2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

京都府美山~佐々里峠へ半日ツーリング

今日も走ってきました。

あまり遠くへは行かず、朝から昼頃までの散歩感覚のツーリングです。

行先ですが、今まで冬で北へは行けなかったですが、3月も末になってきたので、少し北へ行くことに。
ということで、美山~佐々里峠を通るルートで行ってきました。

Dscf7590
亀岡から京北町へ抜ける、R477です。
このR477って、近畿地方の山をグネグネ縫うように走る道路ですが、どこもこのような酷道ですね。
この辺りは、ほとんど自動車が通りません。


Dscf7592
かやぶきの里で記念撮影。



Dscf7596
美山から佐々里峠へ向かう途中。



Dscf7597
川の水がものすごくきれいです。



Dscf7598




Dscf7600
佐々里峠へ向かう途中は、4月が目の前なのに、雪が残っています。
道路はほぼドライで、雪解け水で所々ウエットなので、走行には全く支障はありませんが、雪がこれだけ残ってるとは思いませんでした。

ちなみに大阪は最高気温が19℃で、桜が開花しました。


Dscf7604




Dscf7609
佐々里峠です。
ここはほんとに「峠」という趣を残しています。



Dscf7610




Dscf7611
滋賀県内に入り、ほのぼのとした風景。
ここも雪が残っています。



Dscf7612
おまけです。
大津を抜けて、瀬田川を下って行くと、新名神高速道路の建設が始まってました。
瀬田川を渡る橋ですね。
近年に建設される高速道路は、ものすごく高いところを走りますね。
高層ビルじゃあるまいし。
建設費もどんどん高くなる。
もっと安く作る方法がありそうな気がしますが・・・


走行距離:234.6km
燃費:20.91km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF18mmF2R

2017年3月24日 (金)

ジーライオンミュージアム

大阪港の天保山にある、ジーライオンミュージアムに行ってきました。

赤レンガ倉庫を利用した、なかなかシックでおしゃれなミュージアムです。

Dscf7589
こんな感じで、赤レンガ倉庫を利用したミュージアムです。
カフェとステーキハウスが併設されています。

ミュージアムの拝観料は、1500円でした。



Dscf7554
入り口を入ると、T型フォードが最初に目に飛び込んできました。



Dscf7555
すごく落ち着いた雰囲気で、じっくりと観ることができます。



Dscf7556




Dscf7557




Dscf7559
ダットサンも、こんな車を作ってたんですね。



Dscf7560
モーガン



Dscf7561
MG



Dscf7562




Dscf7563




Dscf7564




Dscf7565




Dscf7566




Dscf7575



Dscf7567
メルセデスベンツのリムジンと書いてました。
大きさに圧倒されますが、それよりもこの存在感の方がすごいと思いました。
これ、いいですよ!現代のクルマにはない何かが感じ取れます。



Dscf7568



Dscf7569
おなじみ、フェラーリディノ246GT。フェラーリはこの一台だけでした。



Dscf7570
ルノーアルピーヌ



Dscf7571




Dscf7572




Dscf7574
このサイドビュー、素敵です。



Dscf7576
バイクも置いてました。
CB1100R



Dscf7578
カワサキZ1とZ1R



Dscf7579
フェアレディZ 奥にはコスモスポーツ



Dscf7580
Z432



Dscf7581
私の大好きな、ケンメリGT-R



Dscf7582
ケンメリってこんなに大きかったっけ?って思うほど大きく見えました。
5ナンバーサイズでしたっけ?



Dscf7586




Dscf7583




Dscf7584




Dscf7585
ハコスカのサイドパネルって、こんなに垂直なんですね。
ハコスカと言われる由来でしょうか。
しかし、この雰囲気は、現代のクルマにはないですね。
この違いってなんなんでしょう?
設計者の魂が込められてるから?
確かにこの時代は、作り手が「いいもの」を送り出そうという意識が強かったんでしょう。
現代のクルマは、設計するにあたっていろいろな制約の中で作るので、このような作り手の魂みたいなものはないんでしょうね。




Dscf7587
510ブルーバード1600SSS
ちょっと車高を落としすぎな気はしますが、この車もほれぼれします。



Dscf7588

写真はすべてのクルマではありあません。もっといっぱい置いてます。
1500円でこれだけ貴重なクルマを観ることが出来るのは、価値があると思いました。
(クルマ好きな人じゃないとわからないかも・・・ですが)

2017年3月23日 (木)

三国越林道(京都府・三重県)

以前から気になってた、三国越林道を走ってきました。
京都府から三重県へかけて、国道163号と並行して走る感じで東西に延びてます。

ここに林道があることは知ってましたが、どんな道なのか
ものすごく狭くてクネクネしてるのか、舗装されてるのか、岩がゴロゴロ落ちてるのか。
期待と不安がありましたが、とにかく走ってきました。


Dscf7545
どんな道か・・・路面は完全に舗装されていました。
なので、ロードタイプのバイクでも全然平気です。
途中はこのようにお茶畑があちこちに点在しています。
さすが、京都の和束町が近いだけのことはあります。



Dscf7546
途中にこのような案内板がありました。



Dscf7547
念願の林道開通だったのでしょう。



Dscf7548_2
広いところは、こんな感じです。




Dscf7549
全線的にこれぐらいの道幅です。
自動車でもすれ違いに苦労することはないと思います。



Dscf7550
山の尾根を走る感じなので、このような景色がところどころ見ることが出来ます。



Dscf7552
こんなところがあったりもします。

加茂町の街並みが見えたり、上野市方面が見えたり、眼下に国道163号が見えたり。
いつも走ってるところが上から一望できるというのは、気持ちがいいものです。

峠を攻めるという走り方はふさわしくない道路ですが、のんびり自分のペースでリズミカルに走れる道だと思います。
他車はほとんど走っていません。すれ違うクルマもほとんどありませんでした。

身近なところにこんな道路があったんですね。

走行距離:149.0km
燃費:19.58km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1  18mmF2R






2017年3月18日 (土)

2017大阪モーターサイクルショー

2017大阪モーターサイクルショーに行ってきました。

夜勤明けだったので、さっさと出かけて、早めに帰ってきましたが、写真をいくつか撮ってきましたので、アップします。

Dscf7509
DUCATI スクランブラ―のカスタムですね。
カッコいいと思います。


Dscf7510




Dscf7512
私の好きなNinja1000も、モデルチェンジされました。
スマートで男前になったきがします。
都会的・・・というのかな。そんな感じになりましたね。


Dscf7513
ノーマルマフラーの質感は悪くないと思います。
このまま気に入ってノーマルマフラーのまま乗るのもおしゃれでいいのではないでしょうか。



Dscf7514
ヤマハ MT10


Dscf7515
顔つきがターミネーターみたいで、あまり好きではありません。
しかし、コンセプトは素晴らしいと思います。
中身はYTF-R1。すごいですね。


Dscf7519
MT10のオプションパーツ装着車。
ウィンドプロテクションとナックルガードがいいですね。
ツーリングメインなら、このオプションいいのではないでしょうか。



Dscf7516
こんなXSR900のカスタムも。



Dscf7517
これもXSR900のカスタム。


Dscf7518
ここ数年、この形状のナンバー取り付け方法が流行ってますね。
あまり好きではありませんが。
だって、バネ下重量が重くなりますよね。1gでも軽くしたいところなのに。



Dscf7520
丸山浩さんがインタビューしてました。
番組はたぶん「Like A Wind」
放送日はいつだろう?


Dscf7521
ホンダをブースが見つからないな~って思ってたら、黒のイメージカラーのブースでした。
ホンダっていつも赤じゃなかったっけ?
イメージチェンジですか?


Dscf7522
気になっていた CB1100RSのカスタマイズコンセプト。
アルミのバフ掛けできましたか。


Dscf7523
ホイールはシルバー・エキゾーストがチタンですね。虹色に輝いてます。



Dscf7524
ビキニカウルは、CB1100がデビューした当時の無限カスタマイズに付いていたアルミのビキニカウルの形状にすごくよく似ています。

Dscf7525




Dscf7526




Dscf7527
チタンのマフラーは、モリワキの2本出しでした。



Dscf7528
シングルシートカバーがついています。
これは、ノーマルシートの上に取り付けるのだろうか?
座面はノーマルっぽいですが。

Dscf7529
こんな感じです。


私のK&H製のシングルシートの方がかっこいいと思います(自己満足)
・・・ていうか、この色合い、私のシートのカラーパターンをパクった?(なワケないですね)



Dscf7530
憧れのCBR1000Rも展示されていました。
新型になりましたね~


Dscf7531
CRF250Rallyの顔。
周囲のカーボン風のデザインは、プラスチックです。たぶん。


Dscf7532
モンキー50周年記念車


Dscf7533
今やモンキーにも触媒がついています。
触媒の後ろの配管は、一周とぐろを巻いてからサイレンサーへ。
時代ですねぇ。



Dscf7534
50周年の色違い。



Dscf7535
これでも空冷ですか?フィンはないの?
水冷?(そんなワケないですね)
味気ないデザイン・・・これも時代ですねぇ。



Dscf7536
マルケス車



Dscf7537
ハーレーのスポーツスターのカスタム。
低いハンドルにバックステップ。
こんなのを作るなら、BUELLを復活させればいいのに。



Dscf7539
ブレイクアウトのこの太いリアタイヤは、憧れます。
リアタイヤの太いバイク、大好きなんです。



Dscf7540
トライアンフ THRUXTON-R
カフェレーサーですね。



Dscf7541
けっこう注目されてました。


Dscf7542
ボンネビルの後ろ姿・・・ちょっと惹かれました。



Dscf7543
DUCATIブースにディアベルがないな~って思ってたら、目立たないところにありました。
X-Diavel R というバイクがありました。
X-Diavelと言えばフォワードコントロールなのに、これはミドルでした。
というか、普通のディアベルの位置にステップがあります。
これならディアベルでいいのに・・・と思ったのは私だけ?

以上、気になったバイクのご紹介でした。

2017年3月12日 (日)

ゴルフ3GTI16Vバッテリー交換

ゴルフのバッテリーを交換しました。

前回交換したのが、2012年5月。
バッテリー本体のインジケーターはまだ「緑」でまだまだ使えますが、もうそろそろ5年になります。
セルを回すときは、ラジオがオフになるので、負荷がかかった時は電圧がかなり下がるのが分かります。

ということで、先日近所の某自動車用品店へバッテリーを観に行ってきました。

現在使ってるバッテリーは、BOSCHのシルバーXバッテリーで、私の車種に合うのは
SLX-6Cという型番です。
某自動車用品店で値段を見ると・・・¥39,000-もします。
5年前のメモを見ると¥30,000-でした。
¥39,000-はちょっと高いなと思い、その時は購入せず、家に帰ってからネットで検索すると・・・

なんと、同じ商品が2万円もせずに手に入るではないですか。
なぜこんなに安いのか?よくわかりませんが。
例えば、国産メーカーでも、日本で作ってるものと中国で作ってるもので値段が違うとか、トラブルが起こった時の保証が、正規で買ったものでないと付かないとかがあるのかとは思いますが。

私が買ったのは、某自動車用品店の値段の3分の1の値段で手に入りました。

Dsc_4416
これが送られてきた品物です。
某自動車用品店に置いてたものと同じものです。
ちなみに、どちらもMADE IN KOREAです。
関係ない話ですが、韓国製で¥39,000も支払うのは、やはり抵抗があります。
パナソニックでも同様のバッテリーはあるみたいで、それならMADE IN JAPANで大金を支払う気にはなりますが。



Dsc_4417
ゴルフGTI16Vのバッテリーは、車両左側の黒いカバーが掛かってるところです。



Dsc_4418
新旧のバッテリーを並べてみました。
外見は全く同じです。
プラス極の赤いカバーの形状が若干違いますね。



Dsc_4419
取り外したバッテリーのマイナス極に、白い粉が吹いてました。
これのせいでバッテリーが弱ってる気がしたのかもしれませんが、
5年使ったバッテリーです。交換しましょう。



Dsc_4420
取り外しも取り付けも簡単です。
ただ、ラジオの選局がリセットされてしまったので、その再設定が邪魔臭かったです。

これでまた5年間はバッテリーは大丈夫でしょう。

2017年3月10日 (金)

三重県香落渓へ散歩ツーリング

天気が不安定ですが、すこし散歩程度のツーリングへ。

行先は、三重県の香落渓~曽爾方面へ。

Dscf7501

このような渓を縫うように走ります。
ここは紅葉の季節がすごくきれいだそうです。
今は冬・・・こんな感じですね。



Dscf7502




Dscf7507
曽爾高原近くの、鎧岳をバックに。


今日は青空が出てるのに、たまに雨が降ったり、雪がちらついたり。
数日前に春一番が吹いたので、もう暖かくなると思ったけど、まだ冬なんですね。


Dscf7508
ハーフウエットの路面をけっこう走ったので、バイクも汚れました。
帰って来て洗車。
綺麗になりました。

走行距離:185.1km
燃費:20.25km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1  XF23mmF1.4R

2017年3月 6日 (月)

びわ湖一周ツーリング

天気がイマイチでしたが、走ってきました。

天気予報では南に低気圧があって、南部は雨で、北部と中部は曇りとのこと。
北を目指すことにしました。
久しぶりのびわ湖一周

Dscf7475
湖岸道路の桜並木です。
まだ蕾も見えないぐらいの桜ですが。



Dscf7483
貫川内湖と書いてました。
湖西線に変わった車両が走行してました。
在来線版のドクターイエローかな??



Dscf7497
マキノのメタセコイヤに寄ってみました。
遠くの山が雪で白いのがいいですね。
メタセコイヤに雪が積もってたら綺麗なのになぁ



Dscf7499
琵琶湖


走行距離:297.0km
燃費:21.89km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF18mmF2R


« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »