2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月28日 (水)

丹後半島へ

ようやく私の休みで晴れました。
今日は快晴です。
久しぶりにちょっと遠くへ走りに行きました。

目的地は丹後半島にしました。
冬の間は雪で行けませんでしたが、ようやく北へ向けて出発です。

Dscf8354
いつもの福井県道16号線のループ橋。



Dscf8355




Dscf8356
去年も同じところで写真を撮ったような。
ループ橋が建設される前の、旧道から高層な橋を見上げます。



Dscf8360
今回は伊根をゆっくり散策しました。



Dscf8362




Dscf8363




Dscf8374




Dscf8394




Dscf8395
平日にもかかわらず、観光客が少なからず来ていて、中国人観光客もちらほら。
日本のあちこちで観光地化されていきますね。
活性化していいのではないでしょうか。
古いものが新しくなっちゃうと少し寂しいですが。


Dscf8396
浦嶋神社という神社がありました。
説明を読むと、浦島太郎の物語の発祥の神社だとか。
丹後半島が発祥だったとは。
浦嶋子という人を祀ってるそうです。



Dscf8401




Dscf8400




Dscf8404
経ヶ岬にも立ち寄りました。



Dscf8406
蕾が膨らんで、今日・明日にでも咲くでしょうね。
大阪や京都はほぼ満開ですが、日本海側はやはり桜前線が遅いのですね。
今年はまだ3月なのに満開なんて、珍しいですね。



Dscf8410
水晶浜に初めて行きました。
鳴き砂で有名です。



Dscf8414
夕日が浦の海岸にも行きました。
静かでいい雰囲気です。

帰りは京都縦貫自動車道で一気に帰ってきました。
高速道路で帰ってくるのは、楽でいいですね。

走行距離:423.6km
燃費:21.98km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF23mmF1.4R

2018年3月16日 (金)

大阪モーターサイクルショー2018

インテックス大阪で開催されている、大阪モーターサイクルショー2018に行ってきました。
今年は3月16日(金)~18日(日)の開催です。

Dscf8316
ホンダCB1000Rです。
なかなかカッコいいのですが、今流行りのリアのナンパ―プレートのステーがスイングアームに直付けされてるタイプ。
これがイマイチ好きではありません。とくにこのCBの場合、すごく低い位置になってます。
もう少し上ならいいのになぁ。



Dscf8317
去年だったか、ステージの上に置いてあったので大きく見えましたが、
自分と同じ高さに置いてあるのを見ると、すごくコンパクトに見えました。
しかしこのバイクが2000万もするとは。



Dscf8319




Dscf8320
BMWのR1200RS
すごく気になっていたバイク。シートも低くて足つき性がいいです。
ただ、意外だったのは、メーター回りが何となく安っぽく見えたのは気のせいでしょうか。
期待しすぎたのかな。



Dscf8321




Dscf8322
素のR-nine-T
いろんなバージョンがありますが、私はこの素のRnineTが好きです。
200万以上しますが。
またがってみましたが、水平対向エンジンを上から見下ろすのが何とも言えず羨ましいです。


Dscf8323




Dscf8324
DUCATIのスクランブラー マッハ2.0というタイプみたいです。



Dscf8325
このタンクのカラーリングがいいです。



Dscf8327
ディアベルディーゼル。
シートが素敵です。



Dscf8328
人気が高いですね。Z900RSのカフェ



Dscf8329
H2のツーリングバージョン?のSX
ツーリング先でお目に掛かれることがあるでしょうか。



Dscf8331




Dscf8335
カスタムバイクコンテストの中にあったZ900RS



Dscf8336




Dscf8337




Dscf8339
カスタムバイクの中では、これが一番気になりました。



Dscf8340
ターボチャージャー。
こんな付け方ありますか?面白い!



Dscf8343
RZのカラーリング



Dscf8344
ハスクバーナのブースにこのようなバイクが。
400ccです。
コンパクトで乗りやすそうで、すごく気になりました。


Dscf8345
バイクの名前・・・なんて読むのだろう?



Dscf8346
スズキはSV推しですね。

Dscf8347


本日は朝から雨で、試乗会は空いてるだろうと思い行ってみると、
思ったより空いてたので並ぶことに。
乗りたいのは、CBR1000RR。
雨の中2時間弱待って乗れました。1時間ぐらいなら並ぼうと思ったのですが、結局2時間弱でした。1時間待てば乗らずに帰れません。

前傾姿勢のバイクですが、意外と乗りやすい。
シャシーの剛性感も感じれました。ただ、試乗コースが狭く距離も限られてるので、バイクの特徴とかってわかりずらいです。

そのあとで各ブースを回って、帰る前に試乗会を覗いてみると、ハーレーのソフテイルのFATBOBが20分待ち。
これはチャンスと思って、試乗しました。
ドコドコというトルクが気持ちよく、車体をバンクさせたときのステアリングアクションに特徴がありました。
このバイクはやはり高速道路をまっすぐに走るのが得意なんだということも、この極々短い試乗の中でも実感できましたよ。
ハーレー恐るべし。

2018年3月15日 (木)

夜勤明けの散歩ツーリング

明日は休みですが、天気は雨。
しかし、大阪モーターサイクルショーに行きます。
なので、バイクに乗る機会というのが無く、今日ぐらいしかないので、夜勤明けですが、少し走ってきました。
しかし、花粉が飛んでるようで、目が少しかゆいです。


Dscf8310



Dscf8311

今日はいつもの奈良県道33号線で笠置経由でぐるっと一周走りました。
距離にして80キロ程。
気温は寒くもなく、すこし暑いかなという感じですが、バイクで走っていると気持ちのいい気温でした。

やはり、フロントフォークが馴染んできました。
新品の時に比べると、格段に路面のショックの吸収の仕方が上質になってきました。
さすが、SDBVです。
これだけ違うとなると、例えば社外品のオーリンズの高級なフロントフォークを装着したら、もっと素晴らしい動きになるのでしょうね。

サスペンションは奥が深いです。
それに、ノーマルとの違いが体感できて良かったです。

なかなか気持ちのいい散歩でした。

走行距離:80.8km
燃費:21.55km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF23mmF1.4R

2018年3月 7日 (水)

月ヶ瀬方面へ+フロントフォークの感想

せっかくの休みである、明日3/8と明後日の天気予報が雨ということで、
バイクに乗れそうにありません。

なので、本日3/7は夜勤明けなのですが、晴れてるので少し走ってきました。

行先は国道369を使って月ヶ瀬方面へ。
出来ればそこから県道80号と81号で名張から曽爾高原方面は足を延ばしたかったのですが、名張へ着く頃には南の空がどんより曇ってて、雨が降りそうな雲行きでしたので、
残念ながら予定を変更して、やまなみロードを通って針テラス経由で帰ってきました。

走りたかった理由は、車検整備の時についでに交換してもらったフロントフォークを味わいたかったのです。
Dscf8294




Dscf8295




Dscf8298




Dscf8299


本日は160キロほど走ったのですが、やはり前回の下したてのフロントフォークは新品なので動きに渋さがあったようで、今日走ってるうちにどんどん渋さが取れて、綺麗にストロークするようになってきました。
最初乗った時はノーマルとSDBV(ショーワデュアルベンディングバルブ)の違いはあまり感じ取れないという第一印象でした。
しかし、今日乗ってみると性能は大きく違うことに気づけました。

先日少しだけ乗った時の印象と同じで、縮側も伸び側もどちらもしっかり減衰が効いています。
やはりサスペンションとはこうでなくっちゃね。
路面の荒れを乗り越えていく時でも、ノーマルのフロントフォークの時は、ガツガツとあおられており、無意識に身構えてしまってましたが、SDBVは減衰が効いてるので、サスペンションの動きに落ち着きがあります。
イメージで言うと、ノーマルは7~8センチストロークしてそうな感触で、SDBVは3~4センチしかストロークしていない印象です。

何が言いたいのかというと、同じ路面の段差の大きさが、ノーマルとSDBVとで感じ方が違う、SDBVの方が路面の段差をうまく吸収して、ライダーに不快なショックを和らげているのだと思われます。

Dscf8300
月ヶ瀬の梅はまだ1分から2分咲きと言えるでしょうか。
まだまだこれから見ごろが訪れます。

 

Dscf8302
山の上の方に茶店がたくさんあり、梅林の中で食事ができます。
一度月ヶ瀬の梅林を楽しみに行ってみて下さい。おすすめです。


Dscf8303
針テラスに寄りました。
平日なのにこんなにたくさんのバイクが。
いつもガラガラなので、ちょっとうれしいですね。


Dscf8304



Dscf8306



帰って来てどれぐらいストロークしていたのかを見てみました。

Dscf8308
写真でわかりますか?ストロークした痕跡。



Dscf8309
この辺りまでストロークしてました。
目で見て「意外と上下してたんだな」というのが感想です。約7センチでした。
乗ってて感じるのは、上にも書きましたが、3~4センチぐらいしか動いてないような感触でした。
乗り手にショックを和らげて伝えてくれるということなのでしょう。
やはりクルマもバイクもサスペンションというのはダンパーの減衰力が大事なんですね。

ちょっと出費が痛かったですが、交換して正解でした。

走行距離:161.4km
燃費:19.49km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF23mmF1.4R

2018年3月 3日 (土)

CB1100 車検と足回りリフレッシュ&カスタム

我がCB1100は、今年車検でディーラーにお任せしました。
購入から5年が経ちました。

車検の際には、クルマもバイクもブレーキフルードは交換するようにしています。
ブレーキフルードは水分を吸収しやすく、2年ごとに交換するのがいいと信じています。
CBはクラッチも油圧なので、クラッチフルードも交換しました。

それに合わせて、前々から不満があったフロントフォーク。
どうも動きが雑な気がしていました。路面からの変な突き上げも感じますし。
リアサスは新車の時からオーリンズを入れていたので、前後の揺れのクオリティの差を余計に感じていたのかもしれませんが。

不満だったのは、路面の不整に対して突き上げを感じるのと、どうもショックを吸収してストロークしている割には上半身が揺さぶられてました。

そこで今回も一回目の車検の時と同様、フォークオイルの交換をするつもりでした。
ところが、5年48000キロです。どうせ外すならオーバーホールしたほうがいいですよとアドバイスをもらい、自分でもオーバーホールの時期だとは認識していたので、オーバーホールしてもらおうと思いました。

ところが、オーバーホールしてもらうと結構な出費になります。
それならと、2017年モデルのCB1100EXのフロントフォーク、ショーワデュアルヴェンディングバルブ(SDBV)に交換する費用と比べてみると、あと少し足すだけでOKとのこと。
思い切って、SDBVに交換してもらいました。

リアのオーリンズも当然5年48000キロです。オーバーホールをお願いしました。

フロントフォークは工賃も込みで約10万円です。社外品のフォークに比べたら安いものです。
Dsc_5088
外見で分かるのは、このフォークトップの蓋の部分だけ。
フロントフォーク外観は、ノーマルと全く同じです。

ちなみに2013年モデルの私のCB1100には、現行のEXのSDBVフロントフォークがボルトオンで装着出来ます。
ディーラーで、この注文が入ったことがあるか聞いてみましたが、今回が初めてだったそうです。
詳しい人は分かると思いますが、RSのフォークは全く無理です。


Dsc_5089
リアのオーリンズもオーバーホールしました。



Dsc_5090
リアのブレーキパッドも限界まですり減ってたので交換です。



Dsc_5091
少しだけ(50キロ程)走っての足回りの感想ですが。
フロントフォークを交換してノーマルの足の悪い点が分かりました。
一番の違いは減衰力です。
ノーマルフォークは、路面からのショックを吸収して縮むことは縮むのですが、元に戻るリバウンドが減衰が効いていない戻り方なのです。
つまりギュっと縮んで、その勢いが反対にパンをはじき返されるような感じ。
本当ならここで減衰が効いていると、ジワッと伸び上がるようなリバウンドで、はじき返されるような伸び方はしないハズです。
SDBVは、縮側も伸び側も減衰が効いてます。
最初乗った時は、固い足回りだなと感じました。
よく考えると当然です。新しい足回りというのは各部が馴染むまで動きがシブいのは当たり前です。
ただ、固い中でも減衰が効いてるので、縮み伸びの動きに上質感があります。この先足回りが馴染んできたらもっと上手に路面のギャップを吸収してくれそうな予感がします。

減衰という意味では、ノーマルのフロントフォークにもう少し硬いフォークオイルを入れたら違った結果になったかもしれません。

ちょっと高い買い物でしたが、フロントフォークを交換して良かったです。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »