2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 新年初ツーリング 伊勢パールロードと、エンジンの調子 | トップページ | アイドリング回転数と、その後のエンジンの調子 その2 »

2017年1月 5日 (木)

アイドリング回転数のその後

昨日のアイドリングのその後です。

今日、CBのエンジンを掛けてみたら・・・直ってません。
始動直後は1800回転ぐらい。
しばらく暖機して1500回転ぐらいまで落ち着いたので、スタートしようとギアをローに入れると、なんと2000回転を越えて2500回転近くまで上昇するではないですか。
そのまま走るも、昨日と同じ症状。

ディーラー(ホンダドリーム)が今日から営業してるので、少し見てもらうことにしました。
症状は出てるのですが、コンピューター診断機につないで始動したら、問題なし。
1100回転で静かに回ってます。
故障のログもなし、各センサーからの信号も正常に受けてるとのこと。
原因もわからず、症状も影を潜めているので、これ以上どうしようもないとのことですが、
とりあえずコンピューターをリセットしてもらいました。

その後、帰りに少し遠回りして帰ったのですが、道中は正常なアイドリング。エンジンブレーキもしっかり効いてます。
コンピューターのリセットで直ればいいのですが・・・しばらく様子を見ます。

« 新年初ツーリング 伊勢パールロードと、エンジンの調子 | トップページ | アイドリング回転数と、その後のエンジンの調子 その2 »

CB1100」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

う~ん、相当気になる症状ですね。何よりも楽しく走行できないし、気分が悪いですよね。多分ECUのプログラムではなさそうな気はします。

自分もホンダは適当なメーカーって認識です。バイクの種類を多くするよりも、種類は少なくてもいいのでしっかり作りこんでほしいですけど、そうはならないでしょうねえ・・・

前社長のときは品質は一番最低だったかな~。トヨタを追うという無謀なことをしないで足を地面につければよいのにと思いますね。

やっさん>
書き込みありがとうございます。

その後の症状ですが、ディーラーに行った一週間後にエンジンを掛けて100キロ程走りました。
その時は症状は直ってました。
始動直後はエンジンが冷えているのでアイドリング回転数は1500回転あたりで回りましたが、暖気が済んでからは1100回転で静かにアイドリングしてくれましたし、エンジンブレーキもしっかり効いてました。
たぶん、ディーラーでコンピューターをリセットしてもらったのが効いてる気がします。

ですが、一つ疑問が・・・
なぜ、コンピューターがこのような制御をするようになったのか?学習機能?
アイドリング回転数を高くしたり、エンジンブレーキが弱くなるような学習を私がしたのでしょうか?

新車から3万キロ過ぎても好調だったエンジンの制御が、4万キロ手前になって急にコンピューターが変な学習をしたのか?
ますますもって意味がわかりません。

我が家のVWゴルフ3GTIは、94年モデルで23年目を迎えています。当然インジェクションなのでコンピューター制御です。
クラッチのつなぎ方も発進のしかたも、エンジンの回し方も、車もバイクも同様の乗り方です。
ホンダのバイクだけこのような変な学習をするようなコンピューターなのでしょうか?
そういう制御なのでしょうか?
「やっぱりホンダだから」ってあまり思いたくないのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイドリング回転数のその後:

« 新年初ツーリング 伊勢パールロードと、エンジンの調子 | トップページ | アイドリング回転数と、その後のエンジンの調子 その2 »