2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« マキノのメタセコイヤとびわ湖の白鳥 GOLF GTI 16V 2019/11/05(火) | トップページ | CB1100タイヤ交換(ダンロップ ロードスマート3)DUNLOP ROADSMART3 »

2019年11月 8日 (金)

バイクで行く 旧北陸線の旅(今庄ー敦賀間と敦賀ー長浜間)2019/11/6(水)

  ネットを見ていて、旧北陸線の跡地が残っていることを知りました。
現在の北陸トンネルが開通する前、明治のころから昭和39年まで、福井県へ鉄道で行くには、この線を使っていたようです。
蒸気機関車の時代ですね。
現在の北陸本線今庄駅から少し南下すると、国道365号線から県道207号線が分岐します。この207号線が旧北陸線です。

県道207号線は北陸本線の線路に沿って右にカーブします。やがて北陸本線は北陸トンネルへと吸い込まれますが、その右側を
県道207号線(旧北陸線)は上り勾配で山を登ります。
現代でいうと何でもない坂に見えますが、この勾配が25パーミルで鉄道にとっては難所なんですね。
蒸気機関車一両で、長大な列車や貨物車を引っ張るには厳しい勾配なのでしょう。

Dscf9632
途中にある、大桐駅跡です。ホームが残されています。

Dscf9633

Dscf9634

Dscf9635

Dscf9636

左側の道路が旧北陸線跡(県道207号線)向こう側が今庄で今庄から25パーミルの勾配を登ってきています。

Dscf9637_20191108175601 
山の中を登る道路っていう感じですが、昔はここを蒸気機関車が登っていたと思うと感慨深いですね。
ここをしばらく上ると、山中信号場跡です。

Dscf9639_20191108180001

Dscf9640_20191108180001
案内板にあるように、勾配上で停車してしまうと次に上るときに発車できなくなっちゃうので、
平坦なところにスイッチバックで行き違い線を設けているようです。


Dscf9641 
左のダートになっているところが、水平な行き違い線、右側の今庄から登ってきている道路が本線です。


  Dscf9642_20191108180401
山中トンネル。今庄側の出口です。

Dscf9643
右側のトンネルが、本線の山中トンネル。
左側が、引き込み線を延長するためのトンネル。行き止まりになってました。
長大な列車が折り返すためにトンネルによって線路を伸ばしたんですね。

Dscf9644


Dscf9645


Dscf9646


Dscf9647



Dscf9648
すごく長いトンネルです。
たしか、1000メートル以上あったと思います。
クルマは一台しか通れません。行き違いは無理です。
まっすぐなトンネルなので、向こうから車が来てなかったら通行OKです。
先に入ったほうが優先ですね。
こんな狭いトンネルを蒸気機関車に引かれた列車が通ってたのですね。

Dscf9650
これはその先にあるトンネル。内部はカーブになっているので、行き違いのための信号機が設置されていました。

しばらく進むと、北陸自動車道の水津PAが見えてきます。
ここが旧水津駅です。
PA内に案内の看板があります。
Dscf9653

Dscf9656
すごく景色がいいですね。
こんなところに駅があったとは。

水津駅から敦賀駅に向かってずっと下っていくと、北陸自動車道と並行に走り、やがて国道476号と合流し、
Dscf9658
その途中にある、新保駅跡の看板。
Dscf9659

そのまま下っていくと、北陸本線北陸トンネルの敦賀側の出口にたどり着きます。

Dscf9663
立ち入り禁止のようになってますが、この中に北陸トンネル列車火災事故の慰霊碑があり、
そこに行くために歩行者用の扉から自由に中に入れます。

Dscf9665

Dscf9662

Dscf9666 
敦賀駅周辺では大規模な工事が行われています。
北陸新幹線の敦賀駅の建設です。

Dscf9667
久しぶりに敦賀駅に行きましたが、駅舎が建て替えられていました。
10年以上ぶりに行ったので、驚きました。
新幹線が来ると、もっと豪華になるでしょう。

敦賀から滋賀県長浜へ向かって、国道8号線を南下します。
途中、県道140号線と分岐するほでその県道が旧北陸線です。
Dscf9669 
小刀根トンネル。現存する日本最古の鉄道トンネルだとか。
Dscf9671

Dscf9673
ほんとにここを蒸気機関車が通るの?というほど小さく見えます。
このまま県道140号線を進むと、もう一本、行き違いのための信号機の設置されたトンネルがあり、
その先は景色が開けて、北陸自動車道沿いに国道8号線へ向けて山を下り、木之本インター前の交差点に出ます。

旧北陸線をたどるツーリング。
なかなか楽しかったです。
昔の情景を想像しながら走ったり、当時の峠越えの大変さ、現代は便利になったよな~というありがたさが感じられました。

走行距離:348.9km
燃費:22.44km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 23mmF1.4R

 

« マキノのメタセコイヤとびわ湖の白鳥 GOLF GTI 16V 2019/11/05(火) | トップページ | CB1100タイヤ交換(ダンロップ ロードスマート3)DUNLOP ROADSMART3 »

CB1100」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マキノのメタセコイヤとびわ湖の白鳥 GOLF GTI 16V 2019/11/05(火) | トップページ | CB1100タイヤ交換(ダンロップ ロードスマート3)DUNLOP ROADSMART3 »