2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

クルマ

2019年11月 6日 (水)

マキノのメタセコイヤとびわ湖の白鳥 GOLF GTI 16V 2019/11/05(火)

  クルマでマキノのメタセコイヤへ行ってきました。
日の出に合わせて行きたかったので、4時に出発です。
Dsc_0616
日の出前に到着できました。
空は白み始めています。 


 Dsc_0631


Dsc_0669
太陽が出てくると、きれいな光に包まれます。


Dsc_0693
湖北を回って、琵琶湖の東側から帰ることにします。


Dsc_0698



Dsc_0699
道の駅「湖北みずどりステーション」の近くに、白鳥がいっぱい居るではありませんか。
飛んでるところをパチリ!


Dsc_0710
琵琶湖に白鳥って居るんですね。


Dsc_0720
ついでに「あのベンチ」にも行ってきました。
ここが噂の!ですね。


Dsc_0729
クルマも一緒に記念撮影

走行距離:266.2km
燃費:12.95km/L
カメラ:Nikon Z6

2019年10月23日 (水)

ゴルフGTI16V オイル交換

  ゴルフ3GTIのオイル交換をしました。
オドメーターは、166,088km。
オイルは、いつものMobil 1 5w-40
オイルフィルターは交換しませんでした。

Dsc_0614_20191023152801 
オイルはやっぱりMobil 1です。
最も信頼できるオイルのブランドだと思っています。


Dsc_0615_20191023152801
ちなみに、フォルクスワーゲンのABF型エンジン。
いいエンジンです。
1985cc DOHC16バルブ 
145PS

 

2019年1月29日 (火)

GOLF GTIでドライブ&CBのオイル交換

今日は休みなので、朝からゴルフでドライブ。
最近、クルマのエンジンを掛けてなかったので、たまには走らないとね。
1か月近く停めたまんまでしたが、セル一発でエンジン始動しました。
良かった。

R163で伊賀上野方面へ走り、帰りは針テラスに寄りましたが、夜中に雪がちらついてたのか、道路が少し白くなってました。
針テラスの駐車場も白くなってましたが、写真を撮り損ねました。

Dsc_5700
早朝の柳生にて



帰って来て、午後からCBのオイル交換をします。
前回交換から、4424km経過しました。
まぁ、こんなもんでしょう。
もう少し使っても良かったのですが、来月に12か月点検に出す予定なので、その前にと思いまして。

Dsc_5702
今回もホンダ純正G3です。


Dsc_5703
オイルフィルターも交換します。



Dsc_5704
外したところ



Dsc_5705
アッパーレベルまで入れました。


Dsc_5706
オイルを交換してからは乗ってません。
きっとエンジンも滑らかに回ってくれるでしょう。

2018年11月 3日 (土)

ゴルフGTI16V オイル交換

年に一回、ゴルフのオイル交換を行いました。
毎年11月に交換するようにしています。
年間の走行距離がたいしたことないので、距離を目安にせずに、時間を目安にしています。
1年に一回ね。
オイルって酸化するものだから、距離を乗らなくても1年に一回交換します。


Dsc_5593
今回もモービル1 5W-40
やっぱりオイルはモービル1でしょう。私はそう思っています。
100%化学合成オイル


Dsc_5592


Dsc_5594
オドメーターは、161,362kmです。
前回のオイル交換からは、5,825km経過でした。
5000km程度で交換するのはもったいないかもしれませんが、1年経っちゃいましたしね。
出てきたオイルは真っ黒けでした。
あれを見たら、交換して良かったと思えます。

#VWGOLFGTI16V #Mobil1 #オイル交換

2018年6月 7日 (木)

ゴルフのワックス掛けと、CBのオイル交換

やっと晴れました(毎週こんなセリフから始まる気がする)

朝からパーっとバイクで走りに行こうかと思いましたが、朝はまだ雨が降りそうな雲が残ってて、
昼前から行こうかと思いましたが、毎年5月にクルマにワックス掛けするのを忘れてることに気が付いたので、今日やっちゃいました。

Dsc_5409
と、クルマの写真はこれしか撮ってません。
しかしこの艶。25年乗ってるクルマとは思えない艶でしょう。
半年に一回、鉄粉取りとワックス掛けしてます。
ボンネットの先端とかには跳ね石でついた傷がいっぱいありますけどね。
それは仕方ないとあきらめてます。

その次に、CBのオイル交換。
前回12月のオイル交換から、4306km走っての交換となりました。

Dsc_5408
今回もホンダ純正G3です。
100%化学合成オイル。
このオイル気に入ってるので、ずっとこれを使おうと思ってます。


Dsc_5411
アッパーラインより気持ち下ぐらいまで入れました。
ほぼアッパーラインです。
こんなもんでいいでしょう。

Dsc_5413
オイル交換してからは、まだ走ってません。
次に走るのが楽しみですね。

2017年12月 6日 (水)

ゴルフのサスペンションと試走

私のクルマ、ゴルフGTI16Vには、ビルシュタインの車高調整サスペンションがついています。
以前から車高をノーマル比で落として乗ってましたが、乗り心地と操縦性に少し不満が出てきたので、車高を上げました。

車高を下げる理由は主に「カッコ良さ」です。

乗り心地と操縦性の何が気に入らなかったか。
乗り心地で言えば、路面からの突き上げと、荒れた路面でのショックの吸収の仕方。
ガツンという突き上げは、おそらくバンプストッパーに当たっている音。
バンプストッパーはゴム製ではなく、ウレタン製のハズ。なので極端な「ガツン」でななくソフトな当たりなのですが、普通に走ってて、つまり荷重が1Gの状態でもストッパーに当たってた気がします。ストッパーのストロークしかサスペンションが動いていないのではないか。
サスペンションの縮み幅は20mmとか30mmしかなかったかもしれません。
なので、荒れた路面でも、まともに路面の荒れを車体に伝えてきてたのだと想像できます。

操縦性で言えば、例えばフロントサスペンション。
車高を下げていたので、下回りを見ると、ロアアームに上反角がついています。
つまり万歳してるような角度ですね。
これは操縦性で言えば、うれしくない状態です。
理想はヤジロベーのように、下反角がつかないといけません。
1Gで接地しているときから縮側にストロークしたときに、トレッド幅が広がるか縮むか。
上反角(万歳)からさらに腕を上にあげると、トレッドは狭くなります。
逆に、下反角(ヤジロベー)からさらに腕を上げると、トレッドは広がります。
つまり路面からショックを受けたときに、かたやトレッドが狭くなり、もう一方はトレッドが広がります。
同じ路面からのショックを受けてもクルマが逆の反応をしてしまうのです。
どちらが理想か・・・トレッドが広がってくれた方がいいのです。
路面からのショックを受けたときにロアアームの角度のおかげで踏ん張ってくれます。サスペンションに張りを感じれます。バネの硬さは同じなのにね。

以上の理由から車高を上げた方がよいと判断し、20mm~30mm車高を上げました。
重心が高くなってコーナリングでロールが大きくなるのでは?
いえいえ、大丈夫です。横力が掛かりロールしようとしたときに、ロアアームの角度でアンチロールの力が働きます。
実際、今日走ってみて、山道もちょっと頑張って走ってみても、ロールが大きくなったとは微塵も感じませんでした。
逆に踏ん張ってくれてるのがよくわかります。

Dsc_4903
真横からの写真です。
こんな感じ。(ちょっと陰で分かりにくいですかね)



Dsc_4904_2


Dsc_4905
フロントタイヤを拡大してみるとこんな感じ。
これでもまだノーマルの車高よりは若干低いかもしれません。



Dsc_4906
リアタイヤ。



Dsc_4907_2
せっかく車高調整のサスペンションを入れてるのだから、ローダウンしなくちゃっていうのが普通の考え方ですが、実際のサスペンションの機能を考えると、ローダウンはその機能を殺してる気がします。
メーカーは膨大なテストをしてサスペンションを設計します。
多少のモデファイはいいですが、車高を変える際には注意が必要だと思います。



Dsc_4908
大柳生の私の大好きな景色の場所で撮影。
もう冬の景色ですね。


Dsc_4909
走ってみての印象ですが、まずステアリングの手ごたえが素直になったのと、若干軽く感じました。
路面からのショックは、サスペンションがちゃんと機能してるのが実感されます。今までのローダウンでは、やはり予想通り、サスペンションの緩衝装置としての機能が殺されてました。ダンパーの減衰力も生きてなかったでしょう。
操縦性は、大満足です。ロールが増えることもなく、サスペンションのストロークが増えたことによるフワフワ感も皆無です。
ビルシュタインのダンパーはさすがです。

走行距離:145.6km
燃費:10.4km/L
カメラ:NIKON  D700  AF-S28-300F3.5-5.6

2017年11月22日 (水)

ゴルフGTI16Vオイル交換&ワックス掛け(バイクも)

クルマ(ゴルフGTI16V)は年間1万キロも乗らないので、オイル交換は年に一回にしています。
毎年11月にオイル交換と決めておけば、忘れることもありません。

ということで、本日、家のガレージでオイル交換実施。

Dsc_4901
毎回、モービル1です。
このオイルは信用できると思っています。
100%化学合成



Dsc_4898
それと半年に一回、ワックス掛けも欠かしません。
洗車したあと、トラップ粘土で鉄粉等を除去してからワックス掛けです。
正しいワックス掛けを続けていると、写真のように23年超のクルマでも磨き傷無しを保てます。




Dsc_4899
ついでにCBもワックス掛け。



Dsc_4900
ゴリラも。
さすがにこのゴリラは肉眼で見ると塗装の艶が新品のようにはいきません。
最初から手入れをしっかり続けていたら、たぶん艶々を維持できてたと思います。

ピカピカになると気分もスッキリしますね。

2017年4月 9日 (日)

ミシュランパイロットスポーツ3購入

前回、ホイールをきれいに掃除しましたが、ついに新しいタイヤを購入しました。

ミシュランのタイヤにカンバックしました。

以前はコンチネンタルのスポーツコンタクト3を履いてたのですが、今私のゴルフに履いてるタイヤサイズは
205/45-17です。
8年前にこのサイズでミシュランのタイヤはラインナップになかったのです。
イギリスかフランスかのミシュランのwebサイトを見ると、このサイズがあったのですが、日本には無し。
ミシュランに問い合わせて、海外モデルでいいので輸入してくれないかと相談しましたが、当然無理との返事。
BSなど国産タイヤの性格はある程度知っており、選択肢に入らず。
コンチネンタルでこのサイズのタイヤがあったので、当時はこのタイヤにしました。

それから8年、摩耗してきたことをきっかけに、今回ようやくミシュランタイヤを購入しました。

今までのミシュランの履歴は、パイロットSXと、パイロットスポーツ。それとスタッドレスのXice

あくまで私見ですが、ミシュランのタイヤの特徴を言葉で表すと、私の中では「モチ」なんです。
路面とのコンタクトの感触が、モチモチしてる気がします。
この味が何とも言えず好きなんです。

ちなみに、今まで履いてたコンチネンタルは、私の感じでは、「消しゴム」という感じです。
モチよりは少し硬く、ダンピングより反発力が少し強いイメージです。

Dsc_4442
全体



Dsc_4443
パイロットスポーツ3



Dsc_4444
サイズです。



Dsc_4445




Dsc_4446
このタイヤはイタリアの工場で作られたようです。
初めて履いたミシュランは、フランス製、次もフランス。
今履いてるスタッドレスはスペイン、今回はイタリアですね。



Dsc_4447




Dsc_4448
2016年48週の製造です。



Dsc_4449
ゴムが真新しくて、気分がすごくいいです。



Dsc_4450
新品時のトレッド。
これだけ綺麗だと、路面にこすりつけるのがもったいない気がします。

2017年3月24日 (金)

ジーライオンミュージアム

大阪港の天保山にある、ジーライオンミュージアムに行ってきました。

赤レンガ倉庫を利用した、なかなかシックでおしゃれなミュージアムです。

Dscf7589
こんな感じで、赤レンガ倉庫を利用したミュージアムです。
カフェとステーキハウスが併設されています。

ミュージアムの拝観料は、1500円でした。



Dscf7554
入り口を入ると、T型フォードが最初に目に飛び込んできました。



Dscf7555
すごく落ち着いた雰囲気で、じっくりと観ることができます。



Dscf7556




Dscf7557




Dscf7559
ダットサンも、こんな車を作ってたんですね。



Dscf7560
モーガン



Dscf7561
MG



Dscf7562




Dscf7563




Dscf7564




Dscf7565




Dscf7566




Dscf7575



Dscf7567
メルセデスベンツのリムジンと書いてました。
大きさに圧倒されますが、それよりもこの存在感の方がすごいと思いました。
これ、いいですよ!現代のクルマにはない何かが感じ取れます。



Dscf7568



Dscf7569
おなじみ、フェラーリディノ246GT。フェラーリはこの一台だけでした。



Dscf7570
ルノーアルピーヌ



Dscf7571




Dscf7572




Dscf7574
このサイドビュー、素敵です。



Dscf7576
バイクも置いてました。
CB1100R



Dscf7578
カワサキZ1とZ1R



Dscf7579
フェアレディZ 奥にはコスモスポーツ



Dscf7580
Z432



Dscf7581
私の大好きな、ケンメリGT-R



Dscf7582
ケンメリってこんなに大きかったっけ?って思うほど大きく見えました。
5ナンバーサイズでしたっけ?



Dscf7586




Dscf7583




Dscf7584




Dscf7585
ハコスカのサイドパネルって、こんなに垂直なんですね。
ハコスカと言われる由来でしょうか。
しかし、この雰囲気は、現代のクルマにはないですね。
この違いってなんなんでしょう?
設計者の魂が込められてるから?
確かにこの時代は、作り手が「いいもの」を送り出そうという意識が強かったんでしょう。
現代のクルマは、設計するにあたっていろいろな制約の中で作るので、このような作り手の魂みたいなものはないんでしょうね。




Dscf7587
510ブルーバード1600SSS
ちょっと車高を落としすぎな気はしますが、この車もほれぼれします。



Dscf7588

写真はすべてのクルマではありあません。もっといっぱい置いてます。
1500円でこれだけ貴重なクルマを観ることが出来るのは、価値があると思いました。
(クルマ好きな人じゃないとわからないかも・・・ですが)

2016年11月17日 (木)

ゴルフ オイル交換

ゴルフのオイル&エレメントの交換をしました。

オドメーターは、148,145kmです。

前回のオイル交換から、8575km経過しています。
今回も前回と同様、モービル1の5W-40を入れました。

8000キロ使ったので、抜いたオイルはまっ黒で少し粘りを感じました。
使いすぎでしょうか・・・
黒さも今までより濃い色に感じました。

これでまた気持ちよくエンジンが回るでしょう。
15万キロを目前にして、絶好調です。

Dsc_4336_2