2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

ホンダゴリラ

2017年11月22日 (水)

ゴルフGTI16Vオイル交換&ワックス掛け(バイクも)

クルマ(ゴルフGTI16V)は年間1万キロも乗らないので、オイル交換は年に一回にしています。
毎年11月にオイル交換と決めておけば、忘れることもありません。

ということで、本日、家のガレージでオイル交換実施。

Dsc_4901
毎回、モービル1です。
このオイルは信用できると思っています。
100%化学合成



Dsc_4898
それと半年に一回、ワックス掛けも欠かしません。
洗車したあと、トラップ粘土で鉄粉等を除去してからワックス掛けです。
正しいワックス掛けを続けていると、写真のように23年超のクルマでも磨き傷無しを保てます。




Dsc_4899
ついでにCBもワックス掛け。



Dsc_4900
ゴリラも。
さすがにこのゴリラは肉眼で見ると塗装の艶が新品のようにはいきません。
最初から手入れをしっかり続けていたら、たぶん艶々を維持できてたと思います。

ピカピカになると気分もスッキリしますね。

2016年6月20日 (月)

ゴリラ ホイール交換

以前、ゴリラのタイヤ交換をしたとき、実はフロントタイヤを外すときに失敗しました。

何を失敗したのかと言いますと、ゴリラのホイールは左右分割式でして、タイヤを外すときはこのホイールを分割してタイヤを外します。
ホイールは4つのボルト+ナットで留まっています。
リアタイヤはスムーズに外して新品タイヤ+チューブを入れたのですが、フロントの時にうっかり空気を抜くのを忘れて、4つのボルト+ナットを緩めてしまいました。

1本外した時に、「パーン」という音とともに、ホイールが若干曲がって外れてしまったのでした。
新品タイヤを入れる時に、この4つのボルトで締め込むと、何とかホイールが合わさったので、しばらくそのまま乗ってました。

しかしついこの前、ある程度のスピードで走ってる時に、やはりフロントタイヤから振動が感じられました。
走行中見てみると、ホイールが若干振れてます。

ということで、ホンダドリームで部品を注文、本日納品されたので、取に行ってきました。
帰って来て早速取り付けです。



Dsc_4090
純正のホイールです。
左右分割式なので、2枚ですね。
これを4つのボルト+ナットで留めます。

ホンダ純正
・リム.L.ホイール NH35M 品番:42702045671ZA
・リム.R.ホイール  NH35M  品番:42701045671ZA
値段は、それぞれ\1,998です。

Dsc_4091
フロントホイールを外します。



Dsc_4092
新品のホイール、左右。



Dsc_4093
8×2.5インチです。



Dsc_4094
交換完了。
軽く回してみましたが、当たりまえですが、振れもなく完璧です。
気持ちいいですね。



Dsc_4095
約1時間で作業完了です。

2016年3月 4日 (金)

ホンダゴリラ バッテリーと、タイヤ交換

以前からゴリラのバッテリーが死んでいました。
いくらエンジンを回しても充電せず。
10年ぐらい使ってるバッテリーなので仕方ないところでした。
エンジン始動はキックなので特に不便はなかったのですが、ウィンカーがアイドリング状態では点滅せず、少し回転を上げると点滅し始める・・・という感じでした。

今回、ようやく交換しました。

GSユアサ
品番:6N2A-2C-4
値段:5,875円

昔って、バイクのバッテリーを購入したら、バッテリー液(希硫酸)のボトルをくれて、家でそのバッテリー液を注入してましたが、今は購入店で必要量を注入してからのお渡しになるようですね。
さすがに素人に希硫酸を渡すのは具合が悪いという時代になったのでしょう。
安定するまで30分ぐらいお待ちください・・・という面倒くさいことになってしまったのは、少し残念でした。
持って帰って、取り付け完了!!

そのあと試走しようと思い、エンジンを掛けて走り出すと、なんだか前輪が重い。
良く見たらパンクしています。
すぐに帰って空気を入れてみたら、「シュー」と空気の漏れる音が。
パンクです。
タイヤは、ず~っと昔に履き替えた、DUNLOP TT100GP
タイヤサイドの刻印を見たら、95年の33週。20年以上前に履き替えたタイヤでした。
ひび割れもひどいので、2りんかんへ直行して、新品のTT100GPとタイヤチューブを購入。

Dsc_3614
大昔に買った、モンキー・ゴリラ用のメンテナンススタンドにバイクを載せて作業開始です。

Dsc_3616
モンキー・ゴリラのタイヤ交換は、ホイールを分解して二つに割ってタイヤとチューブを外します。
普通のバイクと違って、タイヤレバー等は必要ないので、ある意味こっちのほうが簡単かもしれません。




Dsc_3615
外したタイヤ。
たぶん中のチューブは、新車で買ったときのまま。1991年製だと思います。
パンクの原因は、このチューブの劣化でした。何かが刺さっていたワケではなく、チューブのゴムにひび割れが発生し、そこから漏れていました。




Dsc_3617
新品のチューブ。
ところが、このチューブ、我がゴリラに装着はできたのですが、空気を入れるバルブの形状がストレートで、タイヤを嵌めて空気を入れようとすると、ブレーキドラムと干渉して空気が入れられません。
ゴリラのチューブは、空気を入れるバルブの形状がL型に曲がっていて、横から空気を入れるタイプなのです。

ということで、2りんかんへ再度購入に向かいました。

チューブ
DUNLOP 3.50:4.00-8 JS244A-S
品番:135003
値段:1,358円×2

タイヤ
DUNLOP  TT100GP
サイズ:3.50-8
値段:5,142円×2



Dsc_3618




Dsc_3619

やはり、新しいタイヤって乗り心地がいいですね。
路面の細かいショックを吸収してくれます。
こんな小さな原付バイクでも、タイヤが新しくなると乗り味が変わるのがわかります。

そうそう、最近、エンジンを掛けた時に、カシャカシャという異音が聞こえてました。
たぶんカムチェーンのゆるみで、どこかに当たってるのだろうと思ってました。
インターネットでカムチェーンの張りの調整方法を見ると、12Vのモンキーと、6Vのモンキーでは構造が違うらしく、
12Vのモンキーは、油圧で自動調整になってるらしいですが、我が6Vゴリラは、手動調整だそうです。
エンジン横のロックナットを外してテンショナーのロックを外し、ばねの力でテンショナーを押すようにねじを回し、再びテンショナーのロックを締め込んでおけばOKです。
ごくごく簡単でした。
エンジンを回してみると、見事に「カシャカシャ音」は消えました。

試走してみると、エンジンの回転が心なしかスムーズになった気がします。
そりゃそうですよね。
カムチェーンが緩んでるということは、バルブタイミングも狂ってた可能性が大です。

これでこれからもゴリラに快適に乗れそうです。

2015年11月29日 (日)

ゴルフ・ゴリラ オイル交換

本日、ゴルフとゴリラのオイル交換をしました。

クルマのオイル交換は、今は1年ごとにしています。
年間5000~6000キロしか走らないので、1年ごとで十分でしょう。

ゴリラのオイル交換は・・・いつ以来だろう?覚えてません。
でも、オイルはあまり汚れてませんでした。
あまり乗ってませんが、空気に触れるだけで酸化するので、交換しておいて正解でしょう。

ゴリラはオイルを交換すると、目に見えてエンジン音が静かになります。
ガチャガチャした音が全く影を潜めます。
オイルを換えてよかったな~と実感する瞬間です。

Dsc_3578

2014年6月13日 (金)

ゴリラで散歩 H26.6.11(水)

久しぶりにゴリラで散歩してきました。

行先はR163で清滝峠を越えて、奈良県生駒市と大阪府四条畷市の県境の田原。

20~30キロ程度の散歩でした。
原付のゴリラでトコトコ走るのも楽しいですね。
しかし上り坂・・・登らない~~~。原付3.1馬力では少しの坂でもフルスロットルにしてもスピードが上がりませんね。
でも、全開の爽快感は味わえました。エンジンも力を出し切ってました。

Dcf00098



2014年3月23日 (日)

ゴリラメンテナンスと散歩ツーリング

先日ふと思い出したんですが。

わがHONDAゴリラ。平成2年に買ってから24年経ってますが、エアエレメントを交換したことがないことに気づきました。
10年以上前に一度湿式のエアエレメント(スポンジ)を外して、灯油で洗ってからエアエレメント用のオイルを少し染みこませて再度取り付けたことがありました。メンテナンスですね。
(車体には「エアエレメントは洗油できれいにしてからギアオイル#80~90を染みこませて硬くしぼってください的なことが書いてあります。)
それも10年以上前。
本日、どうなってるか見てみました。写真はありません。撮影忘れです。
開けてびっくり、フィルター(スポンジ)がありません。無くなっています。
正確に言うと、残骸は一部残ってました。
つまり、スポンジがボロボロになって吸気の勢いでエンジンに入って行ってたんでしょう。
考えると恐ろしいことです。ホンダのエンジンはすごいですね。耐久性がある。
徐々にではあるけれど、スポンジがエンジン内に入って行ってるんですよ。エンジンがおかしくなって当然なのに、普通に回ってくれています。走ります。

さっそくパーツクリーナーでボロボロでオイルでベタベタのスポンジの残骸を除去してきれいにしてから、汎用のエアクリーナーを買ってきてエアクリーナーボックスの形に鋏で切って装着しました。
安いもんです。汎用エアクリーナー1000円ぐらいです。鋏で切るのであと7~8回分残ってます。
ついでにオイルも交換しました。
HONDA純正オイルG3です。100%化学合成オイルです。
落とした廃油は色はまだきれいでした。でも2年以上は入ってたオイルなので酸化は進んでいたと思われます。

それが終わってからCB1100で散歩ツーリングに行ってきました。
いつもの針テラスまでぶらっと。

今日は連休の最終日、かなりのバイクが集まってました。100台以上居たんじゃないかな。すごい光景でした。

Dscf1089


走行距離:118.3km

燃費:18.90km/L

連休の渋滞の影響で燃費はイマイチ伸びませんでした。