2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月30日 (土)

YBR125 リアタイヤ交換とチェーン交換

息子のバイク、今はほとんど私が乗ってます。
リアタイヤがかなり減ってきて交換時期なので、リアタイヤだけ交換しました。

Dsc_1988
中央部分の溝はもう無くなってきてました。

Dsc_1989
履いていたタイヤは、ダンロップのTT100GP

Dsc_1990
サイズは標準の90/90-18 荷重指数は51。
ただし、純正タイヤの荷重指数は57のようです。
ところが、90/90-18で荷重指数が57というタイヤってあまり見かけません。
ミシュランのシティプロというタイヤならドンピシャのサイズなのですが、お店でメーカー在庫を調べてもらうと国内に在庫はなくいつ輸入されるかわからないとのこと。
ということで、Made in Japanのダンロップにしました。
ミシュランファンの私としては残念ですが。

Dsc_1991
ちなみにフロントタイヤはダンロップのタイヤで、溝は写真のとおりまだまだあるのでリアだけ交換しました。


Dsc_1993
ダンロップのK388というタイヤ。

Dsc_1994
サイズは同じく90/90-18 51P
Dsc_1995
2021年の27週目に製造されたようです。

Dsc_1992
トレッドパターンはこんな感じ。
ちょっとだけ走りましたが、乗り心地は良くなった気がします。
まぁ、ゴムが新しいので当然といえば当然かもしれません。

タイヤは交換したのが10月28日(木)でした。

で、本日10月30日(土)にチェーンも交換しました。
Dsc_2000
交換したチェーンは、DIDのNZというチェーン
サイズは428です。
Dsc_1999
コマ数は118。

Dsc_2001
古いチェーンはこんな感じ。中央に見えるようにクリップ式です。

Dsc_2002
まず最初にリアホイールの固定ボルトを緩めてアクスルシャフトを動かし、チェーンの張りを緩めます。
次にペンチでチェーンの接続部分のクリップを外します。写真はペンチでクリップをずらしたところ。
ものすごい力が必要なのかと身構えましたが、意外と軽い力で外れました。

Dsc_2003
こちらが新しいDIDのチェーン。
ゴールドが少し高級感を醸し出しますね。

Dsc_2004
古いチェーンを外して、新しいチェーンとタイラップでつなげておいて、タイヤを回すとチェーンが一周してきます。

Dsc_2005
こちらがクリップ付きのジョイントのコマです。
このコマでチェーンを接続します。

Dsc_2006
クルッと一周回して、リアスプロケットの位置でつなげるのがやりやすいと思います。

Dsc_2007
クリップをペンチで嵌めて完成です。
嵌める時もあまり力は必要ありませんでした。
Dsc_2008
リアホイールの位置をずらしてチェーンの張りを調整、固定すれば完成です。

駆動部分で大事なところなので慎重に作業しましたが、思ったより簡単に出来て良かったです。

オドメーター:21052km

2021年10月22日 (金)

GOLF GTI16V オイル交換

本日、ゴルフのオイル交換をしました。
毎年11月にオイル交換をしてるのですが、今度長距離を走るのでオイルの量を測ったところ、下限ギリギリだったので、
補充しようかとも思いましたが、交換時期なので交換しちゃいました。

交換したオイルは、毎回同じです。
Mobil1の5W-40

Dscf1501

オドメーター:172,022km
前回のオイル交換から、2,716km
年間の走行距離、全然乗ってませんね。

二週連続の早朝散歩(月ケ瀬方面)

今週も朝だけ走ってきました。
日が経つごとに寒くなってきますね。
朝は特に防寒を考えないといけない季節になっていきました。

走ったコースは、先週と同じ。
適度に散歩程度のプチツーリングは気持ちいいですね。

Img_0158


Img_0156


Img_0157

走行距離:109.6km
燃費:20.96km/L
カメラ:iPhone12mini

2021年10月11日 (月)

早朝の散歩ツーリング 月ヶ瀬方面

朝から少しだけ走ってきました。
10月に入ったとはいえ、昼間は30度近くまで気温が上がり暑いですが、早朝は涼しくて気持ちいいです。
ということで、早起きして自動車の少ない時間帯に月ヶ瀬方面まで走ってきました。

Img_0149


Img_0150

写真は木津川に架かる沈下橋です。
エンジンはいつも通り気持ちよく回ってくれて、空冷エンジンを味わってきました。
癒しのエンジンと言っていいのではないでしょうか。

走行距離:
燃費:
カメラ:iPhone12mini

2021年10月10日 (日)

CB1100EXとCB1100RSのファイナルエディション

先日、CB1100EXとCB1100RSのファイナルエディションの発売がホンダよりアナウンスされました。

#CB1100EX/CB1100RS Final Edishon


以下の画像は、すべてホンダHPから拝借しています。
詳しくはホンダHPをご覧ください。

Cb1100finaledishon-1


私の購入したCB1100RSは、2019年に変更されたモデルです。
2019年から2021年まで同じカラーリングでした。
そして、2021年10月8日にファイナルエディションが発表されました。


Cb1100finaledishon-2
CB1100EXです。
こちらの変更は、良くなったんじゃないでしょうか。
以前のモデルは、前後フェンダーがタンクのカラーと同色でしたが、
やはりCB1100といえばメッキフェンダーがいいですね。

Cb1100finaledishon6
こちらはCB1100RS。
大きな変更はなく、タンクのカラーがマットジーンズメタリックというGB350にあるカラーと同色です。

2211008cb1100_006h
もう一つはマグナレッドというカラー。ソリッドカラーでしょうか。

webサイトを見ていて私のCBと変わったところは、性能や機能では全く変化はなく。
カラーがファイナルエディション専用色になっただけのようです。
そのカラーの変更点ですが、前述したようにタンクのカラーが新色になりました。
ブルーの色ははっきり言って好みではないので羨ましさはないです。特にマッドカラーって好きじゃないので。
その他、カラーの変化は、フロントフォークのボトムケースが黒に、ステッププレートも黒になっています。
この辺りも好みではないので、ファイナルエディションが発表されましたが正直に言うと、ホッとしています。
ホイールの色は、ブラックからブラウンゴールドに変更されました。これも個人的にはブラックが好きでした。

ということで、私の個人的な感想ですが、カラーの変更というだけのファイナルエディション。
すべての変更点が私の好みではなかったので、ホッと一安心しました。
カラーというのは完全に好みが分かれるので、この色が好きという方も居られるでしょう。そういう方は手に入れる最後のチャンスですね。
タンクにはファイナルエディションのステッカーが貼られます。

2211008cb1100_002h

2211008cb1100_001h



2211008cb1100_005h
EXにはこのダークネスブラックメタリックもあります。
EXは、キャンディクロモスファイアレッドがきれいな色で好きですね。

購入予約は、2021年10月8日から11月30日までだそうです。
国産の空冷4気筒エンジンのCB1100購入の最後のチャンスです。


 

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »