2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

パーツ

2020年1月 7日 (火)

富士山を見にツーリング 2020/1/6(月)

新年あけましておめでとうございます。2020年
新しい年になり、年末年始の仕事から休みに入りましたので、どこかきれいな景色を見に行きたいと思い
比較的暖かい伊勢方面にしようかと考えていたのですが、
夜中にふと目が覚めて、iPadで天気予報を見ると、日本全国的に太陽のマーク!雲のマークもついてない。
ってことは、富士山にも雲が掛からずきれいに見えるのではないかと思い、4時過ぎに起きちゃいました。
準備をして5時過ぎにスタート。
さすがに寒かったですが、大阪からR163~伊賀上野~名阪国道~東名阪自動車道~伊勢湾岸道~東名高速で、
清水ICまで行きました。
前回つけたナックルガード+ハンドルカバーは、ぬっくぬくというほどではありませんでしたが、以前のように
指先が凍るほどの冷たさにはならずに済みました。冬はこれでいこうと思います。

Dscf0045
思い付きで出発ですので、あまり遠くまで行くのはやめまして
5月に行った薩埵峠(さったとうげ)へ、
今回は晴れましたよ~ 富士山もくっきりです。
行った甲斐がありました
この写真が撮りたかったのです。
実は10時半頃つきまして、最初は雲が掛かってたのです
しばし雲が居なくなるのを待って撮れた写真です。

次に、三保の松原へ
ここは初めて訪れました。

Dscf0054


Dscf0059
13時頃に着いたのですが、この頃には雲一つない青空。
最高ですね。


Dscf0066

三保の松原で昼食にしました。
Dscf0084
まぐろ屋さん
Dscf0083
桜エビのかき揚げとうどんのセット。
この桜エビのかき揚げ、めっちゃうまかったです。
想像していたよりしっとりとしてて、エビの風味が詰まってました。
うどんは、だしがすこし甘めで美味しかったです。

Dscf0085
今回、バイクの写真を撮る機会がなくて、最後に伊勢湾岸道の刈谷SAで
16時半ごろでしたが、あたりは暗くなり始めてました。

思い付きで行先を決めて出発しましたが、富士山にしてよかったです。
天気に恵まれました。
私の休みと天気が合う日というのは年間何日あるかという貴重な日でした。

走行距離:705.3km
燃費:20.42km/L
カメラ:FUJIFILM  X-Pro1 XF23mmF1.4R

 

2019年12月23日 (月)

CB1100の冬支度(ナックルガード)

12月も後半に入ってくると、早朝のバイクでの走行では、どんなに防寒の手袋であっても、指先が凍えます。
毎年この時期にはK&H製のナックルガードを装着するのですが、それでも山越えの寒さでは指が凍ります。
そこで、今年はナックルガードに加えて、ハンドルカバーを併用しようと考えました。

Dsc_0779 
ナックルガードを装着しているので、 普通ではハンドルカバーを併用できません。


Dsc_0780
ハンドルカバーにハサミで切り込みを入れて、手を入れやすく加工しました。


Dsc_0781
これで氷点下近くの寒さでも指先が凍えることはないでしょう。・・・たぶん。
この効果のほどは、乞うご期待ですね。




 

2019年11月20日 (水)

CB1100タイヤ交換(ダンロップ ロードスマート3)DUNLOP ROADSMART3

CBのタイヤ交換をしました。
前回のタイヤ交換をしたのは、2017年11月9日
当時のオドメーターは46,591km

Dsc_0731
フロントタイヤはこんな感じ。
もう交換時期ですね。

Dsc_0732
スリップサインまでもう少し。


Dsc_0734
リアタイヤはもう少し溝はありますが、賞味期限は過ぎています。
前後とも、14192km使用しました。
リアタイヤはもう少し使えましたが、前後とも交換です。


Dsc_0735
で、今回もダンロップのロードスマート3です。
このタイヤ、意外と気に入りました。


Dsc_0736
リアタイヤの新品状態。


Dsc_0737
リアタイヤの刻印が「X1817」とあります。
ん?製造が2017年18週???まさかね。
いや・・・これはやられた?古いタイヤを売りつけられたか?
2年前のタイヤの写真を見ると、「X3617]とあります。
2017年36週です。ってことは?
今日買ったタイヤってそれより古いのかも??まさか。まさか。そんなことないですよねぇ?

Dsc_0738
フロントの刻印は、「3519」・・・2019年の35週ですね。
こちらの刻印は納得です。
リアタイヤはあの刻印以外、それらしいものはありませんでした。
2017年のタイヤだったのだろうか?う~ん


Dsc_0739
フロントタイヤの新品状態。


Dsc_0740
2りんかんで交換して帰ってきましたが、やっぱり新品タイヤはいいですね。
バイクの動きが正確です。
摩耗したタイヤではライディングはうまくならないし、バイクの性格もわかりにくくなるということが実感できます。

しばらくまた気持ちよく走れるでしょう。

2019年9月30日 (月)

CBのオイル交換

CBのオイル交換をしました。
銘柄は、いつものHONDA純正G3


Dsc_0573
CB1100は、4リッター必要です。

Dsc_0575
汚れたオイルがドバっと

Dsc_0576
アッパーレベルきっちりに入れようと思ってましたが、少しオーバーしました。
まぁ、これぐらいはいいでしょう。

オドメーターは、60,120km
前回のオイル交換から4,244km使用しました。
オイルエレメントは、前回交換したので、今回はパス。
また気持ちよくエンジンが回って、シフトフィーリングも良くなるでしょう。

 

2019年4月 9日 (火)

上津ダムと、ミラー変更による騒音のその後について

朝から快晴で気温も暖かくなり、今日も走ってきました。
午後から用事があるので、午前中だけ散歩ツーリングです。

いつものように月ヶ瀬方面へ向かってたのですが、名阪国道の山添IC近くに
「上津ダム」の看板につられて寄り道をしました。

Dcf00252


Dcf00253
桜が満開で人も居ないので、落ち着く良い場所でした。

前回の当ブログで、ミラーの交換をした話をしました。
肩の高さにミラーがあるので、このミラーによる空気の乱流で耳元で低周波の
騒音が聞こえるのかと仮説を立てて、高さの低いミラーに交換してからの初め
ての走行でした。
結果から言うと、あまり変化がありませんでした。
若干音圧は下がったのかもしれませんが、うるさいのは変わりません。
やはり、騒音の原因はビキニカウルなのかなぁ?

スーパースポーツに乗ってる方、カウルから流れてくる風が耳元でうるさい事
はないですか?
フルカウルのツアラーもどうなんでしょう?
う~ん、もう少し対策を考えましょう。


2019年4月 4日 (木)

風切音対策とミラーの関係

以前から、風切音対策でずっと考えていました。
ネイキッドバイクであるCB1100で、風切音の不満を言うのはナンセンスなのかもしれませんが、
先日、浜名湖へツーリングに行った帰りに、高速道路で強い向かい風を受けて走った時、あまり
の風圧に参ってしまいました。100キロでも辛い向かい風は初めてでした。
今までは多少の風でも100キロ以上の速度でも大丈夫でしたが、あれはさすがに堪えました。
それもあって、高速道路を走る時や冬など、風を防ぎたいときは、ビキニカウルを着けるのです
が、なぜかビキニカウルを着けると、耳元で騒音が激しくなります。
ぼぼぼ~~~という低音の風切音。
ライディングウェアにもよるのかもしれませんが、時速80キロぐらいで走行中に、同じように
ぼぼぼ~~~っという騒音を感じ、試しに右肩を左手で押さえてみました。するとこの低音の
ぼぼぼ~~~という音が右耳から聞こえなくなるのです。
左手を右肩から外すと、また右耳のあたりでぼぼぼ~~~~です。
次に、スタンディングをしてみると、これもまたぼぼぼ~~はマシになります。
つまり、ビキニカウルの後方あたりで空気の渦というか乱れがあるのだと思います。それも乗車時
で言うと、肩のあたり。
また、ビキニカウルを外して走行すると、この騒音も低くなります。

肩の高さの前方には、もう一つ、騒音源と思われるものがあります。ミラーです。
私は今はずっとノーマルのHONDA純正の丸型ミラーを使っていて、後方視界も含め満足して
いたのですが、この騒音を何とかしたいと思い、対策を考えていました。
一番に考えたのは、ミラーの高さ。
肩の高さではなく、もっと低いミラーを装着すれば解決するのではないかという仮説を立て、
ネットでいろいろミラーを検索するも、自分の気に入るものが見つかりません。

以前にナポレオンの「リュートミラー」を購入してみたのですが、CB1100に装着すると角度が合い
ませんでした。
取り付け位置を低めにしたいので、角度は水平に近く装着するとミラーの角度を一番上にしても
それ以上うえに向かず、後方の路面しか映し出してくれませんでした。
ちゃんと見えるように取り付け位置を上に向けると、CBの場合はブレーキレバーやクラッチレバーの
角度も一緒に変わってしまい、レバーが下向きになってしまうのです。
水平に近い角度が好きで運転しやすいのに、下向きにしてしまうと乗りにくいバイクになってしまう
ので、このリュートミラーは使用していませんでした。

ネットでいろいろ検索しているうちにこのようなモノを発見!

Dsc_5853
ハリケーンの角度アダプター。
これを使うと、リュートミラーが使えるのではないか。

Dsc_5856

中身はこのようなものです。
すこし値段は張ります。一つ1400円です。左右で二つ必要になります。


Dsc_5857

普通に取り付けると、こんな感じ


Dsc_5858

角度アダプターを間に入れて装着するとこんな感じ。
少し高くなりますが、角度は前向きに
つまりレバーを下向きにしたのと同じ効果があります。


Dsc_5855
このような視界(下に向いている)が


Dsc_5859
こうなりました。
今までさんざん悩んだのですが、この角度アダプターというボルトで解決しました。

Dsc_5860

Dsc_5861

Dsc_5862
こんな感じで取り付けることが出来ました。
風切音がどうなったかは、まだ走ってないのでわかりません。
風切音の原因が、ミラーにあるとは限りませんので。
この状態で、しばらく使ってみたいと思います。

 

2019年3月29日 (金)

KUSHITANI(クシタニ) エクスプローラーネオジーンズ

  荷物が届きました。
先日、針テラスにある、クシタニのパフォーマンスストアに行って、買っちゃいました。
それが、本日、郵送で届きました。

 Dsc_58401


Dsc_5841_1

 

Dsc_5842

エクスプローラーネオジーンズです。
革製です。

 

Dsc_5843

フッ素加工してあり、防水にもなっていて、
雨降りでも大丈夫。
実は、革のズボンが欲しかったのですが、雨が降ってくると傷むと思うと、
使う頻度が落ちるのが難点だと思ってたのですが、このズボンは濡れても
大丈夫だということと、家庭で洗濯できるそうなのです。
すごく使い勝手がいいですよね。

 

Dsc_5844

全体のシルエットは細身です。
同じクシタニのエクスプローラーシリーズの中でも、エクスプローラージーンズは、もう少し太めのようです。

Dsc_5847

生地はこんな感じ。
革とはいえ、見た目は布みたいですよね。
でも触るとしっとりとした革で、柔らかみを感じることが出来ます。
もちろん、革なので少し重量感も感じます。

 

Dsc_5852
すごく気に入ってます。
早く履いて外に出たい気分です。
ツーリングにガンガン使いたいですね。

 

 

2019年3月17日 (日)

2019 OSAKAモーターサイクルショー

2019年3月15日(金)~17日(日)で、大阪モーターサイクルショーが開催されました。
私は最終日の17日(日)に行ってきました。

今までは休みの関係で、金曜日などに行ってたのですが、今回初めて日曜日に行きました。
10時30分頃にインテックス大阪に到着したのですが、まだ入場の列に並んでの入場となりました。
開場が10時でしたが、開場前にかなりのたくさんの方が並んで待ってたんでしょうね。

あまりに混雑がひどくて、写真も撮りにくい状況でした。

気になったバイクをご紹介します。

Dscf9364
トライアンフのスピードツイン
雑誌で少し概要は見てましたが、実物はかなり良さそうでした。



Dscf9360
リアの感じも好きです。
マフラーは左右2本出しでした。
ただ、左右で横方向への角度が若干揃っていない気がしました。
ホンダのHPで、CB1100EXの開発秘話を読んだときに、左右のマフラーを左右対称に揃えるのに工夫したという記述がありましたが、トライアンフのこの状況を見ると、ホンダのきめ細かい開発を感じますね。



Dscf9365
DUCATI スクランブラー1200のカスタム。(かな?)
短いマフラーが素敵でした。



Dscf9368
パニガーレV4S
ウィングついてますね。レース仕様車なのか。



Dscf9372
すごく気になる DUNLOPのTT100GPラジアル。
デザインがネオクラシックのバイクに合いますね。
TT100GP(バイアス)が好きだったので、このラジアル仕様が発売になるとのことで楽しみです。



Dscf9373
フロントのデザインの方が、TT100GPのオリジナルに近いですね。



Dscf9374
ダンロップの人が居られたので、18インチは出す予定ないですか?と尋ねたところ、今のところはないですが、サイズのラインナップは徐々に増やしますとのこと。
話の中で18インチは今後のラインナップに無さそうだったので、CB1100に装着したく18インチが出たら買いたいので、会社の上の方に伝えて下さいと言うと、その方が開発に携わった方だったようで、ぜひ!とお願いしておきました。
何となく、CB1100用の18インチを前向きに考えてくれたように感じました。
18インチ発売されたら、買いたいと思います。


Dscf9376
今、純正のミラーを使ってるのですが、高速で走るとミラーでも騒音を発してる気がして、もう少し低い位置に固定できるミラーを探しておりまして。
ホンダブースのカスタマイズのコーナーに、新しいCB650のカスタムが展示されており、そこに装着されていたミラーが気になりました。
バーエンドミラーですが。



Dscf9377
バーエンドミラーと言っても、下側に延びるタイプ。


Dscf9378




Dscf9379
それともう一点。
このタンクのカラーいいですねぇ。
ソリッドのグレー
クラシックなイメージになるこのソリッドカラー。これからもしかすると流行るかもしれませんよ。l



Dscf9385
BMWの新型S1000RR
いいですねぇ。



Dscf9388
SUZUKIさんには、新型のカタナが
もう発売になるのでしょうか。


Dscf9389
なかなかいいのですが、
好き嫌いが分かれるかもしれませんね。
オリジナルの方がオーラがあるような気がします。
新型はそこに追いついていないような。


Dscf9390
跨るコーナーには長蛇の列が。

ベースになったGSX-S1000も置いてあり、そちらの方がかっこ良く見えちゃったので、カタナへの期待が少し下がっちゃいました。
GSX-S1000って、いいバイクですもんね。デザインも。

屋外では大阪府警の白バイ隊のスラロームのデモがあり、見に行ったのですが、途中から雨が降って来て濡れちゃいました。

夜勤明けで行ったので疲れましたが、楽しかったです。

2019年3月15日 (金)

フォルスデザイン製カーボンタンクプロテクター(平織)

CB1100用のパーツを買いました。



Dsc_5833
フォルスデザイン製です。


Dsc_5834
CB1100用のカーボンタンクプロテクター



Dsc_5835
このようなモノです。



Dsc_5836
角度を変えて
平織り、綾織りのタイプがあるのですが、私は平織りを選びました。
他のカーボンパーツも平織りにしてるので、すべて平織りで統一です。



Dsc_5837
シートを外して装着したところ。
タンクの形状にピッタリと合います。精度が素晴らしいですね。



Dsc_5838
シートを取り付けるとこんな感じ。



Dsc_5839
機能性などではなく、あくまで見た目重視のドレスアップです。

両面テープで接着するのですが、簡単に綺麗に装着できました。
こういう小さなドレスアップで、また次に乗るのが楽しみになります。


#フォルスデザイン
#カーボンタンクプロテクター
#CB1100

2019年2月25日 (月)

CB1100 12ヵ月点検で、チェーンとスプロケット交換、ギヤ比変更

CB1100の12ヵ月点検にディーラーに出しました。

2013年型なので、今年で丸6年になりました。
走行距離は、55,956kmです。

56,000kmも走ると、チェーンとスプロケットも摩耗してきているので、今回交換しました。
純正のスプロケットはスチールなので、まだまだ使えそうでしたが、オイルが薄くなるとコツコツという音が聴こえ始めてました。

純正のスプロケットのドライブ側は18Tで、ドリブンが39Tですが、
高速道路での巡行回転数を下げたくて、ギヤ比を変更することを目論見ました。

希望は、ドライブ側を+1の19Tに、ドリブン側を-1の38Tにすれば、
計算によると、純正で時速100km/h時の5速エンジン回転数が3200rpm
スプロケットの歯数を変えると、同じ100km/hでも3000回転になる模様です。
燃費にも効くでしょう。

ただ、ディーラーでフロントのドライブスプロケットに19Tを装着すると、外側にクリアランスが無くチェーンが当たるので、純正サイズの18Tしか装着できないとのことでした。
なので、リアのドリブンスプロケットを-1の38Tに、フロントは純正と同じ18Tを装着しました。
気になるギア比ですが、計算によると時速100km/hでの5速エンジン回転数は3100rpmと、100回転だけ下がる計算です。
まぁ、仕方ないですね。

今回の点検に合わせて、エンジンのヘッドカバーからのジワリとオイル漏れがしていたので、ガスケットの交換。
プラグの交換。
スプロケットの交換時に、リアのホイールダンパーも交換してもらいました。

このホイールダンパーの交換は、思った以上に効果がありました。
新車の時からの症状だったのですが、2000回転という低めの回転数で、スロットルのオン・オフでバイクがギクシャクしていたのです。
ゆっくり走るクルマに合わせて走る時など、スロットルのオンオフで速度をコントロールするのに前後に強めのショックと共にドン付きに襲われてました。
私はこれは、エンジンのインジェクションのマッピングの悪さだと思っていて、ホンダのバイクの技術の低さを感じていたのですが、今回、ホイールダンパーを換えただけで、このドン付きが解消されていたのです。
ビックリしました。
ということは、新車の時から装着されていたホイールダンパーが不良品だったということだと思っています。
世間ではホンダのバイクは出来が良いと評判ですが、とんでもないという気持ちです。
あと、もう一つの新車の時からの不満点が解消できれば良いのですが・・・
それは、2000回転付近の回転の不安定さです。
空ぶかしで2000回転をキープしようとスロットルを固定していても、勝手にエンジン回転が200~300回転の幅で上下します。
走行中でも低めのギアでスロットル開度が小さめの2000回転は、スロットル一定でもトルクが勝手に増減するのを感じます。アイドリング時の回転が勝手に上下する症状が走行中でも確認できるのです。
あと、スロットル開度が低い状態で低回転から緩やかに加速する際に、この2000回転付近でトルクが激減し、いかにも減速するかの如く加速が鈍ります。
少しスロットルを開ければ加速はするのですが、スロットルの低開度の時の2000回転付近のトルクの落ち込みは、ものすごく運転しにくいです。
ホンダのインジェクションの技術、もしかしたらエンジンのマッピングの味付けとは、この程度の技術力だなって思います。
他がすごく良いバイクなので、この欠点は目につきます。


Dsc_5770
エンジンのヘッドカバーのガスケットを交換してもらいました。
これでズボンが走行中に汚れずに済むぞ。



Dsc_5771
スパークプラグも交換。(写真を見てもわかりませんが)



Dsc_5772
リアのスプロケットは、ZAMのアルミ。
ほんとはスチールが欲しかったけど、38Tのスチールがないのです。
ノーマルの39Tから、歯を1T減らして、38Tです。



Dsc_5774
チェーンが新しいのは気持ちがいいですね。
ホイールダンパーも交換してもらいましたが、上にも書きましたがこの効果が抜群でした。
新車の時からギクシャクしていたのが嘘のようです。



Dsc_5778
これからまた気持ちよく走りに行きましょう。

#CB1100
#スプロケット交換
#点検

より以前の記事一覧