2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« ハンドルバーを手前に引くと | トップページ | 越前海岸へツーリング&バイクの変化 »

2021年8月29日 (日)

CB1100RS フロントフォークアクスルのピンチボルト交換&平行出し

本日はCB1100RSのモディファイを行いました。

Dsc_1781
交換した部品はこれ。
フロントフォークアクスルのピンチボルトです。ホンダ純正。

Dsc_1782
どこかというと、この写真のフロントフォーク下部に並んでる2本のボルトです。
CB1100RSは標準ではこのキャップボルトが使われています。

Dsc_1783
右側にあるのがそのキャップボルト。
左側のボルトが、今回手に入れたフランジボルトです。

Dsc_1784
装着したらこんな感じ。
締め付けトルクは、マニュアル通り22NMで締め付けました。

なぜこんなことをしたのかというと、
雑誌「バイカーズステーション」で、CB1100はここのボルトを標準のキャップボルトから、初期型に使われていたフランジボルトに換えるだけで、接地感の向上、高速直進性、安定感、落ち着きが向上するそうです。

フロントフォークの平行出しもいちおうやっておきました。
左側のアクスルピンチボルトを緩めて、フロントブレーキを掛けずに上下にサスペンションを動かし、ひずみをとってからピンチボルトを規定値で締める。これでフロントフォークがねじれて固定するのを防ぐのです。

あとは、フロントフォークの三つ又の締め付けトルクを規定値に合わせたのと、エンジンマウントも規定値できっちり締め付けなおしました。
こういうところはしっかりマニュアル通りに取り付けないと、メーカーが目指した性能や乗り味が出せないのです。

Dsc_1785
さて、実際に効果は体感できるのでしょうか。
まぁ、体感できないとしても、自分で納得して愛車に手を入れるということで、決して悪いことではないでしょう。



« ハンドルバーを手前に引くと | トップページ | 越前海岸へツーリング&バイクの変化 »

CB1100」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

パーツ」カテゴリの記事

カスタム」カテゴリの記事

HONDA」カテゴリの記事

CB1100RS」カテゴリの記事

雑誌バイカーズステーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンドルバーを手前に引くと | トップページ | 越前海岸へツーリング&バイクの変化 »