82.9km
燃費:19.1km/L
カメラ:NIKON D700    AS-F28-300mm F3.5-5.6

2015年10月12日 (月)

琵琶湖一周ツーリング

今日も走ってきました。
今回は峠を越すようなコースはなかったので、寒さはマシでした。
ただ、昼間もひんやりな気温で、日陰に居ると少し肌寒い気候になってきました。

今回は琵琶湖を一周しました。
湖西から湖北を回って、東側を南下して帰ってきました。

琵琶湖一周は何回か走ってるので、今回は行ったことのないところ行ってみました。

Dscf6425
今じゃ湖西はR161のバイパスがかなりの距離完成して、湖北へのアクセスが便利になりました。
今回は旧R161を走ってみました。なんだか懐かしい気持ちになります。
高架線をビューっと走るのもいいですが、やはり私はクラシックな昔ながらの国道を走るのが好きです。
この写真は旧161号線からJR湖西線と琵琶湖を狙って撮影しました。



Dscf6427
近江舞子の琵琶湖と反対側にも沼があり、その向こうに比良の山並みが見えます。
青空が気持ちよかったです。



Dscf6428
近江舞子の砂浜です。
まるで海のよう。



Dscf6432



Dscf6434
白砂青松100選に選ばれているそうです。



Dscf6435




Dscf6436
定番の白髭神社にも、ちょっとだけ寄りました。



Dscf6438
前回のブログで書いた、ホンダ純正のメーターバイザー。
デイトナのブラストバリアーよりは小ぶりです。
小ぶりになって良かったところは、ある程度の速度になるとハンドルが以前より軽い・・・
というか、フリクションが無くなったようなスッキリとした味になった気がします。
たぶん、ブラストバリアーは正面からの風の影響を受けて、ステアリングが自然に切れるのをある程度妨げていたのかな?という感じです。
小さくなっただけでこれだけステアリングの味が変わるんですね。

あと、ヘルメットに当たる乱流ですが、やはりこちらの方が影響が少ないです。
ヘルメットの耳のところにはメーターバイザーで乱された空気は当たらないのでしょう。
ヘルメットには、正面からのきれいな風が当たってるような、サーという音になりました。
(すこ~しだけですが)




Dscf6440
少しずつ秋になってきました。



Dscf6449




Dscf6451




Dscf6453
道の駅「塩津海道あぢかまの里」で、鴨そばを頂きました。
以前にも食べたことがあって、美味しかったので、今回も!



Dscf6454
道の駅「湖北みずどりステーション」で休憩。

このあと、道の駅「草津」でも休憩しました。

走行距離:299.2km
燃費:21.9km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF23mmF1.4R



2015年10月 9日 (金)

丹後半島一周ツーリング

バイクツーリングが気持ちのいい季節になりました。
朝は山を越える時に少し寒いですが、日中は汗ばむ陽気。
服装には十分気を付けないとね。

冬になると雪で走れなくなる日本海側に今のうちに行っておこうと思い、今日は丹後半島一周ツーリングに向かいました。
丹後半島はバイクに乗り始めてから何回か行ってるので、少しマンネリ化してきてますが、豪快な日本海を見ると、元気がもらえる気がするので、ついつい足が向いてしまいます。

Dscf6397
道の駅「美山ふれあい広場」
平日の金曜日で、朝早くだと、バイクは誰も居ませんでした。



Dscf6399
県道16号線のループ橋



Dscf6403
伊根の港で記念撮影。
この場所は定番ですね。



Dscf6404
道の駅「舟屋の里 伊根」からの眺めです。



Dscf6407_2
国道178号線の途中の、私のお気に入りの場所です。
この風景が大好きなんです。今回も撮影しました。



Dscf6414
海はけっこう波がきつくて、少し荒れてました。



Dscf6416




Dscf6419




Dscf6421
経ヶ岬の駐車場で



Dscf6422
波が砕けた勢いで、辺り一面が霧のように白っぽくなってました。



Dscf6423
丹後松原 だそうです。看板が出てました。

なかなか気持ちの良いツーリングでした。
海はやっぱりいいですね~


ところで、、、皆さんのヘルメットは風切音はいかがでしょう?
例えば高速道路で100Km/Hで走った時、耳元でぼ~~~~という大きな風切音がしませんか?
どうなんだろう?
最初の頃は、1時間以上高速道路を飛ばした後、SAで休憩してる間中、耳鳴りがする程でした。
おかげで耳の機能が老化してる気がします。
若い人だけが聴こえるモスキート音ですが、50代以下の人なら聞こえるという12000HZが私には聞こえません。
ショックでした。たぶんヘルメットのせいだと思います。

私のCBのヘッドライトのところには、デイトナのブラストバリアーという風防を付けていますが、この風防で追いやられた空気(風)が、渦を巻いてヘルメットの耳元から首にかけて当たってる気がしています。
なので、このブラストバリアーを外すか、最初に付けていたホンダ純正のメーターバイザー(小型)に付け替えようと考えています。
いろいろ試してみよう。

走行距離:399.7km
燃費:21.35km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF23mmF1.4R

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »