2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント

無料ブログはココログ

mixi

タイヤ

2020年12月22日 (火)

CB1100RS納車

本日、2020年12月22日に我がCB1100RSが納車されました。

ホンダドリームから出る時には、やっぱり緊張しました。
同じCB1100なのに、何かやっぱり特別なものを感じますね。

ディーラーを出て、ガソリンスタンドで満タンにして帰宅しました。
走行距離は、10キロです。
走りに行きたい気持ちをぐっと抑えて、まず最初にやりたいことがあったのです。

それは、ワックスがけ。
塗装してある部分はすべてかけました。
ついでにリアフェンダーの内側も、まっさらのうちにワックスがけをしておきました。
少しでも錆びを食い止めたいとの思いです。

Dsc_1476
家の前まで帰ってきて最初の一枚。

Dsc_1477
ラジアルマウントキャリパー
TOKIKO製です。

Dsc_1478
空冷エンジンの外観は、前車のCB1100と同じですね。
タンクの色がブラックのモデルは、エンジンもすべて真っ黒です。
私はこのシルバーのエンジンが好きなので、タンクカラーはシルバーを選ぶしかなかったのです。


Dsc_1479
リアサスペンション
リザーバータンク付きで、減衰力も伸び側15段、縮み側4段の調整付きです。

Dsc_1480
ノーマルマフラーは美しいメッキがかけてあります。
スイングアームはアルミ製で太さも太くなっており、無印CB1100より剛性の高そうなものがついてます。
これもシルバーにこだわりました。ブラックタンクのモデルはスイングアームも黒になります。

Dsc_1481


Dsc_1482


Dsc_1483
左側のマフラー
そうそう、たった10キロしか走ってませんが、このマフラーはかなりいい音がします。
走行中にもはっきりと聞こえてきますし、ある意味、前車のCBにつけていたワイバンのフルエキより大きな音がします。
あと、気持ちの良い吸気音もけっこう聞こえました。

Dsc_1484

Dsc_1485
このアルミスイングアームは、CB1300についてるものと同じものでしょうか。
ホイールのピポッド部分の溶接痕が美しいです。


Dsc_1486   
タイヤはDUNLOPのロードスマート3が装着されていました。
RSには他にBSのバトラックスT31が標準で装着されるようです。
個人的には、DUNLOPで良かったと思ってます。

Dsc_1488
タンク上面の黒のラインがアクセントで気に入ってます。


Dsc_1489
エアクリーナーカバー(ほんとはこの中にエアクリーナーがあるわけではありませんが)はアルミです。
無印のプラスチックに比べると質感がかなりアップしたように思います。
まぁ、値段も上がってるのですが。

Dsc_1491
タンクはマットのシルバー
ほんとはクリアのかかったピカピカのシルバーが好みなのですが、ラインナップに無いので仕方ありません。
HONDAのエンブレムが立体的でかっこいいです。
ただ、私は無印の円形のホンダエンブレムの方が好きなのですが。
しかしこのブラックのHONDAの文字を見て、これはこれで気に入りました。

Dsc_1493
ガソリンを入れてから帰ってきたので、走行距離は10キロです。

Dsc_1494
ここでK&Hのシートを取り付けました。
外見は断然こっちの方がかっこいい!

Dsc_1495
ノーマルに比べて少しボリュームがありますね。
Dsc_1496
シルバーのタンクに合わせて、シートの中抜きタックロール部分をシルバーにしたのでちょっと特別感が出たと感じてます。
このシートではまだ走ってません。乗るのが楽しみです。

Dsc_1497

Dsc_1498


Dsc_1499

Dsc_1500
 

さて、たったの10キロしか走ってませんが、2013年型無印CB1100との違いについて記載します。

まず、車体が重くなりました。
ここはデメリットですね。押し引きするだけで重さを感じますし、
バイクに跨ってサイドスタンドを払うために車体を直立させる時も、明確に「重い」と感じました。
まぁ、無印は元々の重量が10キロ近く軽いのに加え、ワイバンのフルエキを装着してましたからね。違って当然か。
但し、走る分には重さを感じることはありません。
乗り心地ですが、まっさらの新品のくせに、フロントフォークもリアサスも路面の小さな突起はスムーズに吸収します。
これには驚きました。初期のフリクションの少なさは予想外でした。
前車は、フロントにこのRSと同じSDVBフフロントォークと、リアはオーリンズでしたが、乗り心地はこのRSのノーマルの方が上質な乗り心地を体験できます。

エンジンの味ですが、全く新しいエンジンなので最初の100kmぐらいはアクセル開度25%以下で慣らしをしようと思ってるので、あまり言えることはないのですが、一つだけ言えるのはかなりスムーズに回転します。アクセルに対する反応もすごくナチュラル。
同じCB1100の空冷エンジンですが、2013年モデルとは雲泥の差で2020年モデルの勝ちです。
アクセル操作に対してエンジンの反応が緻密で素直です。2013年モデルはおおざっぱ。
エンジンの回転感もそうですし、振動の感じもすごく上質になりました。
CB1100が高級車になったようです。
慣らしも楽しみながら乗っていきたいと思います。

今日はディーラーから自宅まで乗って帰ってきて、ワックス掛けやレバーの調整などしているうちに夕方になってしまったので、それ以上は乗ってません。
また時間のある時にこのバイクを味わいたいと思います。

Dsc_1501

カメラ:NIKON Z6  Z24-70-F4


2020年1月14日 (火)

GOLF GTI16Vで奈良県柳生方面へ早朝ドライブ

いつもバイクでのツーリングですが、本日は久しぶりにゴルフでドライブしてきました。
12月にせっかくスタッドレスタイヤに履き替えたのですが、雪は降らず。
今年は暖冬ですね。

Dsc_0794
まだ朝明けぬ暗い時間に出発しましたが、日の出時刻が過ぎてからの朝日がきれいでした。


Dsc_0796 
茶畑も広がります。


Dsc_0800
クルマはバイクと違って寒くないのがいいですね。

ちなみにスタッドレスタイヤは、純正のアルミホイールに履いています。
私の好きなミシュランには純正サイズの205-50R15はありませんので、
仕方なく、195-55R15を装着しています。

走行距離:169.5km
燃費:11.3km/L
カメラ:NIKON Z6 + Z24-70F4R


 

2019年11月20日 (水)

CB1100タイヤ交換(ダンロップ ロードスマート3)DUNLOP ROADSMART3

CBのタイヤ交換をしました。
前回のタイヤ交換をしたのは、2017年11月9日
当時のオドメーターは46,591km

Dsc_0731
フロントタイヤはこんな感じ。
もう交換時期ですね。

Dsc_0732
スリップサインまでもう少し。


Dsc_0734
リアタイヤはもう少し溝はありますが、賞味期限は過ぎています。
前後とも、14192km使用しました。
リアタイヤはもう少し使えましたが、前後とも交換です。


Dsc_0735
で、今回もダンロップのロードスマート3です。
このタイヤ、意外と気に入りました。


Dsc_0736
リアタイヤの新品状態。


Dsc_0737
リアタイヤの刻印が「X1817」とあります。
ん?製造が2017年18週???まさかね。
いや・・・これはやられた?古いタイヤを売りつけられたか?
2年前のタイヤの写真を見ると、「X3617]とあります。
2017年36週です。ってことは?
今日買ったタイヤってそれより古いのかも??まさか。まさか。そんなことないですよねぇ?

Dsc_0738
フロントの刻印は、「3519」・・・2019年の35週ですね。
こちらの刻印は納得です。
リアタイヤはあの刻印以外、それらしいものはありませんでした。
2017年のタイヤだったのだろうか?う~ん


Dsc_0739
フロントタイヤの新品状態。


Dsc_0740
2りんかんで交換して帰ってきましたが、やっぱり新品タイヤはいいですね。
バイクの動きが正確です。
摩耗したタイヤではライディングはうまくならないし、バイクの性格もわかりにくくなるということが実感できます。

しばらくまた気持ちよく走れるでしょう。