2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

ニュース

2020年7月28日 (火)

kawasaki ninja ZX-25R 発売に思うこと

カワサキのニンジャZX-25Rが発売になりましたね。
250ccの4気筒車で、話題になっていると思います。
確かに250㏄クラスに乗りたい人が4気筒というキーワードで魅力を感じるでしょう。私も魅力に感じます。

Kawasaki-ninja-zx25r
(カワサキのHPから画像を頂きました)


4気筒250㏄を最初に出したのが、カワサキだったのがうれしいのですが、カワサキと言えば。
カワサキには他のメーカーにない強みがあります。世界唯一です。
そう、スーパーチャージャーです。
このスーパーチャージャーを使うと、250㏄が500㏄のエンジンの性能を手に入れられます。
最近の自動車の世界では、ダウンサイジングターボが流行っています。つまり小さな排気量で大排気量エンジン
と同等の性能を得ようという技術です。
1.2リッターエンジンにターボを付けて2リッターエンジンと同等の性能、優れた燃費が得られます。
高級車であれば2リッターターボで、3リッターや3.5リッターの性能が得られます。

カワサキはこの思想で250㏄にスーパーチャージャーを装着して、パワーもトルクも2倍、つまり500㏄と
同じ性能を得ることが出来ます。
500㏄の性能を車検のない250㏄で得られるのです。
そうなると、400㏄にスーパーチャージャーをつけて800㏄と同じ性能にすれば、普通二輪免許で800㏄の
性能のバイクに乗れるのです。
おまけに、250㏄なら250㏄の車重で500㏄クラス、400㏄の車重で800㏄クラスの性能です。
値段が高くなりますが、400㏄のバイクですが、ライバルは800㏄のバイクです。少々高くても大丈夫。
250㏄や400㏄でも、パワーがあるので高速道路で楽々です。長距離ツーリングでも悠々と走れます。
BMWのGSや、ホンダのアフリカツイン、スズキのVストロームのライバルに、
カワサキの400㏄スーパーチャージャーのアドベンチャーなんて、ちょっと夢がありませんか?
そんなバイクを、カワサキが出してくれないかな~・・・と夢を見ています。
これは、今はカワサキにしかできないことです。
もしこれが当たったら、他社がスーパーチャージャーやターボを開発するまでの間は、カワサキの独壇場になるでしょう。
高齢者は重いバイクが苦手なので、小排気量の軽いバイクでリッターバイクに負けない性能であれば需要があると思います。
若者は車検のない250CCで、500㏄くらいのミドルクラスの性能が手に入ったら、少々高くても売れるのではないかと。
いかがでしょうか。カワサキさん



2017年3月18日 (土)

2017大阪モーターサイクルショー

2017大阪モーターサイクルショーに行ってきました。

夜勤明けだったので、さっさと出かけて、早めに帰ってきましたが、写真をいくつか撮ってきましたので、アップします。

Dscf7509
DUCATI スクランブラ―のカスタムですね。
カッコいいと思います。


Dscf7510




Dscf7512
私の好きなNinja1000も、モデルチェンジされました。
スマートで男前になったきがします。
都会的・・・というのかな。そんな感じになりましたね。


Dscf7513
ノーマルマフラーの質感は悪くないと思います。
このまま気に入ってノーマルマフラーのまま乗るのもおしゃれでいいのではないでしょうか。



Dscf7514
ヤマハ MT10


Dscf7515
顔つきがターミネーターみたいで、あまり好きではありません。
しかし、コンセプトは素晴らしいと思います。
中身はYTF-R1。すごいですね。


Dscf7519
MT10のオプションパーツ装着車。
ウィンドプロテクションとナックルガードがいいですね。
ツーリングメインなら、このオプションいいのではないでしょうか。



Dscf7516
こんなXSR900のカスタムも。



Dscf7517
これもXSR900のカスタム。


Dscf7518
ここ数年、この形状のナンバー取り付け方法が流行ってますね。
あまり好きではありませんが。
だって、バネ下重量が重くなりますよね。1gでも軽くしたいところなのに。



Dscf7520
丸山浩さんがインタビューしてました。
番組はたぶん「Like A Wind」
放送日はいつだろう?


Dscf7521
ホンダをブースが見つからないな~って思ってたら、黒のイメージカラーのブースでした。
ホンダっていつも赤じゃなかったっけ?
イメージチェンジですか?


Dscf7522
気になっていた CB1100RSのカスタマイズコンセプト。
アルミのバフ掛けできましたか。


Dscf7523
ホイールはシルバー・エキゾーストがチタンですね。虹色に輝いてます。



Dscf7524
ビキニカウルは、CB1100がデビューした当時の無限カスタマイズに付いていたアルミのビキニカウルの形状にすごくよく似ています。

Dscf7525




Dscf7526




Dscf7527
チタンのマフラーは、モリワキの2本出しでした。



Dscf7528
シングルシートカバーがついています。
これは、ノーマルシートの上に取り付けるのだろうか?
座面はノーマルっぽいですが。

Dscf7529
こんな感じです。


私のK&H製のシングルシートの方がかっこいいと思います(自己満足)
・・・ていうか、この色合い、私のシートのカラーパターンをパクった?(なワケないですね)



Dscf7530
憧れのCBR1000Rも展示されていました。
新型になりましたね~


Dscf7531
CRF250Rallyの顔。
周囲のカーボン風のデザインは、プラスチックです。たぶん。


Dscf7532
モンキー50周年記念車


Dscf7533
今やモンキーにも触媒がついています。
触媒の後ろの配管は、一周とぐろを巻いてからサイレンサーへ。
時代ですねぇ。



Dscf7534
50周年の色違い。



Dscf7535
これでも空冷ですか?フィンはないの?
水冷?(そんなワケないですね)
味気ないデザイン・・・これも時代ですねぇ。



Dscf7536
マルケス車



Dscf7537
ハーレーのスポーツスターのカスタム。
低いハンドルにバックステップ。
こんなのを作るなら、BUELLを復活させればいいのに。



Dscf7539
ブレイクアウトのこの太いリアタイヤは、憧れます。
リアタイヤの太いバイク、大好きなんです。



Dscf7540
トライアンフ THRUXTON-R
カフェレーサーですね。



Dscf7541
けっこう注目されてました。


Dscf7542
ボンネビルの後ろ姿・・・ちょっと惹かれました。



Dscf7543
DUCATIブースにディアベルがないな~って思ってたら、目立たないところにありました。
X-Diavel R というバイクがありました。
X-Diavelと言えばフォワードコントロールなのに、これはミドルでした。
というか、普通のディアベルの位置にステップがあります。
これならディアベルでいいのに・・・と思ったのは私だけ?

以上、気になったバイクのご紹介でした。

2016年3月22日 (火)

クイーンエリザベス 大阪港入港

本日、3月22日(火)に、大阪港にクイーンエリザベス号が入港しました。

夜勤明けということで、見に行くチャンスだったので、行ってきました。

平日の大阪港ですが、今日ばかりは人だかりでした。

情報はみなさん知ってたようで、地下鉄も満員、海遊館周辺も混雑してました。

Dscf6787
大阪港駅から大阪港へ行く道路からの眺め。
新しい建物が建ったのか?と思うほどの大きさ。



Dscf6788




Dscf6789
こうやって見たら、リゾートホテルの外観みたいですね。
リゾートホテルの壁面に、クルーザーがぶら下がっているような不思議な光景。
これ、クルーザーじゃなくて、救命ボートですね。



Dscf6791
10階建ての建物より大きい気がします。



Dscf6794
後ろ姿。



Dscf6795
対岸に自衛隊の船が停泊してました。
聞くところによると、今日は海上自衛隊の船の見学が出来る日だったそうです。
本当ならこちら側で公開してるのですが、今日はエリザベス号が来るので、対岸での実施だそうです。



Dscf6796
大阪港の観光船、サンタマリアも満員でした。
普段の平日なら、ガラガラでしょうが、今日はクイーンエリザベスさまさまですね。



Dscf6799
船首の方へ回ってみましょう。



Dscf6801
大観覧車の半分ぐらいの高さまでありそうです。



Dscf6802
対岸には、USJが見えます。



Dscf6807
さくらもちらほら咲き始めました。
太陽が当たると、ポカポカ春の陽気でした。



Dscf6810

今日の23時には、大阪を離れるそうです。