2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« ミシュラン試走 | トップページ | 円成寺(奈良県) 2017/5/10(水) »

2017年5月 3日 (水)

風切音

CB1100に乗り始めてからずっと思ってたことがあります。

それは風切音です。

CB1100を購入するときにオプションでメーターバイザーを装着しました。
このメーターバイザーはお腹あたりに当たる風圧の低減には効果がありましたが、風切音には効果はありませんでした。
高速道路を100キロで走ると、「ご~~~」というか、「ぐぉ~~~」という低音の騒音が耳元で聞こえます。

しばらくそのまま乗ってたのですが、少し大きめのバイザーにすれば空気の流れが変わるのではないかと思い、デイトナのブラストバリアーを装着。
確かに胸から下への風圧は低減されるのですが、耳元の騒音は逆に大きくなったきがしました。
例を挙げれば、B+COMのスピーカーの音量を最大にしても、100キロで走ってる時は風切音にかき消されて聞こえなくなるほどの騒音・・・と言えばわかってもらえるでしょうか。

その後、シックデザインのロードコメットというビキニカウルを購入し装着。
同じく体に感じる風圧は低減されますが、耳元の騒音は同じく効果がありません。

試しに100キロで走りながら手の平を使って風の流れを調べてみました。

正面からまっすぐに来る風は、ビキニカウルの上面を越えてヘルメットのシールドあたりに直撃します。
中心線から少し左右にずれたところの風は、私の肩のあたりに当たります。
胸のあたりからお腹にかけては、風が舞ってる感じです。
耳元の騒音なので、手を首元に当てて風を遮ると、この「ぐぉ~~」という騒音はかなり低減されます。
つまり、肩から耳元にかけてにあたる風が騒音源のようです。
なので、真冬にネックウォーマーを首に巻いて乗ると、この騒音もかなり静かになるのです。

その辺のところが次第にわかってくると、もっと静かなヘルメットに買い替える必要があるのかな・・・ということまで考え始めました。

ところが、先日、100キロで走ってる時に、スタンディングしてみました。
そうしたらどうでしょう、今まで聞こえてた「ぐぉ~~~~」という騒音が、「サー」という騒音に変化しました。
音圧的にはあまり変わらないのかもしれませんが、音質が「サー」というさわやかな音になったではありませんか。
で、シートに座ると、いつもの「ぐぉ~~~」がまた聞こえます。
つまり、ヘルメットが原因ではなく、ビキニカウルが原因だったようなのです。

で、本日、ビキニカウルを外して、正真正銘のネイキッド状態で走ってみました。
そうすると、普通に100キロで走ってても、先日のスタンディングの時のような「サー」という音質の風の音でした。
断然、こちらの整った風の音の方が心地よいです。

ビキニカウルやスクリーンで、高さの低いものは、高速で走ると押しのけた空気が、その後ろでかなりの乱流となってヘルメットの首元から耳元に当たり、その音が耳を圧迫するのでえしょう。
カウルを着けた状態で走ると、胸からお腹のあたりの空気が不規則に震えて舞ってることから、空気の乱流によるかなり大きな騒音をヘルメット越しに聞いてるのだろうと思います。

ネイキッド状態で走ると、確かに体に風圧を感じます。
しかし耳元の騒音でB+COMの音が聴こえないほどの轟音を聴いて何時間も走ってると難聴になりそうで、そんな思いをするよりは風圧が多少強くても「サー」という心地よい音で走れる方がよっぽどいい気がします。

さて、せっかく購入したビキニカウル。耳元の騒音(耳元への空気の乱流)さえ解決出来たらまた装着したいのですが・・・
何かよい方法はないものでしょうか。


Dcf00194
ビキニカウルを外した姿・・・
すっきりしていいもんですね。
奈良県月ヶ瀬で撮影。

« ミシュラン試走 | トップページ | 円成寺(奈良県) 2017/5/10(水) »

CB1100」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

パーツ」カテゴリの記事

コメント

私も、高速の風切音で音楽が聞こえにくいなあと思っていたところでした。ヘルメットかなあそれとも加齢のせいかなあ(悲しい)……ヘルメット交換かあと思いつつボロ屋のメンテと草刈りと新しいオーディオのセッティングで忙しいからと知らん顔を決め込んでいました。(笑)
ビキニカウルも同じ物なので、いろいろヘルメットを物色せずに助かりました。感謝。
あまり乗っていないにも関わらず、良く見るとあちこちサビが出てきています。メンテ(といってもワックスぐらいですが)しては、車庫へお戻り…の繰り返しが悲しい今日このごろです。
またぜひいい情報をお聞かせください。

うらとらまんさん>
書き込みありがとうございます。
わたしもヘルメットで静かなものを物色してたのですが、やっぱりいろいろやってみるもんですね。

ビキニカウルを外して実験してみましたが、カウルなしで音楽が快適に聞こえるかは実験していません。
音量の差というより、音質が「さー」という風に変わったのが大きい気がします。

あ、そういえば、100キロで走ってる時に今までマフラーからの排気音が風切り音のせいで聞こえなかったのが、今回はちゃんと排気音が聞こえてたので、音量自体も静かになってると思います。

上半身にかかる風圧を低減しながら騒音も減らせる方法・・・
なんとか探したいと思います。

はじめまして、私も同じロードコメットのエアロスクリーン装着しています。
身長やメットの形状とポジション次第だとは思いますが、胸から上あたりに本来全身で受けるはずだった風が集約されますよね。
ある程度以上速度を出すと、ネイキッド状態よりも首が疲れるなと思っていました。
それはさて置き、あまり飛ばさないせいか騒音は気になったことがありませんでした。
違いがあるとすれば、私はガイラガントレットもつけているので腕周りの風が少し違うのかな?
今度、機会があればビキニカウルを外してみたくなる記事でした。

ますおさん>
書き込みありがとうございます。
風切り音は、気にしないと気付かないんだと思います。
私もロードコメットエアロスクリーンをつけてしばらく走ってましたが、あまり気になっておらず、
音よりも風圧を体に感じる頻度が減った効果を体感していました。

高速道路を走ってて、B+COMの音が聞こえなくなるので、そこから気になり始めました。

先日、再びロードコメットを着けて走りましたが、気にし始めると80キロでも風の音は確実に大きいことに気づきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風切音:

« ミシュラン試走 | トップページ | 円成寺(奈良県) 2017/5/10(水) »