2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 醤油発祥の地、湯浅の角長さんへ醤油を買いに | トップページ | CB1100オイル交換 »

2017年12月 6日 (水)

ゴルフのサスペンションと試走

私のクルマ、ゴルフGTI16Vには、ビルシュタインの車高調整サスペンションがついています。
以前から車高をノーマル比で落として乗ってましたが、乗り心地と操縦性に少し不満が出てきたので、車高を上げました。

車高を下げる理由は主に「カッコ良さ」です。

乗り心地と操縦性の何が気に入らなかったか。
乗り心地で言えば、路面からの突き上げと、荒れた路面でのショックの吸収の仕方。
ガツンという突き上げは、おそらくバンプストッパーに当たっている音。
バンプストッパーはゴム製ではなく、ウレタン製のハズ。なので極端な「ガツン」でななくソフトな当たりなのですが、普通に走ってて、つまり荷重が1Gの状態でもストッパーに当たってた気がします。ストッパーのストロークしかサスペンションが動いていないのではないか。
サスペンションの縮み幅は20mmとか30mmしかなかったかもしれません。
なので、荒れた路面でも、まともに路面の荒れを車体に伝えてきてたのだと想像できます。

操縦性で言えば、例えばフロントサスペンション。
車高を下げていたので、下回りを見ると、ロアアームに上反角がついています。
つまり万歳してるような角度ですね。
これは操縦性で言えば、うれしくない状態です。
理想はヤジロベーのように、下反角がつかないといけません。
1Gで接地しているときから縮側にストロークしたときに、トレッド幅が広がるか縮むか。
上反角(万歳)からさらに腕を上にあげると、トレッドは狭くなります。
逆に、下反角(ヤジロベー)からさらに腕を上げると、トレッドは広がります。
つまり路面からショックを受けたときに、かたやトレッドが狭くなり、もう一方はトレッドが広がります。
同じ路面からのショックを受けてもクルマが逆の反応をしてしまうのです。
どちらが理想か・・・トレッドが広がってくれた方がいいのです。
路面からのショックを受けたときにロアアームの角度のおかげで踏ん張ってくれます。サスペンションに張りを感じれます。バネの硬さは同じなのにね。

以上の理由から車高を上げた方がよいと判断し、20mm~30mm車高を上げました。
重心が高くなってコーナリングでロールが大きくなるのでは?
いえいえ、大丈夫です。横力が掛かりロールしようとしたときに、ロアアームの角度でアンチロールの力が働きます。
実際、今日走ってみて、山道もちょっと頑張って走ってみても、ロールが大きくなったとは微塵も感じませんでした。
逆に踏ん張ってくれてるのがよくわかります。

Dsc_4903
真横からの写真です。
こんな感じ。(ちょっと陰で分かりにくいですかね)



Dsc_4904_2


Dsc_4905
フロントタイヤを拡大してみるとこんな感じ。
これでもまだノーマルの車高よりは若干低いかもしれません。



Dsc_4906
リアタイヤ。



Dsc_4907_2
せっかく車高調整のサスペンションを入れてるのだから、ローダウンしなくちゃっていうのが普通の考え方ですが、実際のサスペンションの機能を考えると、ローダウンはその機能を殺してる気がします。
メーカーは膨大なテストをしてサスペンションを設計します。
多少のモデファイはいいですが、車高を変える際には注意が必要だと思います。



Dsc_4908
大柳生の私の大好きな景色の場所で撮影。
もう冬の景色ですね。


Dsc_4909
走ってみての印象ですが、まずステアリングの手ごたえが素直になったのと、若干軽く感じました。
路面からのショックは、サスペンションがちゃんと機能してるのが実感されます。今までのローダウンでは、やはり予想通り、サスペンションの緩衝装置としての機能が殺されてました。ダンパーの減衰力も生きてなかったでしょう。
操縦性は、大満足です。ロールが増えることもなく、サスペンションのストロークが増えたことによるフワフワ感も皆無です。
ビルシュタインのダンパーはさすがです。

走行距離:145.6km
燃費:10.4km/L
カメラ:NIKON  D700  AF-S28-300F3.5-5.6

« 醤油発祥の地、湯浅の角長さんへ醤油を買いに | トップページ | CB1100オイル交換 »

VW GOLF3」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

パーツ」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフのサスペンションと試走:

« 醤油発祥の地、湯浅の角長さんへ醤油を買いに | トップページ | CB1100オイル交換 »