2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« ホンダの制御技術 | トップページ | CB1100 リアウィンカー移設 »

2020年3月 2日 (月)

CB1100のブレーキパッド交換

車検は先日、ディーラーにお願いして完了しました。
車検の前にブレーキパッドの残りが少ないことに気づいてましたが、車検が終わってから自分で交換してみたくて、そのままにしてました。

今朝、早朝から月ケ瀬方面へ散歩がてら走ってきてから、家の前で洗車をし、
ついでに気になっていたブレーキパッドの交換に挑戦しました。

サービスマニュアルでやり方は勉強済みです。
さっさとパッドピンを止めている2本のボルトを緩め、ブレーキキャリパーを止めているボルトを14mmのソケットレンチで外し、
緩めておいたパッドピンのボルト2本を引き抜くと、簡単にパッドが外れました。
真っ黒になったピストンを中性洗剤で洗ってきれいにしてから、新しいパッドを入れて、飛び出ているピストンを押し込み、
ブレーキディスクを挟みながら、取り外しと逆の要領で取り付ければ完成です。
ブレーキキャリパーのボルトの締め付けトルクは、31N/mです。

ちょっとてこずったのは、フロントダブルディスクなので二つのキャリパーを交換するのですが、
新しいパッドの厚みの分だけピストンを押し込むときに、一つ目のキャリパーはすんなり押し込めましたが、
二つ目のキャリパーの時に押し込もうとしても戻ってきてしまいます。
たぶん、ブレーキフルードがリザーバータンクに返ってる分だけ増えて、満タンになってるのだろうと思い、
リザーバータンクのネジを緩めると、やっぱり、ぷしゅーという音とともに、少量のフルードが噴出しました。
そのあとは、同様に交換し、完了した後、ブレーキレバーを握ってみると、スコスコだったので、すこし焦りましたが、数回握るとフルードがキャリパーまで押されて、いつものタッチに戻りました。

Dsc_0885
外したパッドです。溝がまだ少し残ってる状態なので、もう少し使えたかもしれませんね。

ブレーキパッドの交換って難しいのかと思ってましたが、想像していたより簡単でした。

ちなみに交換したブレーキパッドは、純正のパッドです。
やっぱ、純正がいいです。

オドメーター 62,615km時

Dsc_0889

« ホンダの制御技術 | トップページ | CB1100 リアウィンカー移設 »

CB1100」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

パーツ」カテゴリの記事

HONDA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホンダの制御技術 | トップページ | CB1100 リアウィンカー移設 »