2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 和歌山ツーリング 湯浅、白崎海岸、あらぎ島の棚田 | トップページ | CB1100ハンドル交換 »

2016年2月 7日 (日)

乗車姿勢(ライディングポジション)

私のCB1100は、2013年式です。

CB1100が2010年にデビューした当時は、ハンドルバーの形状の違いから、Type1とType2という2種類が存在していました。
現行モデルと同じハンドルバー形状のType1。
これとは別に、若干高さが(確か)20mm低くて23mm遠くて、幅が40mm狭いハンドルのついた、Type2が存在しました。

私が購入した2013年モデルには、既にType2はカタログから無くなっており、Type1しかなかったのですが、ディーラーで納車前にType2のハンドルに付け替えてもらって納車してもらいました。(もちろん別料金)
なので、2013年型ですが、Type2なんです。

シートはK&H製のシートに換えています。つまり着座位置は20数mm高くなっています。
つまりハンドルと相まって、若干前傾するということです。

購入から3年間、ずっとこの乗車姿勢で乗ってきましたが、のんびり走る時には、もうちょっと姿勢が立った姿勢の方が楽なのに・・・というのはずっと思ってました。

ノーマルのハンドルバー(Type1)はもちろん持っています。
なのでいつでも元に戻せます。
その元に戻すべきか、今のままで乗るべきか・・・迷いに迷っています。

ということで、どれぐらい変わるのか、写真を撮って検証したいと思います。



Dsc_3605_2
これが現行のType2ハンドル+K&H製シートの組み合わせの乗車姿勢です。
若干前傾しています。
これぐらいは前傾とは言わない?
実際乗車している時の感覚よりは実際には立ってますね。
乗ってるときはもっと前傾してるフィーリングです。なので疲れやすいかも。


Dsc_3607
こちらがType1(ノーマル)のハンドルを想定しての乗車姿勢。
約20mmアップ、20mm手前に手をフローティングさせて撮影しました。
やはり姿勢は立ちますね。

さて、ハンドルを付け替えようかどうしようか・・・

来週車検なので、車検を過ぎてからゆっくり考えたいと思います。

« 和歌山ツーリング 湯浅、白崎海岸、あらぎ島の棚田 | トップページ | CB1100ハンドル交換 »

CB1100」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

パーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乗車姿勢(ライディングポジション):

« 和歌山ツーリング 湯浅、白崎海岸、あらぎ島の棚田 | トップページ | CB1100ハンドル交換 »