2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 舞鶴 日本海ツーリング | トップページ | CB1100オイル交換 »

2017年5月23日 (火)

パンク

前回、ツーリングに行こうと思っていつも通り空気圧を測ったら、
リアが1.5kpaしかありません。

センタースタンドを立ててタイヤの全周を観ましたが、何かが刺さってるようではなさそうです。
なので、正規の空気圧(2.9kpa)に充填してからツーリングに出かけました。

2日後に空気圧を見てみると、2.5kpaに下がってました。
これはホントに何か刺さってるのでは?と思い重点的に調べてみると。

Dsc_4586
このようなものが刺さってました。
よ~~く観ないと発見できないぐらい小さなもので、タイヤトレッドに白い点に見えてました。
刺さってる状態で水をかけてみると、かすかに「シュワシュワ」言ってました。
先が尖っていて、全長は5mm程度。
金属ではなさそうに見えます。
こんなものでもパンクするんですね。
もしかして以前からずっと刺さっているのに気づかず、タイヤが摩耗するに従ってどんどん中へ刺さって行ったのかもしれません。



Dsc_4585
手持ちのパンク修理キットで修理しましたが・・・こんなもんでいいでしょうか。
2~3日後にもう一回空気圧を測って、下がってなかったら一応OKということで。
走ってて取れることは無いよう、祈ります。(たぶん大丈夫)

このタイヤ、10,000km以上使用していますが、まだ溝が残ってるので、しばらくはこの状態で乗ることになるでしょう。

それよりも調べてて気が付いた。
そろそろオイル交換しなくては!!!
6000kmぐらい使ってる。

« 舞鶴 日本海ツーリング | トップページ | CB1100オイル交換 »

CB1100」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

パーツ」カテゴリの記事

コメント

自分も同じようなのが、前輪に松江でささってスタンドで空気をいれながら、愛知の自宅まで帰ってきましたが、田舎のスタンドだと車用の長い棒の付いたエアコンプレッサしかなくて、死にそうでした。後輪も長野で刺さって曲がるときに自然とドリフトみたいに横ずれしていく経験をしましたよ。

かわうそくん>
書き込みありがとうございます。
バイクのパンクはツーリングに行く時のいつも付きまとう心配事の一つです。
クルマだったらスペアタイヤがありますが、バイクにはないですもんね。
なので、いつもパンク修理キットと、小さな空気入れを携行しています。
今までに和歌山に行った帰りに、太いボルトが刺さってのパンクで、道路脇で処置したことがあります。
今回は徐々に減っていく状況だったので、家に帰って来てから発見しました。
とにかく、パンクだけは嫌ですねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンク:

« 舞鶴 日本海ツーリング | トップページ | CB1100オイル交換 »